> > CRゴジラ〜破壊神降臨H2-V 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRゴジラ〜破壊神降臨H2-V  
text by タッキー
 
筐体画像 子供の頃何度も転校や引越しなどしたせいで、自分には幼なじみと呼べる人がいない。一番古くからの友人でも中学や高校生の頃の友だ。この間、その高校の時同級生だった定男クンからメールがあった。やつとは不思議な関係で、同級生といっても一度も同じクラスになったことがなく、友達を介して知り合った仲。バイクを一緒に乗り回した記憶しかないが、こんな歳になるまで疎遠になることもなく関係が続いている。あれから早20年以上の歳月が流れたとは驚き。いや20年じゃきかないか。25年以上だ。

今でも思い出すが、やつが就職で九州の営業所に配属が決まった時、友人何人かで見送りに行った。何故か新幹線ではなくフェリーだった。やつの母親も来ていて、フェリーが港を離れる時、母親がやつの名前を叫びながら号泣したのを若かったオレ達は腹を抱えて笑ったものだ。今でも会えばきっとあの時のことが笑い話になるだろう。やつも恥ずかしかったと思う。

しかしお互い歳をとれば、親の気持ちも少しは分かるようになった気がする。この間の「パチプロ実戦」で、自分のおふくろが怪我をしたと書いたのを見て、やつが心配してメールをよこしてくれたのだ。改めてそんな歳になったのだと感じる今日この頃である・・・。

さて、文章には流れというものがあることは重々承知の上で、上述の話とは全く関係なく本日の実戦へと移させていただく。

では本題に。今日は新装初日というのにどうも気が乗らない。理由は明白。今日入る新台はMAXタイプがメインだからである。以前ならば喜んで打っていたが、ここのところ羽根デジでしかちゃんと当たってないのでMAXはおろかミドルタイプでも気が進まない。もちろんしっかりとした回りがあれば別だが。

しかしそんな気持ちとは裏腹に、抽選を引けば「2番」と出た。ん〜、この引き、先週の新装で欲しかったな。とはいえせっかく手にした当たりくじを無駄にするのも勿体無いので、まずはその新台『CRゴジラ〜破壊神降臨』から見てみることにした。

ヘソの形は台毎にまずまずメリハリのある調整。ヘソが大きいからステージ性能が悪いと勝手に決め付けるのは間違い。素直にヘソの大きい台に座ってみることにした。台と向き合って改めて確認すると、てっきりMAXタイプとばかり思っていたが、この店に入ったのはミドルの方だった。かなり拍子抜けしたと同時に、これならば今のオレにもやれるかなとも思った。たかだか分母が40軽くなっただけで随分と気が楽になった。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る