コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRルパン三世 徳川の秘宝を追えL2AZなど  
 

実戦データ
店舗名 関東G店など
換金率 30玉、等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRルパン三世 徳川の秘宝を追えL2AZなど
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 19500円
総回転数 ***
大当たり回数 ***
確変回数 ***
総出玉数 0
換金額 0
収支 -19500円

■だめはだめ

くわえて、わざわざ甘釘の目立つ札をさすものだから、常連さんは真っ先にそれらの台を押さえると相場が決まっている。意外に朝の立ち回りが重要になるのだ。(朝イチは札がささってない台もあるので)シマを回遊していくと、甘海の甘釘台はデキワルばかりで、アケも小さいのでパスとなった。うーむと見ていくと、『スザンヌ駒駒倶楽部』が打てるかも。とりあえず押さえてまずは打ち出してみると、500円で11回と微妙な感じ。しかしすぐに疑似連がかかって、スーパーリーチの初期段階で当たった。

使ったのは漱石さん一枚のみ。だけど単発で昇格もなし。当たったのはいいけれど、寄りが悪く回りそうにない。400個ばかりの玉を持って、辛いスペックの『ルパン・ライト』に移動。この子はほんとに辛くて、出ているのを見たことがあまりない。たまさか連チャンして出ても、5000個 6000個くらいで、それもまたすぐに飲まれてしまうことが多い。

しかし、今日は釘のアケ幅が大きい。出玉を使って、目算で1000円25個あれば打てると思うが、もしかしたら今日の釘ならばあるのではないだろうか。打ったことがない台でステージ依存度が高いので、確信はないのだが・・・。さすればすぐにまた「ロング発動」に赤い文字セリフがからんで、スーパーに発展。たいした予告ではないので、しらけて見ているとやはりハズレ・・・と思ったら「不二子おねだりモード」ですと。

盤面下のラウンドランプを見ると「8」に点灯している。「不二子おねだりモード」は玉ナシの2R確変しかも8回転のSTのみというある意味がっかりパターンなのだが、すぐにタイプライターが作動して、ビッグRの大当たりとなった。しかも時短セグは100回のほうだった。さい先よしだ。STは何もなくスルー。そして時短に入っても一度だけ逃走リーチに発展しただけで、あっという間に時短は抜けた。しかも、玉は80個ちかく減らしたという「おまけ」つき。

とりあえず持ち玉なので打ち込んでいくが、回りは25なんて到底ないことが分かった。22個くらいだ。甘海なら打てるが、スペックが辛いだけにこれではなあ〜と思っていたらやはり玉はぺろりと飲まれた。215回転くらいのところだったと思う。初当たり確率が約1/130だから、その倍まで何となく回してみたが、何も起こらず。270回転のところで席を立つ。後は、うろうろと5000円ばかりばらまいてみたが、打つに値するものはなく、7500円の負けでG店を後にする。

帰ってもいいが、さすがにまだ陽は高い。ではとばかりにスラリとしたあの子がいる(いるかどうかは分からないけど)、I店(等価)に久しぶりに赴いてみよう。等価だから、今からでも展開次第では打てるかもしれない。

I店に着くと客ツキは半分弱くらい。「●●だが■■のイベント」と告知されているが、普段とまるで釘は変えていないという例のアレ。だから嫌気がさすのだ。気持ちでもいいから釘を動かして欲しいもの。極めて消極的に、『海・地中海』に着席して打ち出すも、お手あげですぐに移動。別の台は当初は22個くらい回ってくれる。投資合計が2500円のところで、泡からの黒潮リーチがエンゼルフィッシュがヒット。

この当たりが運良く4連チャンとなって、復活の兆し。と思いきや、その玉はぺろりと飲まれた。回りは怪しくなってきたが、電チューでの玉増えが見込めるので、そのまま続行したが、300回転を超えても当たることなく、いったんさじを投げる。まだもう少し、今度はストロークを試してみたい『沖縄2』に移動。

右方面に玉を飛ばしてみると、まずまずの感触。23個くらいで推移。これが本物とも思えないし、ムラが非常に大きく出やすい打ち方なので油断は禁物。前の台から合算で3.5倍はまりくらいのところで、魚群から当たりがやってきた。そしてST連チャンの時点でラウンドには16のランプ。これで何とかなりそうな気がする。100時短では、STで当たるという相場が決まっている(笑)が、その通りST1回転目での連チャン達成。

ここから波がやってくるかと思いきや、とんでもなかった。その玉は2回の単発当たりをはさんで、壊滅した。最近はずっとこんな感じだ。波が来たかと思えば、さにあらず、潮騒のようにすーっとひいていく。引き潮モードともいうべきか。まあ展開のことを嘆いても仕方がないわけだが、心の中では嘆いてみたくもなる。


■小説でも買いに

結局、追加投資してまたもや3倍のところまで追ってみたが、もはやこれまでの感がある。等価だし、無理して追いかけなくてもいいだろう。I店では結局12500円の負けとなった。トータルで19500円か・・・。ああそうそう途中で例のスラリとしたあの子が、コーヒーサービスに来たので、ちょうど飲みたい時でもあり、注文した。「こんにちは、お久しぶりですね。」といつものように、キラキラ光る白い歯で話しかけてくれたので、まあいいや。(何が?(爆))

まだ陽は高いといえど、走りに行くにはちと暗くなっている。しかも遠くから雷鳴が聞こえるような雰囲気。今日のところは運動もなしか。ああそうだ、姪っ子が紹介してくれたかのケータイ小説を探しに行ってみよう。さすがに、ケータイで小説を読む気にはならないから。たしか「君の名が」とかいうタイトルだったはずだ。(あとから調べてみたら「キミノ名ヲ。」が正しかった。)
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る