コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRA大海物語スペシャルwithアグネス・ラム  
 

実戦データ
店舗名 関東G店
換金率 30玉
遊技ルール 無制限
機種名 CRA大海物語スペシャルwithアグネス・ラム
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
50001126魚群マリン
4連チャン
25003776ノーマル
514ノーマル
2連チャン
2557マリン
2連チャン
654魚群黒潮
2連チャン
125002653魚群黒潮
653魚群マリン
4連チャン
688魚群マリン
1125パールFノーマル
2連チャン
2019パールFノーマル
1412魚群マリン
567ノーマル
3連チャン
1325マリン
2連チャン
1817ノーマル
1117魚群マリン
3291パールFノーマル
7連チャン
1119魚群マリン
5連チャン
1017ノーマル
752魚群珊瑚礁
1015パールFマリン
3連チャン
1007珊瑚礁
774魚群マリン
2連チャン
1278パールFノーマル
3連チャン
101終了
総投資額 19000円
総回転数 3314+α回
大当たり回数 51回
確変回数 51回
総出玉数 10254個
換金額 34180円
収支 15180円

■安い回りでも

問題は「安くても」の「安い」というレベルをクリアできるかどうか。これが今はまさに難関。等価交換のホールばかりなので、ボーダーが18個の台だとせいぜい20個が関の山で大半は15〜16個という恐ろしい現実。たまさかそれ以上回っても、スルーやらアタッカーを削って帳尻を合わせてくる。今は、ホールコンピュータの普及によって、終日の回転率や差玉が完璧に分かるようになっている。よって以前のように「釘の叩き間違い」などの「穴」が出にくい。

そして、高騰する機械台、設備投資に多額の費用をかけているために、稼働が落ちても「利益」を取りに行くスタイルがもはや一般的。チャーリーロドリゲス湯谷氏がいつも書いているように、業界の負のスパイラルはどうにもならないところまで来ているのかもしれない。

こんなことを書いていると気持ちが暗くなって仕方がないが、現実を直視しなきゃいけないというのは、地球環境の問題と同じだ。というわけで(どんなわけだ?)今日向かうは、等価ではないG店。文句をいいつつも結局はこの店でパチることが多くなっている。休日なのでいつもよりは少しお客さんの並びがある。大体は1パチ狙いのご年配の方が多い。しかし、今日は4パチを積極的に打とうという感じの方も見られる。

朝の台取りに失敗すると、致命的になる可能性があるので最初の5分はしっかりとしないといけない。数人の後に続いて入店していくとほんんどは入ったばかりの『北斗の拳 ラオウ』に流れていった。自分はそこはパスして、甘デジのシマから。おおっと一番打てる『アグネス・海』に1台のアケがある。これならば打てるだろう。少しだけ喜んでバンダナを置く。

他にも1台打てそうな気がする台もあるが、とりあえず1台に的を絞るべきだ。さらに店内を回遊していくも、とくに何もないのでやはり今日はこの子と一日つきあえればそれで良いということになった。打ち出していくと、1000円で25個となった。そして24 23 26 個とまずまず良い回りっぷり。しかし4500円目では3個しかヘソに入らず、嫌な汗が出てくる感じ・・・大きなムラがある台は結局のところ回せないことが多いものだ。

しかし、5000円目を投入した時に、初の魚群が到来。このところ初当たりに全く恵まれていないので、不安もあるが(オカルトですよ、オカルト)・・・無事当たった。これがST2回の引き戻し2回で4連してくれた。上々の滑り出し。と思いきや、早晩雲行きが怪しくなる。200回転を過ぎても当たらずで、結局4連分の玉はぺろりと飲まれてしまった。

他に行くあてもなし、ただ打つのみ。玉貸しボタンをプッシュする。3倍ラインもあっさり超えて4倍ラインに差し掛かろうかという時に、ノーマルリーチからようやくの当たりだが、25時短の単発のほうだった。この玉が飲まれる寸前に、当たりがつながり2連チャン。

スカスカの玉は、兵隊としては心許ない。ほら見たことか、我が軍はすぐに壊滅の憂き目に遭う。またもや買い足しロードである。最近はこんな展開ばかりで、どうにもならない日々なのだ。しかし、打てる回りがあるだけは有り難いということだから、文句は言うまい・・・と思えど人間だから気持ちは少しばかり滅入るというもの。

またも2倍ラインをあっさり超えたところで、前兆泡予告の3連つき〜泡からのマリンリーチがモノになる。これが2連とどうも波がやってこない。この玉が飲まれたらどうしようか。すでに投資は19000円と甘デジにしては、大きめな負債を抱えている。まあ、その時はその時で、回りを確認しつつ遊技していく以外はない。そして壊滅寸前の玉がつながって、ようやく本日初の「♪忙しい夏休み」が聞けることになった。5連チャン。(それにしても、あの歌詞は男子視線か女子視線なのか・・・ボーカルは女の子だが、主体はどっちなんだ?とかくだらないことを考える冬月、誰か教えてくれ(笑))

ようやく来たという「波」だったが、また引き潮に入る。確率オーバーで単発を繰り返しているうちに、5000個くらいを飛ばす。やっぱり今日もダメかと残り少なくなった出玉そしてじっと手を見る(石川啄木か)。でもススメススメとばかりに、打っていくと盛り返しの兆し。本日2度目の涙の3倍超えもあったが、連チャンで盛り返し、夜には何とか1万発の峰まで復帰することができた。

■海へいざ!

最後は確率分まで回して終わり。大当たり51回で時間辺り5回弱。途中では時間当たり3回4回といったところを行ったりきたりしていたから、後半よく盛り返したといえるだろう。投資は大きめで当たりも足りなかったが、収支は何とかプラスに持ち込めた。

外に出ると夜のとばりも降りたというのに、まだ暑さはそのまま残っている。アスファルトが多い都市部に住んでいると、ヒートアイランドとやらでこうなりがちなのだろう。森や海など自然に囲まれて暮らしていると、きっと夜は涼しくなりやすいんだろうな。

そういえば、今年は『海』は毎日打っても、「海」には一度も行っていない。ある意味「働き詰め」の毎日である。冷たい海水に浸ったり、あの潮騒の音を聞いて眠りたい。よし、来週は無理して海に出かけよう。そうココロに決めて車に乗り込むと、カーステからは調度、山下達郎の「RIDE ON TIME」が流れてきた。海へ行くぞ海へ!
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る