コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRヱヴァンゲリヲン〜始まりの福音〜  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉の共有不可
機種名 CRエヴァンゲリオン〜始まりの福音〜
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
ゴジラ
23000円
エヴァ
1000円15突確使徒、襲来エントリープラグ
55金ステップ3零号機vs第4使徒
12突確
27突確
161突発
105まさか!?・コア白フラッシュ初号機vs第9使徒
1625タイトル予告初号機vs第9使徒
44→5ステップ3シンクロ
175ステップ5・ダブルフェイス初号機vs第9使徒
764ステップ5・ダブルフェイス初号機vs第9使徒
70+2932→3タイトル予告零号機、2号機、初号機vs第8使徒
751やしま作戦・タイトル予告初号機vs第6使徒
122→1ステップ4・下段テンパイ2号機vs第7使徒
313タイトル予告渚カヲル&4号機vs第6使徒
14110→9赤シャッター・ステップ4・コア赤フラッシュ・タイトル予告零号機、2号機、初号機vs第8使徒
344ステップ5仮設5号機vs第3使徒
70+353突確金ステップ1シンクロ(レイ)
12ステップ2・金カットイン初号機vs第9使徒
141バイブ・カウントダウン・次回 碇シンジ、出撃初号機vs第9使徒
2810赤シャッター・ステップ12号機vs第7使徒
70+19310金ステップ1・使徒予告マルチ2分割
70+144突確金ステップ1・使徒予告2号機vs第7使徒
232→確変ステップ22号機vs第7使徒
774→5赤保留・ステップ42号機vs第7使徒
154→3エヴァンゲリオン、発進仮設5号機vs第3使徒
4突確
674→確変ステップ22号機vs第7使徒
265ダブルフェイス・ロンギヌスの槍初号機vs第9使徒
603ダブルフェイス・ロンギヌスの槍初号機vs第9使徒
664→5突然ステップ5シンクロ(アスカ)
53突確零号機vs第4使徒
166疑似連2零号機vs第4使徒
356キール(これからだ)零号機vs第4使徒
10突確
52ステップ2初号機vs第9使徒
79終了
総投資額 24000円
総回転数 2479回
大当たり回数 35回
確変回数 4回
総出玉数 38214個
換金額 95500円
収支 71500円

巡り合わせというやつ・・・

さて、このお盆中も打つ台といえば『CRヱヴァンゲリヲン〜始まりの福音〜』と相場が決まっている。演出面も非常にあっさりしているし、デジタルの消化も最近の台の中では速めの部類ということもあり、毎日のように打っているといった状況。釘の形をようやく物に出来たというのもその理由のひとつ。出玉関係もおおむね良好である。8Rの出玉に偏った場合、出玉削りが明らかに分かってしまうので、お店としてもギリギリのところで営業しているのだろう。いずれにしても好感のもてる釘調整なのだ。

しかし今日に関してはその『ヱヴァ』には大きな開けはなく、代わりに『CRゴジラ〜破壊神降臨』に何台か開けがあったので、今日のところは『ヱヴァ』を封印して『ゴジラ』を腰を据えて打つことに決めた。『ヱヴァ』とは対照的にデジタルの消化が遅いので個人的には朝からの勝負じゃないと苦戦を強いられると思っている。

出来ることならば20回後半の回りが欲しいところ。早速打ち始めてみると、ステージからの入賞も悪くなく5000円で141回となった。これならばやれるか? しかし次の5000円ではがくっと落ちて10000円を使った段階で257回ときた。ここで止めておけばいいものを更に投資を重ねて20000円を使ったところで大当たりとなったのはいいが、20%しかない単発絵柄を引いてきてしまう始末。

当然のようにこの玉はあっという間に飲まれてしまい万事休す。こうなるともう『ヱヴァ』の存在が気になって気になってしょうがないのである。とはいえ喜んで打てるような台は無いが、無理すれば打てなくもない台があるにはある。

やはり今は『ヱヴァ』を打つべきなのだ。1000円26回の『ゴジラ』を捨てて、1000円25回あるかどうかさえ分からない『ヱヴァ』へ向かうのもどうかとも思うが、まあいいだろう。決心して『ヱヴァ』のコーナーへ向かってみると、なんとまあその狙いの一台にちゃっかり座ってる人物が。

いつも決まって昼頃やってくる新聞屋さんだ。彼に狙われたら一貫の終りである。1000円20回もあればとことん打つタイプなのである。やっぱり今日は縁がなかったということで、諦めて再び元の台へ戻る。戻ってから3000円を打ったが、今度はこの『ゴジラ』にも嫌われてしまったようだ。先程までとは打って変わってまるで回らなくなってしまった。時間を考えるとここが潮時だろう。無理して追うこともなかろう。

23000円を使ったところで腰を上げた。そして当てもなくまた『ヱヴァ』の島へ来てみれば、さっきまで打っていた新聞屋さんの姿がない。台は放置された状態。回らなかったということなのか? 聞けば、5000円ばかり打ってみたが1000円20回にも届かなかったらしい。

空き台となったのはいいが、そんなことを聞くともはやこれまでということか。彼はそんじょそこらの素人さんではないので、ホントに回らないのだろう。まあそれでもムラというものがあるし、彼は『ヱヴァ』を打ったことがあまりないので万が一回せなかった可能性だってある。

結局、新聞屋さんには悪いが自分の目で確かめてみるとする。もう2時を過ぎてしまったので深追いは出来ないが、今後のこともあるので回しに掛かった。回るも何も500円の玉を使い切ったところで15回転目したと思ったら、画面には「使徒、襲来」の文字が。このまま「エントリープラグ」から突確を射止めてしまった。

500円での快挙だが、上皿には玉がないので1000円の投資ということになる。素直に喜ぶとしよう。肝心な回りは分からないが、まずはこの確変に集中。ホントに駄目ならばその時また考えよっと(笑)。

意外と回るじゃないの・・・

確変となり僅か5回転目、早くも大当たりがやってきた。「金枠」のステップ3からかかったリーチは「零号機vs第4使徒」。一旦外れはしたが復活の大当たり。絵柄は「5」だ。ここから突確を2回引いた後に、突発大当たりで「1」が三つ。

更に「まさか!?」と画面に出てコアも白くフラッシュして「初号機vs第9使徒」で大当たり。今度も確変だ。次もタイトル予告が出て同じリーチで「5」が揃った。次はステップ3から「シンクロリーチ」で「4」がテンパイして確変も終りかと思ったら、これが「5」へと昇格してまたまた確変。結局お座り一発で7連チャンの快挙。

さ〜て、ここからが本番である。確変中の玉の動きを見る限りではステージからの入賞も悪くない。むしろ良い部類ではなかろうか。今日は新聞屋さんよりもオレに縁があったということか?

次に当たったのは363回転目。この時点での回りは1000円25回以上はないが、それ以下ということもない。揺るぎない玉を持っているのだし、これならば十分やれるといっていいだろう。「第8使徒襲来」のタイトルが表示されストーリーリーチへ発展して大当たりとなった。絵柄も「2」から「3」へと昇格した。

次もストーリーリーチで確変が確定。更に下段に「2」がテンパイし大当たり確定となって、これが再び確変へと昇格した。今回はストーリーリーチが4回もあり、6連チャン達成。出玉は早くも22000個を超えた。

回りの方も今では25回以上はありそうな状態。随分と安定してきたぞ。423回転目、「金枠」ステップ1ながらシンクロリーチが「レイ」となり一旦外れた後に突確へと突入。単発で終わるものの時短で確変を引き戻し3連チャン獲得。

この後、単発を一回挟んで迎えた214回転目、「金枠」ステップ1からシンクロを経由して「2号機vs第7使徒」となりカットインも金色となって大当たりと思いきや、これがあえなく外れとなった。

シングルリーチが痛かったかな?などと思っていたら絵柄が「3、5、7」となり突確をゲット。まずは「2号機vs第7使徒」から「2」が揃ったものの確変へと昇格。更には保留ランプが赤く点灯し、またまた同じリーチで大当たり。今度は単発絵柄から確変絵柄へと昇格。

結局この当たりが8連チャンまで続いた後に、時短で単発、更にその時短で突確を引き当て、終わってみれば10連チャンの快挙。時間もこの時既に10時を回っていたので時短を消化したところで終りとした。

近頃はこの程度の回りでも積極的に打つように心がけている。期待値云々、高い、安いなどと言うなかれ。しっかりとした出玉と耐えうる回りがあればオレはいつだって打つぞ(笑)。 じゃなきゃこの店ではやっていけないし、このコラムすら成立しなくなってくるのだから・・・。

text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る