コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

ぱちんこCR北斗の拳 剛掌  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉の共有不可
機種名 ぱちんこCR北斗の拳 剛掌
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 23500円
総回転数 3511回
大当たり回数 42回
確変回数 2回
総出玉数 43960個
換金額 109500円
収支 86000円

3連続通常も怖くない

さてさて、いつものお店はあんなオヤジの店と比較するにも値しない気持ちのいい接客なのである。たまにスルーの調整が悪い台があり、気持ち悪くなることもあるにはあるが(笑)。 こう言っちゃ何だがパチ屋の店員さんにしておくにはもったいない子が何人もいる。オレが事業主ならばヘッドハンティングしたくなるような子もいる。おっと、こんなところで褒めたって、このコラムを見ている店員さんはやつしかいない筈なのでこのぐらいにしておこう(笑)。

では本題に。今日はまだお盆休みも明け切らないとあって、朝の並びも60人近くいた。久しぶりにマチャアキとやつの彼女もきた。悪いが君にはもったいない子だ(笑)。 そんな中で抽選を引けばびっくり仰天の「1番」だ。大喜びするほどでもないが気分がいいことだけは確かだ。加えて、台選びの選択肢も増えるということ。こうなると『ぱちんこCR北斗の拳 剛掌』も視野にいれて釘見をしていかねば。

まずは、入って直ぐの『CRヱヴァンゲリヲン〜始まりの福音〜』から。昨日不発に終わってしまった台が若干の締めとなっているのを確認して、すぐさま『北斗』の島へ行ってみれば、思わず足が止まってしまう釘を発見。迷わず確保。多分、新装初日でさえこんな大きな釘はなかったように思う。もうこうなったら、他の台には目もくれず打ち始めた。結構せっかちなのである。これが多々失敗を生むのは百も承知だが、今日は黙ってこれを打つのだ。

早速お金を入れていくと、最初の1000円で25回と、とっても物足りない回り。次は23回と、さらに物足りなくなった。何だかステージもいま一つといった感じだ。しかし次の1000円で50回も回ってしまった。ムラにも程がある。結局10000円を使った時点で277回転となったが、やっぱり物足りない(笑)。 

少なくとも20後半の回りはあると見積もったのだが、初めて打った台なのでしようがないか。さらに回していけば303回転目、「世紀末モード」突入から、2R当選の告知セグ。アタッカーが長く開放するパターンはほとんどが2R通常らしいと聞いた。まさに今回がそれ。その後回せど何もなし。

さらにその50回転後、再び2Rを引いてきたがセグを見ればさっきと全く同じパターン。2度続けて薄いところを引いてきたことになる。救いは回りが随分と上がったということ。今度の10000円では320回まで跳ね上がった。ならせばほぼ1000円30回ということか。それでも物足りないぞ(笑)。 

そしてこの後、今日3度目の2R通常を引き当ててしまった。使ったお金は23500円。700手前までいってしまった。いくら回りがあるとはいえ、早くも負けパターンか!? 

がっくりうなだれていると、「北斗の拳ロゴ」が赤く染まって、ガタガタと揺れた。チャンスか? 「カウントダウン」が「5、4、3、0」ときて五車星系リーチを経由して「ケンシロウVSラオウ」のストーリーリーチが掛かった。後半のボタンカットインでは待望の「キリン柄」が出た。キリン柄じゃなくても結構当たるが出るに越したことはないだろう。

そしてこれが無事大当たりとなった。図柄も「7」へと昇格して右打ち開始。さっきの2R通常からわずか1回転目の出来事。セグを見間違えかとも思ったが、そうではなかった。いずれにしても当たりは当たりだ。これがどのくらい連チャンするかが勝負の分かれ目ということになる。右で5連チャンもすればあっという間にプラスになる上に、この回りなので楽に凌げるはずなんだけど、こればっかりは運次第。昼頃いつもやってくる例の新聞屋さんはこのバトルが大の苦手で、当たる度にオレのところへきては代わって打ってくれ〜、と煩い。代わってあげて連チャンしないのも悪いが、大連チャンするのももったいないような気がするので、遠慮しているが(笑)。


一撃の怖さ・・・

バトルとなり、まずは「シン」登場。安心はできないが攻撃が弱いパターンだったので、大丈夫か? その攻撃を受けることなくケンシロウが避けた。もちろん勝利確定の瞬間。ただし今回は5R。次に出てきたのが強敵「サウザー」。攻撃も一番強い「天翔十字鳳」とは。早くも敗北か? 残念ながら負けてしまった。復活もなし。

しかしそのセグを見れば嬉しい確変の形。ここから107回転目に登場したのは勝利濃厚の「アミバ」だ。勝ったのはいいが今度も左打ちのままとは。その次もまた5R。さらにまた5Rと続いた。それでも一応は5連チャンということになる。

そしてこの後、前回に続いてまたまた凄いことになってしまった。「ユダ」登場で一旦敗北かと思われたが、直ぐに「リン」がカットインして復活大当たり。今度はようやく16Rが出た。次は安心の「ジャギ」。そしてこのままあれよあれよという間に19連チャンの快挙達成。出来ればあと1回欲しかった。

この一撃で31000個の持ち玉となって、本日の勝ちが確定したことになる。このまま閉店まで当たらずとも、この回りがあれば余裕のプラスで終われるということだ。揺るぎない回りがあるとはいえ、何だか空恐ろしい一面を垣間見た。この後どんな展開が待っているのやら。

勝ちが確定したなどと言っていたら、次もまたなかなか当たらない。あっという間に500も超え、700、800回ときてしまった。ホントに閉店まで当たらないかも(汗)。 滅多なことは言うもんじゃないな。さらに900回も超えた。それでも『エヴァ』同様、当たらないリーチを延々とやらないのが心に優しい。最近はあっさり系が復活しつつあるのが嬉しい限りだ。このコラムで散々ぼやいてきた成果だと勝手に思うことにする(笑)。

おっと、ここで黄色いオーラながらカウントダウン予告が「5、4、3、2、1、0」とパーフェクトにきた。もちろん初めて目にするもの。掛かったリーチは今度も「ケンシロウVSラオウ」だ。今回はタイトルが赤色。更に中盤、「北斗の拳ロゴ」も揺れ、後半のボタンカットインでは「キリン柄」も出た。貰ったか? 

955回転目の出来事だった。当たった絵柄は「2」。残念昇格もないまま5Rが確定。これで終わらないことを願いながら打てば、サウザー登場も「死闘開始!!」の赤い字で貰ったかと思いきや、これがなんと敗北してしまったではないか。最悪の展開だ。

救済措置もなく、と思っているとセグ表示に「16」と出た。「EXTRA BONUS」獲得の瞬間だ。ふ〜、危なかった。そしてここから5Rの当たりがきた後に、ケンシロウの「指ポキ」予告から「7」が揃って右打ち開始。さらに「ジャギ」登場から今度は「3」。早くも飲まれた玉が戻ってきてしまった。

次は新たに加わった心地よい確定音と共に右打ちの構え。ドル箱も当たる前から下へおろして貰ったというのに、5Rもあるのね。勉強不足だった。ちょっとがっかりしたと同時に恥ずかしかったぞ。

結局このバトルも12連チャンまで伸び、たった初当たり2回で44000個オーバーの快挙。最後はちょこっと回して終了となってしまった。何とも大味な一日だったけれど、これもまた紛れもないパチンコなのである・・・。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る