コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRタコラッシュミニS2他  
 

実戦データ
店舗名 関東U店など
換金率 30玉
遊技ルール 無制限
機種名 CRタコラッシュミニS2他
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 ***
総回転数 ***
大当たり回数 3回
確変回数 ***
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -68000円

■8倍はまり

U店に着いたのは開店10分前。案の定誰もいない。人が並ぶような店ではないのだ。すでに暑い日差しが照りつける中、付近をブラブラと歩いて時間をつぶす。見知らぬ路地に入るとこんなところにこんなものがあったのかと新鮮な発見もたまにあったりするが、今日は何もなかった。時間になってまず『タコ』を見に行くと、釘の変化は感じられない。むしろ落としのヘソが幾分アキになっているように思える。

喜んでおさえておいた。他には打てそうな感じの台はないので、今日のところはこの子で一日遊べればそれでいい。換金差があるので食いつきが早いことを願うばかりだ。2回の実戦ではいささか当たりが軽かったのでその反動が来なければよいが・・・。打ち出すと、鳴きは悪くない。1000円で20回近い鳴きのペースに拾いは70%くらい。右の出玉がまあまあ取れるので多分いけるだろう。

鳴きはだんだん落ちてきたが、それでもならして17回くらいにはなりそうだ。打ち出しの精度が上がっているのでなんとかなりそうな気もする。しかし、デジタルは一向に当たらない。V入賞の頻度も低いのだが、いちいち目視して確認してもセグはハズレばかりを示している。

1時間が経過しても何も起こらず。248回の鳴きに18回目のV入賞でようやくキュインと来た。投資は結局1万4000円にふくれていた。大当たりを取った後に「タコチャンス」に入ったが、4回の羽根開放のはずが、運悪く3個しか保留をつけられず。しかも、うち1回は寄り悪で空振り。2回拾った玉はすべてクラゲ穴(ここに入ると役物のストッパーが作動し、Vに入るチャンスが増える)にはいかず、ノーチャンス。なんだか初手からついてない匂いがプンプン漂う。

匂いはその通りの結果となった。打ち続けることそれから1時間余。出玉はとっくに飲まれて再投資ロードを行進中。投資合計が3万円に達したところで、打ち始めから悪かったバネがさらに悪くなった。それからも我慢しながらも打ち続けたが、568回の鳴きで52回のデジタルハズレの時点で5人の福澤さんが旅立っていった。ここで待望のデジタルPにドットがついた時に入賞したのでようやく長いハマリが終わったと思ったら、ハズレですと。(あとから事情通の翔くんに聞いて見たら、セグ下のランプも同調しているんだと)

なんだか心が折れてしまった。ていうか、最初の「タコチャンス」の時の玉飛びが気になって仕方がない。連チャンの可能性が無ければただの辛い甘デジに過ぎないもの。もしかすると右側を叩かれたのかもなあ。見落としていた可能性も高い。判断が遅すぎたと言うべきか・・・。 傷心のうちにU店を後にする。

まだ日は高い。次はG店(30玉)に向かう。そこの狙いは『ギンパラ』になる。以前見た時には等価の店よりは釘がよさそうだった。空き台の比較をしてみるとヘソがいい感じのが数台あった。打ち出してみるとまあまあの感じ。1000円23個で回る。3000円を投資したところでリーチがかかったと思ったら、突然2Dのマリンちゃんがカットインした。およ、これはプレミアのはず。

というわけで難なく確変をゲットして、66.6%もある「ギンギラモード」に入る。さあ、奇跡の逆転、江戸のかたきをこちらで討つことができるのか?? おやおや、モードに入ると一発Vでアンコウが揃ってあっという間に終了。しかし、玉がまだ2000個はあるうちに待望の魚群が来た。そしてサメが揃った。やったね!ってこの機種の場合は全然やってないのだ。(^^ゞ 時短も何もつかないただの単発。


■明日また

この玉も飲まれて再投資していくと、玉貸しボタンを押すたびに回転率が低下していく。1000円18個ベースになったところで投了せざるをえなくなった。投資合計は18000円。U店と合わせると6万8000円の大敗。何をやってもうまくいかない時というのはあるものだ。ハマリにめげずにがんばれる回転率ではない。かつて40玉の時代には平気で2000回はまりなどに立ち向かっていたが、今はそうもいかない。

外に出ると夕方だというのに、ことのほか太陽がまぶしく感じる。1/8のタコでも70回以上当たらない時もある。確率の範囲内で起こりうることは、打ち続けるかぎり必ずやってくるものだ。かつて『ホー助くん』で11倍はまったこともあったし。iPhoneに「はまり探知機」のアプリをつけてほしいな(笑)。

大敗を喫したが、幸いなことに明日という日はまたやってくる。明日がやってくるという幸せに勝るものはナシ。どんな明日になるのか・・・どんな明日でも自分で乗り越え生きていこうと思う。夏はまだまだ暑いが、懐は極寒なりとしても。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る