> > CRタコラッシュミニS2 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRタコラッシュミニS2  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 朝起きると、なんだか身体というか気持ちが重い。連日の大連敗が堪えているようだ。相手は『タコラッシュ』・・・出そうで出ないとはこのことで、特に初当たりのデジタルに大苦戦。約1/8の確率が非常に高いハードルに感じる。落としに入った時点で合否は決定しており、約1/8で訪れる合格(当たり)の時に羽根に拾われてクラゲ役物を経由してチャンス穴入賞という難関をくぐり抜けねばならない。

そもそもデジタルでなかなか当たりをひけない上に、難関のアナログ振り分けに苦戦すると当たる気がしないとはまさにこのこと。間が悪いと一生当たらないという気持ちになる。それでも日に日に釘は厳しくなるとはいえ、まだ手を付けたばかりの機種だけにぶん投げる訳にもいかず。

しかし、これで打てるのかどうか、事情通の翔くんにメールで聞いて見ると丁寧な返信がすぐに戻ってきた。「●●すれば、まだやれます」だと。●●が問題だが、ともかくやれるらしい。というわけで、またもやU店(30玉)に向かったのである。やれやれ持つべきものは何とやらで・・・この場を借りて翔くんに礼を言う、「ありがとう」。

それにしても、厭世的というかこんな気持ちになるのは久しぶり。精神(ココロ)が弱っているのだろうか。それもさもありなん。連日の大敗で8月収支も悲惨なものになったからということもある。結構まじめに打ったんだけどなあ〜、やはり安い台はあくまで安いということなのだろう。どうしたもんか?? 先が見えないわ。

それでも、(比べること自体が適切ではないが)深い坑道の奥で救出を待っている人たちの苦労を思えば、たかが「ハマリ」やフヅキくらいなど●喰らえである。彼らも苦しい毎日の中で「明けない夜はない」と信じて仲間と助け合ってガンバっているのだ。ニュースで見たけど、NASAも到着して本格的な救出作業がようやく開始されたそうだ。一日も早く朗報が世界中に流れることを願うよ。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る