コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRA弾球黙示録カイジ 沼 ざわっ・・・!  
 

実戦データ
店舗名 関東A店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRA弾球黙示録カイジ 沼 ざわっ・・・!
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
3500円81111執行鉄骨渡り
4連チャン
109333魔界 あひる群 心音
111444執行 至福
2連チャン
1000円
312555魔界カード
2連チャン
2000円211444パンダカード運否天賦
4連チャン
120潜伏確変
282連チャン
109777疑似連ギロチン
2連チャン
4500円238555魔界運否天賦
56777鉄骨渡り
78666疑似連Eカード
4連チャン
191潜伏確変
10潜伏確変
13444イチゴ柄カード
6連チャン
112777疑似連ギロチン
120終了
総投資額 12500円
総回転数 ***
大当たり回数 32回
確変回数 32回
総出玉数 2490個
換金額 9960円
収支 -2540円

■当たりも重く、連チャンもせず

というわけでA店に向かった。デスクワークが立て込んでいて朝のスタートがやや遅れたが問題はない。一分遅れで入店を果たした。狙い目は『カイジ甘』と相場が決まっている。等価のこの店でまともに回せる可能性があるのはこの機種くらいだと思う。1000円で19個でもなんとかなる。急ぐともなく釘を見れば、数日間シメだったがわずかのアキに転じている。やれるな!と直感が働いた。一応義務で他の台もざっと見たけど、よく分からない。この店はヘソを開けて寄りを殺す調整なので、ぱっと見では判断がつきにくいのだ。いずれにせよ打つ気はないから、『カイジ』にサッサと戻った。

今日一番のアケと見た台から打ってみたが、500円で5回転しかしなかった。それはいいとしても(よくない!笑)、玉の動きが気に入らない。やはり先日爆発したくだんの台に戻る。その後はシメ体制で打てなかった。今日はアケの部類だ。「最初からそれを打て」とも言えるが、守備範囲を広げておくことは必要だから仕方ないのだ。打ち出してみるとやはりいい感じ。ステージからの決まりが良いのが一番いいところ。3000円で76回はルンルン気分になりそう。もちろんこれが上のムラであることは重々承知。A店はそんな甘い店では絶対にない!

まあいいや、ムラでもなんでも回ってくれるうちは・・・がくんと落ちた時のトータル回りにうんと役に立つ。3500円目に先読み予告となる「執行予告」が発生。これは3回に1回は当たるアツい予告だと思っているので打ち出しを止めて成り行きを見守ると、赤いセリフ付きで「鉄骨渡り」の強パターンとなり「111」が揃った。しかもこれが珍しくも最初から「スーパー沼モード」となって100回の時短もついた。実は違う店でその後打った『カイジ』では全く当たらなくて負けていたので、今日はなんとかカバーしたいもの。スタートはいいが・・・それはなるか?

19回転目で連チャン、またもやスーパー沼モードに突入。そして9回転目で黙示録ボーナスのもっとも出玉の少ないやつがきた。そして3回転でカイジボーナスの最長16Rがくるという最高のパターン。そこでSTは抜けた。せっかくのスーパー沼モードが活かせなかったが、玉が出来たことは素晴らしい。等価であっても早く当たったほうが気分的に救われる。

そして2回目の当たりは確率ラインを超えたところで魔界モードの赤い背景。これだけでも期待は出来るが、なんと黒服群の最後にアヒル顔。これは鉄板のはず。心音リーチから当然の大当たり。しかし連チャンはナシの単発だった。残念! 3回目はも確率ラインを超えたところで「執行予告」。これが運否天賦チャンスとなり、「至福の時」を選択でもちろん大当たり。4回転目に連チャンしてワンセット。そしてもその後300回転を超えたところで玉はなくなり、追加投資にはいる。さっそく例のアレがやってきたというわけ。しかしすぐに当たりはやってきた。運否天賦チャンスからカードジャンケンで当たり。しかしまたもや単発でST抜け。天気晴朗なれど雲行き悪ろしだ。

出玉はすぐに飲まれ、追加投資を続けて1万円の使いで2倍超えとなったところで激アツのパンダカードが出てきて運否天賦チャンスから大当たり。これがようやく4連して一段落。しかし、その後の当たりは2連チャンが一回あっただけで、250回転を超えたところでまたもや出玉はなくなった。くわえて昼過ぎから具合が悪くなるくらい回らなくなる時間帯が増えてきた。こまめにストローク調整しても対処しきれないくらい。1000円15回転では苦しすぎる・・・というか打てない。迷いながらも、上向きになることを願いつつ追加投資。12500円となったところで魔界ゾーンから大当たりとなったが、またもや単発だった。しかし、この玉が悪運強くつながり、回りも回復し始め、ついに6時半にはチャラかややプラスラインまでたどり着く。なんとも苦労が多いこと。そして確率線で単発となって玉を減らしたところで連絡が入った。冷凍の荷物が故郷から届いたという。


■夜のとばり

この際だ、これ幸いと止めてしまおう。玉を流してもらうと2500個くらい。負け模様だが、つらい展開の一日を打ってこれなのだからこれでいいと考えよう。帰り際、Yちゃんにくだんの絵本を渡す。ニコニコして本当にうれしそうだった。旦那さんと一緒に読み聞かせしてあげてね。世界の宝ものに。

外に出ると、もはや夜のとばりが降りている。7時ならばまだ明るかったあの夏の空はいずこに。また来年元気にしていればあの空に会えるね。その日を楽しみにしているよ。そんな気持ちで、暗い足下に気をつけながら駐車場に向かって歩き出した。

text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る