コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

びっくりぱちんこ 爽快 美空ひばり すいーとばーじょん  
 

実戦データ
店舗名 関東K&L店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉の共有不可
機種名 びっくりぱちんこ 爽快 美空ひばり すいーとばーじょん
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
K店
美空ひばり
10000円205ひばりゾーン・不死鳥フラッシュ・ひばりちゃん群・赤タイトル
5500円25+160ヤメ
蒼天の拳
7000円149ヤメ
L店
美空ひばり
2000円49青箱・不死鳥フラッシュ・赤タイトル港町十三番地
8000円25+211突確赤箱・ひばりゾーン・連続すべり2
3000円53終了
総投資額 35500円
総回転数 877回
大当たり回数 3回
確変回数 ***
総出玉数 0個
換金額 0
収支 -35500円

今日は堅くいくぞ

さて、ここのところ打つ台といえば決まって『びっくりぱちんこ 爽快 美空ひばり すいーとばーじょん』だ。その『美空ひばり』の島から見ていくと、昨日かなりの出玉があったわりには釘はまずまず残っている状況。その昨日は、一旦『美空ひばり』を押えておきながら珍しく『びっくりぱちんこ 爽快 水戸黄門2』に開けがあったのでこちらを打ったという次第。

しかしこれが大きな失敗だった。初めの10000円で300回以上も回ったくせにその後は落ちる一方で、単発を1回当てた後はさらに急降下。結局は23回ペースに落ち着いてしまった。久しぶりに嫌な汗をかいた。それにしても何であそこまで落っこちてしまったのだろう。打っている最中、寄り釘でも抜けちゃったのかなと思い確認してしまうほどだった。結局昨日はずるずると40000円の大敗を喫してしまった。

面白かったのが、カウンターにコーヒーを買いに行った時に「今日は水戸黄門じゃないんですか?」とカウンターのお姉さんが言うので、いぶかしげに聞けば、ホール担当の店員がインカムで「あ!今日は美空ひばり打つのかな?」と独り言のようにつぶやいたとか。これじゃおちおちトイレにも行けないな(笑)。きっと最後には「やっぱ、駄目じゃん」な〜んて言われてるんだろうな。やっぱりたまには誰も知らない店で打ちたい。

さて、今日こそは堅くいくぞと誓って『美空ひばり』を押えた。この釘でやっていけるのかどうか自信はないが、前にちょこっと打った時には今日のこの釘よりもひと回り小さかったがまずまずの感触だった。結局、この店の『美空ひばり』はおしなべてステージの癖がいい。奥はもとより、手前がすこぶるいい。ゆらゆらとしながら、最後はピタッと真っ直ぐヘソに落ちてくるのだ。

早速打ち始めてみると、昨日の『水戸黄門2』とはまるで正反対。全くもって回せないのである。甘い台とはいえ、昨日の半分の回りじゃね(汗)。今日は今日でまた違った汗が出てきたぞ。それでも無理矢理5000円を打ち込んだあたりからようやく回りが上がってきた。

しかし昨日といい今日といい、のっけから確率の分母の倍嵌りとは少々手厳しい。205回転目、今日初めての「ひばりゾーン」からチャンバラチャンスを経由しての歌リーチ「柔」が掛かった。タイトルの文字も赤色。ホッ、なんとか食いついたが結局10000円も使ってしまった。しかしこれが痛すぎる単発で終わってしまうとは。

少ない玉で必死に回したが、87回転目で玉は尽きた。それでもこの時は順調に回っていたので再投資に入ったが、お金になった瞬間、玉の大きさが違うのかと思うくらいまた回らなくなってしまった。今では20回を切るような有様。結局はこの程度の台なんだろう。今日もまた大失敗。

こうなるともう打つ手はない。無理を承知で打つとなると『CRAデジハネ蒼天の拳』ぐらいか。このまま帰るのも寂しいし、こうなったらもうどうにでもなれの感。その『蒼天の拳』に座って早速打ち始めれば、中々の回りっぷり。27回、28回ときた。でもこの台は過去に何度も打っている台。ヘソの形はあの時とは違えど、おおよその想像はつく。22回もあれば御の字だ。

結局7000円を投じたところで149回転となって目が覚めた。今日はもう無理。潔くもないがこれで帰るとしよう。今日もまた逃げるように店を後にした。

今度こそは・・・

あ〜、今日もやっちゃったか。一旦は真っ直ぐ帰ろうかと思ったが、どうにも気分が宜しくない。このままの気持ちをずるずると引きずりたくないのだ。結構くよくよするタイプである。そんな思いから結局はハシゴすることにしてしまった。

次に向かったのが近頃ご無沙汰のL店。この間まではイベント台以外もちょこちょこと開けていたのだが、最近はもう札台狙いのつまらないパチンコになってしまった。こうなるともう、釘読みもへったくれもない。唯の早い者勝ちになってしまうのだ。大いに気に入らないので通わなくなったというわけ。

それでも店の事情なんてころころ変わるもの。たまには覗かないと。早速店に入ると、週末ということもありかなりの客付きだ。そんな中、ぽっかりと1台『美空ひばり』が空きになっていた。今日はやっぱりこれを打てということか?

釘を見る限りでは、まずまずといったところ。実際回してみてもなかな良い感じ。簡単なもので気分まで良くなる。今度は当たりも早かった。2000円を入れたところで、保留が青の箱に変わってマドロスリーチを経由して最終的には「港町十三番地」リーチへと発展。弱い予告だったが辛うじてタイトルの色が赤色。早くも食い付いた。

一撃とまでは言わないが、ここで十分な玉を持ってなんとか一日を打ち切りたい思いだ。出玉も文句はない。早速5回転STに入ると何のことはない、リーチすら掛からずあっさりとスルーしてしまった。やれやれ。当然の如く時短でも何も起こらず。

しかしこの後66回転目、待望の「ひばりゾーン」突入となり、連続すべり予告が2回続いた。ステップアップも最終の5までいき、衣装の色は赤。さらに「不死鳥フラッシュ」発動で実写カットインも出た。掛かったリーチは「愛燦燦」。群も出たぞ。この時ばかりは満を持してプッシュボタンを押したというのに、羽根は開かず何とも嫌な音だけが耳に残った。まさかの外れとは。

結局はこの玉も飲まれてしまった。朝の場面を再生しているみたい。しかし今回は回りに自信がある。当然の如く再投資に入る。ところが回ったのも最初のうちだけ。徐々に本性を発揮。今では20回を切るような有様。

それでも無理矢理打った8000円目、赤い箱の保留から「ひばりゾーン」突入。たまにしか出ない赤い箱も、意外と当たりに結びつかないが、ひばりゾーンとなれば話は別。どうなったかといえば、これが痛恨の突確当たり。

さらに悪いことに、この5回転も痛恨のスルー。この後3000円ほど悪あがきしてみたが、一向に回りは上がらず結局は負け増やしてしまう結果になった。むこうとこっちでトータル35500円の負け。それにしても羽根デジ相手に玉有り当たりがわずか2回とは。分母の大きさなんて関係ないような気がしてきた。よ〜し明日からはマックスタイプで勝負だ・・・。

text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る