> > CR竹内力のムラマサ他 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR竹内力のムラマサ他  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 ここのところ、秋晴れの気持ちのよい天気が続いている。芸術の秋とか、食欲の秋とかいろいろ名付けられている時期だけに充実した時を送りたいもの。ところが、水槽メンテの道具でうっかり切ってしまった手の傷がなかなか治らなくて、運動を一時中断している次第。ホールにいない時はもっぱら家の中でコマコマしたことを行っている。また、11/28に行われる仲間たちとのLIVEの準備で割と忙しい。しかし冬月は昔から忙しくないとダメなタイプ。暇よりも忙しいほうが生きている感じがする。つまりは貧乏性なのだ。

今日は、夕方から人と会う約束がある。その約束とは「太陽光発電」に関すること。なんでも政府の補助金や売電価格のアップなどの有利な条件が、来年早々までに工事を終えないと無くなってしまうとのこと。普段から環境問題について書いているが、何も実践していない口先野郎の冬月だから、この際本気で設置してみようと検討中なのだ。というわけで打てるのは夕方までということなるが、短い時間でも打てる時は打っていきたいと思っている。

向かうはいつものG店(30玉 無制限)と相場は決まっている。定刻に着くと、常連さんが数人いるだけといういつもの光景。これでやっていけるのだろうかG店、といつも心配になる。「来ないと寂しいから毎日来てね!」なんて言われて通い詰めている自分もどうかと思うが、実際に近隣の店の中では釘が動くという点ではナンバーワンなのは間違いない。動いてもたいしたことがない事が多いのだが、動くという事実のみでも今の自分には通い甲斐がある。

今日はどうかと見ていくと、おやまあ『竹内力のムラマサ』にドットが点灯していた。これは確か例のアレに間違いない。この辺を巡回している拾い専門の若い衆がパクリと食うことは100%確実。ならばホームにしている自分が拾うよ。しかも今日は夕方までの実戦。持ち玉比率が上がるのはこの上ない幸せになる。しかもこの台は、本サイトで連載コラムを持っているチャーリー・ロドリゲス・湯谷氏が、とある飲み会の席で絶賛してた台だ。連チャンすると竹内力のステキな歌が聞けるそうだ。ということで、バンダナを置いて押さえた後にざっと回遊していくと『ひばりスィート』に打てそうな台があった。玉が出たら打つことになるだろう。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る