> > CRA大海物語スペシャルwithアグネス・ラム 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRA大海物語スペシャルwithアグネス・ラム  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 入れ替えの自粛など、パチンコ業界にも大きな影響を与えたAPEC(アジア太平洋経済協力)が閉幕となった。新機種発表取材の場も極端に減って、入れ替えもほとんどこの期間はなかった。都内に行くと、ポリスマンがやたらに目立ち、物々しい雰囲気。要人たちが一堂に会するのだから、それはそれで仕方がないことなのだろう。しかし、その内容はどうなのか? 注意深くニュースなどに目を通していたが、「これはいいなあ、人類の未来にとって明るいなあ」と思えるようなことは冬月個人の感想としては何もなかった。

それどころか、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)と呼ばれている協定への参加協議をすると日本が約束したことが大いに気になった。関税の廃止〜貿易の自由化、国境なき経済関係というと一見聞こえはいいが?・・・現時点において、それは弱肉強食の世界の拡大を意味するものでしかないと思う。どんなに対策をしても、国内産業(とくに農業)に与える影響は壊滅的なものになる可能性が高い。安い外国産の農産物がまったく規制なしで、どんどん輸入されてくるのだからさもありなん。ただでさえ、低い食糧自給率はさらに低下し、若い世代の農業離れはますます加速するだろう。

ここ数年「規制緩和」という美名の下に、いろいろなものが失われ、壊されていった場面を数々見せられてきたのだから、それはどうも間違いがなさそうだ。一体この国はどこに行こうとしているのか・・・。G店(30玉交換)の店前にも「このたび、エイペックの開催に伴い・・・」と大きく告知されている。入れ替えの自粛=出玉還元は歓迎すべきことだが、事はそう単純ではない。その看板を見て朝から小さくため息ひとつ。

今日は海系のイベントだという。いの一番に店内に入って釘を見ていると、トラッカーパチンコ谷山さんと、おや珍しい古参のパチプロ大さんの姿。朝の挨拶とひとこと二言交わしてそれぞれ遊技に入る。大さんは自分と同じ『ラムちゃん』を選択。谷山さんは、沖縄の海へと別れた。釘を見ると、いつも打っている台はまずまずの調整。この台はスルーが比較的ましな部類。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る