> > CR沖〜な-泡盛GREEN- 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR沖〜な-泡盛GREEN-  
text by タッキー
 
筐体画像 朝、家を出て10分ぐらいのところで、いつも片方の足を引きずりながら職場へと懸命に歩く男の子と出会う。出会うといってもこちらが一方的に出会っているだけで、もちろん彼はオレのことなど知る由もない。常に彼の背後を車で抜き去っているのだから当然のこと。彼と遭遇する場所はピンポイントなので毎朝会うというわけでもない。家を出る時間もまちまちなので。

どのぐらいの距離を歩いているのかは不明だが、作業着姿でいつも背中にバッグをしょって懸命にそしてひた向きに歩く姿を見る度に胸が熱くなる。ある日、結構早めに家を出た時のこと。その彼がびっくりするような遠いところから歩いているのを発見。いやいや驚いた。自転車でもかなりの時間が掛かりそうな距離を歩いていたなんて。

彼の頑張りを思うだけでなく、親は毎朝どんな気持ちで彼のことを送り出しているのだろうかと想像するだけで熱いものが込み上げてくる。彼を見る度に思わず声を掛けたくなる衝動を抑えながらも、いつも容赦なく抜き去って行くのである。君は知らないだろうが、オレは君のその後ろ姿を見る度に生きる勇気みたいなものを貰っているんだよ・・・。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る