> > CRAモンスターキャッスルTKS60Z2 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRAモンスターキャッスルTKS60Z2  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 熱くて、夢のような一日だった。朝からすかっと晴れた日曜日。高齢ならぬ恒例(笑)となった仲間たちとのLIVE。合計8バンドが入れ替わり立ち替わり、それぞれが精一杯のパフォーマンスを行った。ゲストとして、ご自身も音楽活動をやられているというパチプロYさんやUさん他、教え子などたくさんの人が来てくれた。当サイト編集部のファイトくんやモジャオ兄さんも撮影スタッフとしてお手伝いをいただいたり、ダミアン兄貴やミナヤン、みよちゃんも駆けつけて盛り上げてくれた。

自分たちが楽しんでやっている音楽を他の人が楽しんでくれたり感動してくれたりしたのだとすれば、こんなに素晴らしいことはないのではないかと思う。自分のバンドは1970年代のROCKを中心に演奏したのだけど、オリジナル楽曲のミュージシャンの中にはすでに他界した人もいる。でも、その音楽と意志は永遠に受け継いでいくことができる。大切な仲間Mの急逝。そのお通夜に集まった誰かの一言で大学時代の仲間が集まってのライブ活動が復活した。きっかけを作ったカタチになったMに心からお礼を言いたい。

祭りのあとの放心状態・・・まだちょっと抜け殻のような自分がいる。というか、次の日はライブ関係の後処理やデスクワークがたまっており、パチは完全休養とせざるを得なかった。よって今回の実戦は数日前のものとなるのでご容赦いただきたい。この日はちゃんと朝から打てる日。いつもの時間にG店(30玉・無制限)に着く。先客はゼロという寂しい風景。お客さんの体力が落ちていることがよく分かる。そして開店となれば、いつもの元気なスタッフが大きな声で迎えてくれる。気恥ずかしい気持ちで入店した。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る