コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

びっくりぱちんこ 爽快 水戸黄門2  
 

実戦データ
店舗名 関東G・A店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 びっくりぱちんこ 爽快 水戸黄門2
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 26500円
総回転数 ***
大当たり回数 13回
確変回数 ***
総出玉数 14449玉
換金額 57796円
収支 31296円

■タコで退店

どれを打っても1000円20回転に届く台がない状況にあって、この機種だけは客ツキもいいこともあり、そこそこ回る台がある。自分が過去に打った台が幸い空きになっているので、釘を覗くとまずまずの様相。1000円22個に届くのではなかろうか。ただし電チューサポート中にじわじわと玉が減る調整なのでそれくらいはないと困る。他の台も見ていくが、やはりこの子でいこうと思う。データを見ると125回転で当たりはナシとなっている。(どうでもいいことだが)前日は31回の当たりと表示されている。

さて、打とうかと思いコーヒーを買いに席を立つと、入ったばかりの新台『CR NINJA GAIDEN』に空きが出たところにたまたま通りかかった。メーカーの発表会の時に広報のNさんが「我が社(奥村遊機)の最高傑作です」と力説していたし、そして確かに面白いスペックなので試しにちょいと打ってみることにした。急いで黄門さまのバンダナを撤去して着席。しかし、打ち始めるやいなや背筋を走る寒気に耐えられず10分も持たずに退去して黄門さんのところに戻ることにした。

なぜ寒かったか? それはもう北極圏並みの回転率だったから。とてもじゃないが試し打ちすら出来ないくらいの有り様だ。着席する前に250回転していたけど、そのお客さんもよくここまで打ったなと思う。でもこれが日常の風景なのだ。結果として2000円のバラマキとなった。さてこれでいよいよ黄門さまで一勝負ということになった。

肝心の回りはまず見立てどおり。30個回る時もあるが、ガクンと落ちる時もある。しかし、強い味方の八兵衛チャンスのおかげで、均すと22個を少し超えるペースになっている。等価とはいえ早めに食いつけばいいが。ちょうど確率ラインにきたところで本日2回目の助格激闘ゾーンに突入。保留3消化時なので期待できるか? 疑似連が伸びてくれればと願っていると4回まで連続。となればあとは「ひかえおろう」が来てくれれば激アツになる。おっと来ました「ひかえおろう」。リーチは最強の黄門様の印籠。

「カッカッカッ」と大当たり。図柄はそのままだったが、ランプは16に点灯していた。助かったなりの確変。投資は26500円なのでまだ十分挽回できる範囲だ。すぐにパカパカ当たりが来て、次に何の予告もなく「9」がテンパイするも、「世直しチャレンジ」は失敗してワンセットで終了した。最近よく打っているけど、確変のほとんどはワンセットが続いており、ろくに玉が出ていないので少しは続いてくれまいか・・・とまた勝手なことをひとり思う。

時短でも何もおきず、淡々と打ち込んでいくとまたもや保留3から助格激闘ゾーン。これが同じように黄門リーチとなって単発が当たった。そして早い当たりでまた助格ゾーンから「333」ときた。よしよしの確変。せめて3回くらい・・・の思いはまた裏切られ、あっという間に終わりのワンセット。初当たりがそうそうとれる確率ではないだけに、これは痛いけど仕方無い。自分ではどうにもできないのだから。(タッキー兄さんの戦国無双なみに続かないね)

等価だけどなんとなく手元の玉を使っていく。さすれば、300回の手前でその時はやってきた。疑似連が3回で赤侍から「ひかえおろう」。発展先が弥七だったのでダメかと思っていたが、ズバリと大当たりとなった。これが16Rに点灯。起死回生の一発となる。P-フラを含めて6連チャンを達成。黄門さまにおける自己新記録達成だ。(しょぼいと言うなかれ) そして早い単発が一回きた。それにしても今日は、初当たりだけは素晴らしい。

■どこに行くのか?

出玉は15000個を超えたようだ。やれやれ、こうなると等価の威力は大きい。しばらく打ち込んでみるが、回りの怪しい瞬間が増える。八兵衛チャンスをいれても20個カスカスの感じ。やってもいいけど止めてもいい。しばし迷うが「等価の場合、迷った時はヤメたほうがいい」と、K店でよく会うパチがとても上手な「和子ちゃんの旦那」が言っていたことを思い出す。うーん、積極的に打てない場合は店じまいもありということか。

打つも止めるもパチのうち。今日は玉が出たことで満足しておこう。22個あれば最後までやるけど、まあいいや。玉を流すと14449個あった。確変一発で3万円ほどの勝ちになったということだ。これじゃあギャンブルだよなあ。内心ジクジたる思いで店を出る。こんなパチンコでいいのだろうか。
いいわけはない。

A店の外に出ると12月といえども空気は暖かい。一時的に暖かさが戻ってきているのだという。しかし、冬月をめぐるパチ環境は真冬の季節に向かうばかり。冬月カースケ、いったいこの先どこへ行く・・・。つづく


【編集部より】
ただいま パチンコ・パチスロ AWARD 2010 ファン投票受付中!
※携帯サイトをご覧の方はトップページからAWARD特設ページにて投票いただけます

text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る