> > CRA弾球黙示録カイジ 沼 ざわっ・・・! 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRA弾球黙示録カイジ 沼 ざわっ・・・!  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 編集部の依頼で「ゆくパチ くるパチ」という今年を振り返る原稿を書いた。書きながら思ったことは、なんと時の過ぎ行くスピードが速いということ。もう師走半ば・・・「もういくつ寝るとお正月」ということで、子どもの頃はほんとに楽しみな時期だった。なかなかやってこないお正月だったなあ。しかし今はそうではない、まさにあっという間にやってくるのである。気のせいといえばそうなのだが、こういう感覚になるのは何故なのだろう。

だからこそ一日を終えるまでには、何かひとつでも有意義な行いをしたいと思っているが、ひなが一日パチ屋にいるとそうもいかない。そもそもパチ屋にいることは生活の糧を得ることなので「有意義」なはずなのだが、糧にならない時が多いと一種の虚無感を感じることがある。というのも、一日座っていられるだけの台がなかなか無く、ギャンブルみたいなパチンコになりやすいからに他ならない。その日の収支(勝ち負け)は別として、ちゃんとした時間を過ごせないのはイタい。

「一物一価」に端を発した等価交換への移行、高換金化の波は予想以上に厳しく、この先どうなっちゃうのかなあという不安感が募る。しかし、そんな思いをしているのは自分だけではない。まっとうに世に働く多くの方が、量と質は違えども「先行き不透明」という同じような不安を抱いているのではなかろうか。それを裏付けるかのように日本の自殺者は毎年3万人を超えている。かつて車関係の事故による死傷者が多くて「交通戦争」という言葉が横行したが、いまは交通事故の死者を自殺者が遙かに超えているという事態。(以前も書いたことがあるけど)

マーケットにモノはあふれ、自由な時を謳歌しているような風潮が表面的だが、ワーキングプアや若年層のホームレス化の進行など格差社会は進行するばかり。なんだか恐ろしい世の中になりつつあるなあ。多少減額されたとはいえ、在日米軍への「思いやり予算」で毎年2000億円近く支払っていることや法人税を5%引き下げることが報道されたばかりだが、なんだか予算を使う方向性が違うのではないかと思えてならない。おっと、時事ネタを書き始めると止まらなくなる。何のコラムだか分からなくなるので、ここらで止めよう。「先行きが不透明」なのは、何も世の中のせいばかりではあるまい。自分の生き方にもよるわけで・・・そういうわけで今日もパチ屋に向かう。(どういうわけだ・笑)

朝方、ちゃっちゃと起きてとまではいかず、気持ちがなぜか重くノロノロと起きだして水槽の水換え、原稿その他を片付けて家を出たのはギリギリの時間。渋滞する道路を避けてG店に着いたのは開店10分前。何も早く行く必要はないのだけど、せめて朝イチに店に入るという自分のルーチン(基準)は守りたい。「いらっしゃいませえ〜」と元気の良いスタッフに迎えられてたった一人で入店するのもいつもの光景。なんとかG店で打ちたいものだが、どこをどう見ても打てそうにもない。主任のメガネくんが寄ってきて「どう、打てる?」と聞かれるも、力なく首をふることしか出来ず、「ゴメンね。今日は無理だわ。帰るね」と一言残して退店。馴染みの店だから無理してでも打っていきたいとは思うが、ここ数日「無理」して打ったことが大敗の原因となっていることもあり、今日という今日はそれは出来ない。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る