コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRAデジハネ蒼天の拳STV  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉の共有不可
機種名 CRAデジハネ蒼天の拳STV
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
3000円67黄保留・キリン柄タイトル田学芳
4000円24+126赤扉・疑似連2・チャンスアップ飛燕vs拳志郎
4500円24+142突確ロング
15キリン柄カットインエリカミッション
8500円64+265疑似連2・キリン柄カットイン宗武vs拳志郎
3赤背景・赤扉扉を開くのじゃ
64+5赤手紙(大チャンスよ)・羅龍盤チャンスヤサカvs拳志郎
24+90疑似連4・ステップ5・金タイトル・肉柄扉玉玲ストーリー
24+89蒼天ロゴロング
24+19羅龍盤チャンス・キリン柄カットインヤサカvs拳志郎
3赤背景・赤扉扉を開くのじゃ
64+65赤エフェクト・蒼天ロゴ・疑似連5・朋・義・愛ランプ・文句予告・キリン柄タイトル拳志郎ストーリー
5500円24+244紅華会モード(雅)拳志郎ストーリー
24+22疑似連4・ステップ5・文句予告拳志郎秘孔(連打)
1敵を殲滅するのじゃ
64+14羅龍盤チャンス・キリン柄タイトル・キリン柄カットイン飛燕vs拳志郎
2500円24+179羅龍盤に問え(緑)・金タイトル・赤字・チャンスアップ(肉まん)ヤサカ秘孔
9500円24+241赤エフェクト・キリン柄カットイン玉玲ストーリー
2敵を殲滅するのじゃ
4緑炎・赤扉扉を開くのじゃ
4黄炎リーチをかけるのじゃ
64+248終了
総投資額 37500円
総回転数 2384回
大当たり回数 21回
確変回数 ***
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -37500円

出ては飲まれての展開・・・

さて、今日は羽根デジがイベント対象の日。きっと他の台は打てそうにないので、羽根限定と分かると結構気が楽だったりする。玉増えのある機種を狙って、そこそこの回りでほどほどの収支をあげるといった至って簡単なパチンコだ。決まって最初にチェックする台といえば、『CRAデジハネ蒼天の拳STV』か『びっくりぱちんこ爽快 美空ひばり すいーとばーじょん』、最近では『CRAびっくりぱちんこあしたのジョーLight version』など。この辺りが開いてないと、最後に見るのが『CRAスーパー海物語IN沖縄2』と流れが決まっている。

気分的にはいつも『デジハネ蒼天の拳』を打ちたいと思っている。しかし、最近は新聞屋さんのお陰で開く頻度も開け幅も随分と少なくなってしまった。今では釘の形も理想の上げ調整からは真逆の下げ調整となってしまっている。もう見るからに汚い釘の形。目にした人は皆驚くが、確かに下げ調整で平行の釘は回らないものの、ちょっとでもヘソをハの字にすれば見違えるほど良く回るようになる。何故なら、下げ調整のお陰で玉がヘソの広い方を最終的に通るからだ。実際打ってみるとよく分かる。

そんな釘に覚えのある人はパスしたくなるような形の『デジハネ蒼天の拳』に一台開けがあった。とはいえ、見た感じでは20回ちょっとのヘソ。一瞬どうしようかなと思いながらも仮に押さえた。ここからざざっと他の台をチェックするも打てそうな台が今日はない。ん〜、ちょっと困ったぞ。十分な玉増えがあるとはいえ、当たってなんぼだからな。まともに当たらなきゃ玉増えも何もない。

それでも仕方なく座ってみることにした。確かこの台は普段ほとんど開けられることがない。過去に一度か二度打ったことがあるだけ。あの時とは釘の形が随分と違っているので参考にはならないだろう。ひょっとすると意外に回るかも。早速打ち始めると上々の滑り出し。そして早くもやってきた。46回転目、「朋・義・愛ランプ」が点灯し、その後「北斗の文句は・・・」ときて「拳志郎秘孔」リーチが掛かった。しかも「一撃」。これがあっと驚く外れとなってしまった。今にして思えばこれが今日のすべてを物語っていたような気もする。

なんだかなぁと思いながらも、すぐにまたチャンスがやってきた。67回転目、保留が黄色く点灯し紅華会リーチで「田学芳」のタイトル文字がキリン柄となって当たった。4Rの当たりをゲット。しかしわずか4回転のSTではリーチも掛かることなくスルー。20回転の時短でまずまずの玉増えを確認するだけにとどまった。使ったお金は3000円。

この玉はすぐに飲まれ、買い足しに入る。買い足すこと4000円、弱い予告ながら150回転目の「飛燕」リーチがものになった。普段ほとんど当たらないだけにちょっとびっくり。しかし今回も連チャンはなし。そしてこれもまた飲まれる破目に。またまた買い足しという展開。今度はさらに4500円の投資。ここまでで早くも使ったお金は11500円。166回転目、ノーマルロングリーチ外れ後に突確をゲット。残念、STはスルーしたものの時短15回転目、「エリカミッション」で「一」が三つ。4Rではあるが時短60回が付いてくることになる。しかし今度も連チャンはなし。

一体いつになったらちゃんとした玉を持てるのだろう。羽根デジとはいえ甘く見てると大変なことになりかねない。そしてこの玉も当然のように飲まれてしまった。しかも今度はなかなか当たらない。さらに8500円を上乗せした329回転目、疑似連が絡み「宗武vs拳志郎」となりボタンカットインにキリン柄が出現。そしてこれた無事当たったことに加え、今日初めてSTでの当たりをゲット。しかし既に投資は20000円に膨らんでしまっている。

最後までこんな展開になろうとは・・・

買い足しの連続もここでひと段落。69、114、113、と早い当たりが続いた。とはいえ連チャンはなく、すべて4Rの当たり。いつもは簡単に15Rの当たりが出るというのに今日に関しては全く駄目。たまに15Rのランプが着くもバトルで敗北してしまうパターンばかり。

次は43回転目にやってきた。羅龍盤チャンスから「ヤサカvs拳志郎」となり大当たり。そして今日二度目のST連チャンをゲット。玉増えもこの機種としては普通の部類。ベロの拾いが少々難有りだが、60回の時短で180個程度の玉が増えた。良い台だと軽く200個は増えるのでこの差は結構デカイ。

そしてようやく当たりも付いてくるようになった。129回転目、赤いエフェクト発生から「蒼天ロゴ」も動いて疑似連が発生。多分5回まで続いたと思う。「朋・義・愛ランプ」も点灯し、「文句予告」から掛かったリーチは「拳志郎ストーリー」。タイトルもボタンカットインもキリン柄となって当然のように大当たり。しかし今度も15Rも出なけりゃ連チャンもなし。

そうこうしている内に1000個程度でうろうろしていた出玉もここにきてまた飲まれてしまった。さらに買い足すこと5500円、なんとか当たるも今度も一回ポッキリ。この後二度早い当たりが続いたものの、三度目にはまた出玉が飲まれ買い足しという展開。トータル25500円からさらに2500円を追加した28000円で当たるも連チャンはなし。当然ながら展開的にはほぼ絶望的だが、それでも時折起こる尋常じゃない回りと一撃の期待が十分もてる機種ということもあって、ずるずると投資を続けてしまった。

そしてまた玉は飲まれ、最後の悪あがきに入る。結局使いに使ったトータル37500円。265回転目にロングリーチから「玉玲ストーリー」リーチが掛かってボタンカットインもキリン柄となり当たった。ここからST2回転目に「敵を殲滅するのじゃ」から「四」をゲット。さらに4回転目にも当たりを呼び込む。今日初めて3連チャンして瞬間だ。さらには再び4回転目、黄色の炎から「リーチをかけるのじゃ」となり4連チャンをゲット。掛かったリーチは「三」だったので、21回目にしてようやく15Rが出た。

ここからどうなったかといえば、やっとの思いで戦えるだけの玉を持ったというのに、次がなかなか当たらない。ドル箱いっぱいの出玉が見る見るなくなっていった。いよいよ底が見えかけたその時、滅多に掛からない「カットイン予告」が発生。「玉玲ストーリー」を示唆。疑似連が何回続いたか相変わらずよく分からないが、文句予告も出てボタンカットインもキリン柄になって当然ながら右打ちの構え。

ところがこれがあっと驚くような外れとなってしまった。まさに万事休すといった言葉がぴったり。さすがにこれ以上の悪あがきは時間を考えると無謀としかいえないので断念。久しぶりに涙目となって静かに席を立った・・・。


【編集部より】
ただいま パチンコ・パチスロ AWARD 2010 ファン投票受付中!
※携帯サイトをご覧の方はトップページからAWARD特設ページにて投票いただけます

text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る