> > びっくりぱちんこ 爽快 水戸黄門2 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

びっくりぱちんこ 爽快 水戸黄門2  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 みなさんあけましておめでとうございます。と、つい先日書いたばかりでお届けするはずの今回の実戦記なのだが、いやしかし困った・・・書くに値する内容の実戦がまだない。年末年始にスキースクールの業務と郷里への帰省、そして基本的には雪山暮らしなのでパチ屋で過ごした時間はわずかばかり。それも田舎で数軒覗いただけで実際には打っていない。

前回に引き続き、昨年の実戦から引っ張り出さざるを得ない状況だ。またまたの「ごめんなさい」である。そして本題に入る前に近況を述べておこうと思う。年末の里帰りで入院中の父親を見舞い、記憶関係があやふやになってきた母親の待つ実家に帰った。幸い、父親の具合は予断を許さないというものではなく、意識も気持ちもはっきりしていたのでほっとしたが、今後介護を必要とする身となる事は確実。その上、同居している頼みの兄も「腸閉塞」とやらで入院するかもしれないという。というわけで、困ったことのオンパレードなのであった。

一方でスキーの話。こちらは降雪量が思ったよりもあって、スキー場の状況は良い。一時激減したスキーヤー(スノーボーダー)もいくらか戻ってきたような気がしなくもない。しかし、よく調べたみたら「温暖化」が進むと降雪量が多くなるらしいのだ。極地方の氷の溶ける量の増加が、大気中の水蒸気の量となって、結果雪が降るという現象らしい。というわけで雪の多さも別に喜ぶべきことではないのであった。
しかし、どうあっても出来ることを一個ずつやっていくしかない。この原稿もそのひとつ。さあ本題に。

いつもの頼みのG店がこの日は休み。午前中にたくさんたまった雑事を片付け、出動したのはお昼少し前。基本的には「開店時刻=入店時刻」と決めているのだが、この日はどうしてもやらなければならないことがあったので仕方がない。こんな日はいっそパチも休もうかと思ったが、「赴かなければ、勝ちも負けも何もない」ので、やはり出動することに。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る