コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR牙狼XX他  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 G店(33玉交換)に着いたのが開店時刻の15分前。2011年初の本格的実戦だからしっかり打つと心に決めて家を出たのだが、いやはや寒い。寒さには強いと思っているが、ここのところの寒さは並みではない。というのも、実は年末からひいている風邪がなかなか治らずに体調が今ひとつなせいもある。

年末から今日まで、LIVEやら帰省やら雪山稼業と休む暇もなく動いてきたので、さもありなん。マイナス10度という雪山の寒さは半端なく、身体は冷える一方。「健康」に注意するのが今年の大きな目標なのだが、さっそく上手くいっていない感じだ。熱が出るほどではなく、いわゆる鼻風邪というやつだが、これがけっこうやっかいだ。特に鼻づまりがひどくて、寝苦しい夜が続いている。

結局、表に立っていることは出来ずに近くのコンビニに逃げ込んで開店を待つことに。パチンコ専門誌をちらちらと眺めているとすぐに時間となった。先客は3人いるがみんな1パチのお客さんの模様。休日とはいえ寂しいのはいつもの光景。貯玉を使える日なのでなんとか一日打ち切りたいもの。見合う台があるかどうか・・・。

お客さんはいなくても元気の良い呼び込みと挨拶をするスタッフの声で入店する。ざっくりと見ていくと、『アグネス・甘』のいつも打っている台が打てるサイズのヘソになっていた。このアケだと23個はあると思う。喜んでバンダナを置いてまず台を押さえる。そして他のシマを見ていくと、バラエティコーナーに2台だけある『牙狼』の1台のヘソが大きいのを発見。いつもは平行に毛が生えた程度の調整なのだが、今日に関して言えばなんとも心引かれる様相。MAXタイプを打つことはまずなかった昨年だが、今年はそうもいっていられないと密かに思っている。

とりあえず縁があったらあとから打つかも・・・記憶の中にとどめてまずはラムちゃんから。貯玉を引き出して打ち始めるが、玉の流れがえらく悪い。いつもの回りは得られない。よくよく道釘を見ると微妙に釘が動いているような気がした。2000円分の玉で37回転ではやっていられない。ムラの大きい台なのだが、どうもいつもの玉の流れと違う。新春早々からダラダラ打つのは避けよう。第二候補へと移動する。

こちらはスルーに難があるのだが、ステージその他はまあまあのはず。2000円分で46回転となったので続行する。払い出しを続けていくと、保留4個消化から縁起の良いタコ×カニのダブルテンパイで2011年初の魚群が発生。今年の運試しか・・・(笑)。じっと見守ると、さようならのハズレでした。マリンちゃんが「ゴメンね」ですと。思わず冬月も「ヤレヤレ」と心の中で笑う。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る