コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRAモンスターキャッスルTKS60Z2  
 

実戦データ
店舗名 関東G店
換金率 33玉交換=約3円
遊技ルール 無制限
機種名 CRAモンスターキャッスルTKS60Z2
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 貯玉
総回転数 ***
大当たり回数 ***
確変回数 ***
総出玉数 5028個の差玉
換金額 15200円
収支 15200円

■午後から

午前中は新機種の取材があったので、それを終えて押っ取り刀で駆けつけたのはいつものG店(33玉交換)。午後からでも勝算はある。今日は新装入れ替えの初日であり、貯玉が使えるのだ。となれば途中参戦でも勝機はある。お昼過ぎの店内に入るといつもよりは少しお客さんも多い。新台などを見て歩くと、イマイチの感じ。玉も出ていない。それでも結構好きなスペックの『お天気スタジオ』が1台空きになっていたので、へそ釘の広さに釣られてまず打ってみた。あっという間の10回転でカエルアクションから、6R玉ナシ当たりが訪れた。

今日もそういうオチかい・・・と早くも心が曇る。STには突入するが電チューサポートもつかず10回転以内に1/18.6をひかなければ意味がないのだから、高いハードルに感じる。ところが今日は違った。次回転でかかったリーチが「スキーリーチ」に発展し、ノーマル段階でそのまま当たってしまった。確変中とはいえ、チャンスアップパターンもなかったのにあら珍し。しかも、初手から15Rであり、いよいよ年明けがやってきたか・・・。

やってこなかった・・・。削れられた出玉と渋いスルー。出た玉はあっという間に消滅の危機。回りも1000円20個くらいしかなく、これではダメということで、わずかばかりの玉をもって旧台の『モンスターキャッスル』に移動する。このヘソならばまずまず打てるはずだから。そしてスルーは渋いが、もともと電チューサポート回数が短いタイプなので、それほど影響を受けないという極めて消極的な理由からの選択となる。

こちらも座ってすぐに、ツルツル疑似連が3回きてお化け下つかみに発展。難なくマコちゃんが揃って大当たり。ワンセットで終わってわずかばかりの玉だが、とりあえず打っていく。回りは22個あるかどうか。時短が終わってすぐに雷先読みから、棺桶のトリプルラインで大当たり。これが3連。そして単発、単発、となったところで玉はなくなった。貯玉の払い出し開始。300回転の手前で雷先読みから下つかみで3連。しかし次も確率を大きく超えて、出玉はなくなる。

単発ばかり〜出てはのまれを何度も繰り返し、使った玉は4000個。いまだ、チャラにすらならずの時間が続いていく。たった4000個すら出る気がしない。弱っているなあ〜。しかし、本日初の16Rをスベリから射止めると、トントンと当たりが続いて、夕方遅くにはようやく5000個の玉となった。さあ、ここからが勝負。心なしか回りも上がり気味だし、押せ! 確率ラインを大きく超えたところで疑似連が4回という黄金パターンにも関わらず、ノーマル雷リーチに移行。いつまでも止まらないデジタルと思っていたらそのまま全回転に。

この当たりがツキを呼び込んできたようだ。確変→確変→確変→確変→16R確変→確変→→確変→16R確変→16R確変→16R確変→単発 となってあっという間に出玉1万発をオーバーした。単発ばかりだった前半戦の反動か(オカルトです(笑))。 何でもいいや、とにかく負けっ放しでは話にならない。このまま玉をキープできるかはたまた減らすか。ともあれ回りがあるうちは時間まで打つのみ。


■最後まで

結局、閉店30分前まで打って、1000個ばかり減らしてゲームセットとなった。久々にちゃんと打ち切った感もある。差玉は5000個とたいしたことはないが、ほぼ理論値通りの感じだし、何よりも2011年初の「勝利」ということで初日が出たことにほっとする。それにしても、演出がくどくなくていい機種だわ『モンスターキャッスル』。安定した回りがあれば、少出玉ながら毎日打ちたいくらいだ。

そのまま貯玉したまま、外に出ると今日も寒い。実は明日からまた冬山稼業に入らなければならないのだが、風邪気味の身体なので少し気が重い。好きでやっていることとはいえ、吹雪の中のスキーは決して楽しいものではないのだ。パチンコも同じか・・・楽しい時もそうでもない時もある。いろいろあって前へ進め!車まで足早に歩く。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る