コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR牙狼〜陰我消滅の日〜 ZZ他  
 

実戦データ
店舗名 関東G〜A店
換金率 33玉〜等価
遊技ルール 無制限
機種名 CR牙狼〜陰我消滅の日〜 ZZ
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
15000289店移動
22500501888疑似連 役物牙狼スペシャル
29444疑似連牙狼スペシャル
15敗北
78終了
総投資額 37500円
総回転数 912
大当たり回数 347
確変回数 ***
総出玉数 0
換金額 0
収支 -37500円

■等価

他の新台も見ていくと、どれもヘソのサイズはそこそこだが、ケチのつけようが沢山ある。結局はストロークの工夫の余地がある可能性を模索して、『ジャンボ』を2000円、『巨人の星』を3000円打ってみるが、どれも1000円20回転がいいところ。これが精一杯・・・というか回りは下がる可能性が高いような玉の飛び方なのでパスせざるを得ない。

うろうろしていると、場所移動になった『蒼天の拳』がなんとか打てるかも。最初の1000円で24回転、次が26回転、そして28回転と尻上がりにいい調子。ついついそれにほだされて、1万円ばかりずるずる打ったところで209回転しか回らない。すでに1万5000円で何もナシ。このままズルズル打つのはいけない。やっと重い腰を上げて店移動をする。

朝はあえて食べない(リンゴのジュースやコーヒーまたは紅茶のみ)生活で、今朝はコーヒーを飲んだだけなので少し空腹を感じる。この程度では食べないほうがいいのだが、たまには気分転換としてランチを取ることに。近くの行きつけのラーメン屋に新メニューのつけ麺が出来たというのでちょいと試しに寄ってみた。(くどくて美味しくなかった、失敗した) 移動した先は等価のA店。こちらも今日は新装日だ。

客付きは近隣の店の中では抜群にいい。今日も7割くらいの席が埋まっている。空き台を見ていくと、『牙狼・甘』で足が止まった。うーむ以前見た時よりもヘソが二回りは大きい。反射的にものを置いて確保してしまった。あとはとくに食指が動く台はなく、まずは打ってみよう。

最初の1000円で27回、そして25回、24回となかなか素晴らしい当初の回りっぷり。最初からここに来ればよかった・・・のかどうか。1万円で223回となったので、続行である。出玉関係はあまり悪くしない店なのでこれならば打てるはずだ。そして1万円追加で229回転・・・打てるよね? それにしても何も起きない台だこと。お隣は頻繁に役物が完成しているというのに、まあそういう時もあるでしょうよ。1/148の確率でも甘くはないということ。

さらに、上がったり下がったりの回りにやきもきしつつ打ち進めていく。合計22500円の投資(朝からだと37500円)で500回転をオーバーしたところで初めて疑似連がガセらずに3回来た。3回目はストーリーが展開されて待望の役物が完成した。しかもエフェクトがレインボーになっている。発展先は、ホラー撃退のスペシャルリーチ。相手は激アツの「魔界竜」。これは当たりでしょう。

「888」が揃って昇格ナシとなった。ラウンド中のバトルに勝たないと「魔戒チャンス」には入らない。偶数なのでダメっぽいかな・・と思っていたら、やはりダメで「ザルバゾーン」に入る。潜伏する可能性がある機種なのでわずかな期待を持ちつつ500個に満たない出玉を使っていく。おやまあ回らないこと。玉になった途端に落ち込み気味・・・よくある話だ。それでも我慢して回していくと、たちまち持ち玉がなくなる寸前に疑似連成立からまた牙狼スペシャルリーチに発展。

「444」が揃った。潜っていたのか、29回転目の出来事だった。昇格はナシだがラウンド中に「危機回避」となって待望の「魔戒チャンス」に突入した。ここから奇跡の挽回がなるのか? 右羽根の開放に合わせて止め打ちを開始するが、うまくタイミングが合わせられないうちに大当たりとなった。本機はV回避による玉増やし効果は期待できないが、少しでも増やすべく(減らさないようにすべくが正解か…)やれることはやっておかないとの思いは空回り。

ラウンド消化に入ると、危険度の★がいっぱい付いたホラーが出た。万事休すであっさりと牙狼は敗北してアウト。「魔戒チャンス」はワンセットで終わり。奇跡の逆転どころかその気配もナシ。波に乗れば1万発クラスの出玉になることは十分あるスペックだが、そうそうコトは簡単でないし、ちゃんと長く打たなければそんな「波」に遭遇することは出来ないものだ。

ああ、なんてことか、当初の回りなら打ち切り決定!と思っていたのだが、当たってからの回りのひどいこと。もはや1000円15回程度しかなくなっている。等価店は甘くないなあと今まで何度これを思ったことか。1000個に満たないわずかばかりの玉は、80回転もせずに壊滅した。最初の回りはこれいかに?


■ガンバレず

まだ打っていけばアップする可能性がないわけじゃないが、とりあえずこんなに回らない瞬間が訪れているのに投資を続けるガンバリは出来ない。静かに席を立つ。パチンコの神様が「今日はやめとき!」と言っているようだ。どんなにはまっても、現金投資が続いても、くさらずめげずにがんばるのが自分のスタイルだったのだが、それもこれも「回り」があってのもの。これでは結局ガンバレないのだ。

外に出るとまだ陽は高い。そして朝の雪は何だったの?というくらいの明るい太陽が道路を照らしている。ひどい一日だったが、これもまた自分の実力の範囲で起きたこと。雪から雨、そして太陽…一日でもこんなに変わるのだから、きっと晴れる日も来るだろう。ガンバレる台さえ探せれば。

もっとも重い課題を背負って、駐車場まで歩く。スタートキーを回して道路に出ると、夕陽が目にまぶしい。取り出したサングラスを掛けて、店廻りのドライブに出かけよう。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る