コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

びっくりぱちんこ 爽快 水戸黄門2  
 

実戦データ
店舗名 関東G店
換金率 33玉
遊技ルール 無制限
機種名 びっくりぱちんこ 爽快 水戸黄門2
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 貯玉18000個
総回転数 ***
大当たり回数 2+α
確変回数 1
総出玉数 0
換金額 0
収支 -54500円

■ウェルカム

行けば行ったで、渋いなりになんとか打てる台を見つけてしばらくは頑張る。ダメならば他へ移動するつもりだ。というか、この考えはいつもと同じ。相も変わらずのワンパターンということか。定刻に着いてたった一人で店内に入ると、いつもの店員さんたちが元気よく笑顔で迎えてくれるいつもの光景。さっさと巡回していくと、およそ数ヶ月ぶりにバトルタイプの某機種に朝イチのランプが点いていた・・・と思っていたら勘違いだった。ああ、危ない(笑)。

お店も隙がなくなったというか余裕がなくなったというか、もうそんな光景を見かけることも少なくなった。それでも拾い歩いてそれなりの収支を上げているプロはまだかなりいるという。まあ、足を使ったり他人とのあつれきをくぐり抜けたりなど大変な努力をしているのだろう。冬月には、到底出来ない行為か・・・。基本的にはバイタリティはある方なんだけどな。ともあれ巡回をしていくと、どうも今日は厳しい。店内告知を見ると明日が大きなイベントなので渋い基調になっているのだと思う。

「玉が使えるのだから無理して打て!」とお店に言われている気がする。その中でも候補となりうるのは『新海・アグネスミドル』の1台か。甘デジ関連は貯玉でもまるで手が出せない。またもうひとつはサミーの『獣王マックス』か。いずれにしても確率分母はでかい。現金投資では腰がひけるが貯玉ならば・・・とちらりと思う。いやまて! まだG店で打っていない機種がある。先日バラエティコーナーに1台だけ導入された『水戸黄門』。先日見た時よりもヘソサイズが大きい。ステージが使えれば打てる甘めの機種だけに、この際一度は打ってみよう。

そう思ってさっそく貯玉を引き出して打ち始める。最初の2000円分で61回転と超ウェルカム。これに八兵衛チャンスがからむと回転率は1000円35個くらいになる。(って現実はそんなわけにはいかない) ビンゴ!なんて思うには材料が足りなすぎる。次の2000円では41回転と急落は当然。しかしまあ貯玉で1000円21個以上あれば打つしかないのか。1万円分の玉を使ったところで219回転(八兵衛チャンス1回)となった。右の調整が気になるが、見た限りでそんなに酷い調整には見えない。

というわけで打ち進めていくが何も起きない。時々助格格闘ゾーンになりかけるが、ガセばかりで一向にラチがあかない感じ。確率が確率だけにさもありなん。ほんの数年前まではマックスタイプやハイミドルタイプをメインに打っていたというのに・・・。なんだかすっかり精神的に弱くなっているなあ。でも元々の回転率が違うからなあ、などとココロの中でぶつぶつとつぶやきつつ打っていく。5000個の貯玉がすぐに無くなってしまった。友人からちょいとこみ入ったメールが来たので返信しているうちに昼近くの時間になってしまった。普段はあまり食べないようにしているが、今日は気分転換も兼ねて近くのそば屋に行こう。

休憩や気分転換というにはあまりに短い時間でソバをたぐって、再度遊技開始。7000個の貯玉を払い出した時、疑似連が続いてリーチハズレの後にサルが出てきた。保留3個目の消化だったので何かが起きそうだ。と思っていたら、サルの捕獲に成功して「諸国漫遊モード」に目出度く突入となった。509回転とまずまずのところ。幸せでもなく不幸せでもない辺りか? 電チューサポートに入ったのはいいがスルーも寄りも良くない。頑張って合わせていくが、玉のキープすら苦しい。うーむと思っているうちに、つまらない予告から「世直しチャレンジ」となってしまった。予想どおりというか今の気分を象徴するようにチャレンジは失敗して、ラウンドランプもダメだった。一巻の終わり。しかも大当たり中のアタッカー寄りも良くないので思うようにオーバー入賞も得られない。

時短でも何も起こらず、というか玉を減らして通常状態に戻る。ちっぽけな出玉はあっという間に無くなって、またもや貯玉を使っていく。8000個、9000個、1万個も突破。1万2000個、そして1万5000個まで遣ってもラチがあかない。回転率はなんとか21個はキープしているが、それも時折沸いてくる「八兵衛チャンス」がからんでくれているからに他ならない。出玉関係を考えるとここらが潮時か・・・。いったん席を離れて、その後に朝見た『アグネス・ミドル』をちょいとばかり打ってみたが、玉飛びが悪くてすぐに断念。

■春の足音

みっともなくも玉の入った箱をもってうろうろしてみたが、釘は正直なものでどうにもならないものはやはりどうにもならない。使った玉は1万8000個までふくれていた。虎の子の大半を失ってしまった。今後のことを考えると虎の子の消失は絶対に避けたい。よって今日はここまで。現金投資だと7万2000円の敗北。玉でよかったというべきや否や。

今日もまた苦い敗北をかみしめつつG店を出る。馴染みの店員さんがちょうど遅番で入ってきた。「あれ、今日はもうお帰りですか。どうでしたか?」と悪気なく訪ねてくる。せいぜい、にっこりして「ダメだったよ」と返事した。晴れる日もあれば雨の日もある。これ人生の決まりであり、自然の摂理でもある。
表に出るとやはり陽が高くなっている。いつのまにか日照時間も日増しにふえ、春の足音がどこからか聞こえるようだ。

text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る