> > CRイタズラなKiss SR4+など 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRイタズラなKiss SR4+など  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 このところずい分暖かくなってきた。咲いた桜も満開の域をこえ散り始めたところも。学校は新学期を迎え、いつもならば新鮮な気持ちで春を迎える時節なのだが、今年ばかりはどうもそんな気持ちにはなれないでいる人も多かろう。冬月もその一人。あの日以来余震も止むことなく続き、原発事故の不安も去ることはない。しかしながら、少しずつ自分の生きるペースを取り戻しつつある。

今は真剣にスキーに取り組みつつあるところ。土日は新潟にあるかぐらスキー場に行ってきた。初日は雨とガスで視界不良だったが、あくる日の日曜は最高の天気に恵まれ、素晴らしい技術を持つ若いコーチ(日本を代表するスキー選手)にたっぷりとしごかれてきた。スポーツに限らずなんでもそうだと思うが、そこ(現状)に留まっていては面白くないし、進歩もない。スクラップ&ビルドは大事なことだ。この際、原発推進やCO2を大量に排出してきた日本のエネルギー政策もスクラップ&ビルドして根本的に見直してほしいものだ。

さて、本題に。山から降りれば日常の生活が待っている。「稼ぐに追い付く貧乏なし」という言葉もあるが、その稼ぐというところが実に苦しい限り。よって最近は、電気だけでなく生活費もムダを省く努力中だ。以前ならコンビニなどに行けば、必要だと思えばなんでも適当に買っていたが、今はそうはいかない。みみっちいことだが、100円、200円の小銭を気にして生きているような有様。個人的にはこれでいいのだろうけど、みんながこうだと消費が落ち込んでますます景気は悪くなるよなあ。そうなったら復興どころではない。自分自身の生活が汲々としていては、必要な援助もでき兼ねる。全く世の中というのはバランスが重要か。

とりあえず朝起きて、前の日に考えておいた通りの行動に出る。朝方には必要なデスクワークを済ませて家を出たのが9時半過ぎ。世間のまともに働く人たちからみたら、まったくもって申し訳ないような生活だろう。自分が自由に使える時間が多くあるというのは、何ものにも変え難い。よってその分のリスクを背負うのは至極当然の話でもある。

いつものG店(33玉交換)に着いたのは開店5分前。隣接するコンビニに入ってコーヒーを買おうかと思ったが、G店があけば来店ポイントで缶コーヒーが飲めることを思い出し、買うのはやめておいた。(我ながらせこい! でも仕方ない) 稼げない現状なのだから、貧乏が追いついて来る! そんなみみっちいことを考えているうちに開店時刻となった。朝からG店に来たわけはいつもの様に貯玉が使える日だから。それ以外ではまず打てる気がしない昨今の状況。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る