コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR大シャカRUSH G  
text by タッキー
 
筐体画像 震災が起きたからといって世の中のその他の事件や事故が収まるかといえば決してそんなことはなく、かえって人の弱みに付け込んだ事件が横行したりもする。悲しいかな、これが現実でもある。
病気もまた然り。つい3日ほど前も友人からこんなメールが届いた。「RH-O型の血液を探しています」といった文面にただ事ならない事態を知る。なんでも彼の友人のお父さんが骨髄性の白血病にかかってしまい、治療の為の血液が不足しているとのこと。赤十字にも在庫がほとんどないような状況だとか。

この血液型を有する人は全国にどのぐらいいるのだろうか。当然ながら自分の周りにはいるはずもなく、何の力にもなれなかった。ひとつ疑問に思ったのが、こんな切迫した事態を個人の力で解決しなきゃならないのかってことだ。国の然るべき機関(厚生労働省ということになるのだろうが)で迅速に対応できないものだろうか。

このコラムが更新されるのは金曜日。その金曜日に治療が始まると聞いた。今のところ血液は二日分しかないそうだ。これがどういう状況なのか想像に難しくないだろう。無力の自分にはただただ祈るしかないわけで、今はとにかく持ち堪えて欲しい限りだ……。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る