コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

ぱちんこCR北斗の拳 百裂  
 

実戦データ
店舗名 関東S店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 ぱちんこCR北斗の拳 百裂
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
9000円店移動
20000円43716ラウンド疑似連 フラッシュ キリン対ジャギ
286ラウンドサウザー
516ラウンドサウザー
9バトル16ラウンドラオウ
6バトル6ラウンドラオウ
7バトル16ラウンドラオウ
12バトル16ラウンドラオウ
13516ラウンドサウザー疑似連 赤エフェクト対サウザー
182ラウンドトキ
136ラウンドユダ
33116ラウンドサウザー疑似連 赤エフェクトサウザー
7バトル16ラウンドラオウ
122ラウンドトキ
92ラウンドトキ
516ラウンドユダ
2116ラウンドユダ
17バトル16ラウンドラオウ
1006ラウンドユダ
336終了
総投資額 29000円
総回転数 1508+α
大当たり回数 18+α
確変回数 18+α
総出玉数 18406個
換金額 73624円
収支 44624円

■まずまず打てるだろう

さて自分はというと、回りは最初の1000円で12回転と低調だったが、そんなはずはない。釘の根拠があるのだから……。打ち続けると回りはちゃんと上がってきた。2500円のところで赤マントと赤セリフから対ラオウのスペシャルリーチに移行したがハズレ。その後は何も無く福澤さんがお一人サンドに吸い込まれた。224回転だったがオーバー入賞が10個ほどあったから実感としては1000円23個くらいの感じで、これは全ツッパだろう思う。

隣の若者も自分も何もアツいことは起きずに淡々と時間が過ぎる。ちょうど2万円の投資のところで疑似連がかかる。役物も落ちてきてエフェクトも赤い。対戦相手はサウザー。問題はカットインだな。隣の若者と時折ぺちゃくちゃ喋っていたので兄ちゃんも「これ来たんじゃないですか?」と言う。そうなのか? とりあえずボタンプッシュの場面が来たので、気合いは込めないが、それなりの期待を込めて押してみた。うわっ! ブルッと来た。百裂では初めての経験。しかも待ちに待ったキリンさん。

さすがにこれで大当たりとなった。「444」が「777」に昇格。初回の図柄揃いは全部16R(2000個弱)になるというところがとても好感が持てる。やったな、俺。兄ちゃんも頑張って当てろ! しかし、当たらない時はマッハのスピードで抜けてしまう本機。やはり何事もなく、リーチもかからずカウントダウンが始まった。万事休すか……。しかし28回転のところでケンシロウがザコキャラのボーガンの矢をキャッチし、赤エフェクトでジャギ。これは当たるべ。ギリギリのところで6Rのゲット。そしてここからが素晴らしかった。5回転でサウザーを倒して16R、9回転で先読み前兆からラオウが出てきてバトル16R、6回転でまたラオウの6R、7回転でまたまたラオウが出てきてバトル16R、12回転でこれまたラオウのバトル16Rと出玉はあっという間に1万発を大きく超えた。

静かになるかと思いきや、時短を抜けるとすぐにまた大チャンスの到来。確か赤マント予告もからんでサウザーのストーリー疑似連に赤タイトルと赤文字がからんで対戦スペシャルへ。これが一旦外れたと思ったら、レイが出てきて再始動の当たり。当然16Rの引き戻し。このSTはトキの2Rと6Rの3連チャンと割としょぼ目だったが、文句は言うまい。種有りから玉ナシで抜けるケースも少なくないのだから。出玉は1万40000個くらいになったと思う。さてここからどうするか? 回りがあるうちは何も考えずに続行だと思うが、時折がたっと回らなくなっている。

ここで等価交換というルールが「問題」になってくる。回りが微妙になってくるとどうしても「守り」の気持ちが強くなるのだ。まあいいや、1000円20個を切るようになったらそのトキならぬその時に考えよう。回らなくなる瞬間に時折イラッとしながら、なんとなく打ち進めていく。330回転と確率ラインを超えたところで初めてのチャンス。2回目同様にサウザーの疑似連が3回に赤エフェクト。そしてまたもやレイの再始動で当たりとなった。おお助かった。2連もすれば玉は増える。7回転でラオウが出てきて16Rのバトルボーナス。いやはや今日はラオウのご機嫌が麗しいとみた。そして12回転でトキ、9回転でまたトキと2Rが続く。

しかしここからユダ16R、またユダ16Rにラオウ16Rと連チャンが炸裂! 景気がいい日もあるもんだ。(隣の若者は1000回転超えでようやく種有りから当たりをゲットして連チャン体勢に入る。良かった良かった。他人ごとながらホッとする) それでもってまたまた奇跡は起きる。時短に入り、終了の直前、100回転ぴったりのところでリーチが成立してユダを倒してしまったではないか。奇跡の引き戻し6R。これが伸びたら(この時点で2万個オーバーだから)今年初のホームランも夢ではない。と思っていたらマッハの速さで何も無く終わった。チャンチャン。この後はさらに回りが低下してしまい、イライラする時間帯が増えてきた。確率ラインを超えたところまで打ち込んでヤメとした。やはり等価は取り捨ての判断がなかなかに難しい。綱渡りみたいな勝負になりやすい。


■ツキに押されて

ともあれ今日はまずまず打てたということ、そして景気の良い当たりに救われたということで結果オーライか。外に出ると朝よりも雨がザンザン降っている。そういえば原発事故の直後には雨にあたらないほうが良いというニュースもあったが、今はどうなんだろう? 老い先短い自分はいいとしても、子どもたちや若い世代は心配じゃないかなあ。風評被害は良くないから正確な情報が欲しい今日この頃だ。「のど元過ぎれば……」にしてはいけないのだ。

明日は『びっくりぱちんこ 銭形平次 with チームZ』の新装に並ぶぞ! 久しぶりに、そして珍しくも、パチンコ打ちらしい「決意」をもって頭の雨を払いながら車に乗り込んだ。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る