コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR沖〜な-泡盛GREEN-  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉の共有不可
機種名 CR沖〜な-泡盛GREEN-
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
8500円1873チャンス目神龍
5連チャン
71+734赤エフェクト・首里城背景・疑似連3・巨大シーサー役物・三人カットイン神龍
4連チャン
71+723ノーマル
5連チャン
71+1711チャンス目・三人カットインマングース
71+82突確
9連チャン
71+409突確桜柄服
5連チャン
71+2641桜柄ゴーヤ神龍
3連チャン
71+351終了
総投資額 8500円
総回転数 2856回
大当たり回数 34回
確変回数 7回
総出玉数 0
換金額 0
収支 -8500円

今日はいただき!?

さて、昨日まではまずまずの開けだったというのに、今日は幾分控えめな釘。ちょっと期待していただけに残念。それでも打てそうな台は幾つかあった。打った機種はすこぶる相性のいい『CR沖〜な−泡盛GREEN−』。新台入れ替えに伴って設置場所が変わってしまったので、あえて打ってみたくなった。以前置かれていた場所ならば、このヘソではちょっと足らないと思う。以前はステージの癖が微妙な感じだったが十分変わる可能性あり。これも一軒の店でやりくりするならばかなり大事な作業である。

早速打ってみると最初の1000円で32回も回ってしまった。しかし肝心のステージからの入賞はゼロ。なんだか前の方が良かったみたい。前の時は点数を付けるならば100点満点で40点ぐらい。60点ぐらいになってないかなあと思ったのは甘いといえよう。それでも1000円やそこらじゃ判断できないのでもう少し追ってみた。

案の定、徐々にステージからの入賞が決まるようになった。それはいいけど回りは落ちていくばかり。5000円で119回は最初の32回を差し引けばちょっと足らない。でもステージの具合は良くなるばかり。なんとなくいけそうな気がしてきたぞ。

ならばもう少しとやっている間に食い付いた。187回転目、チャンス目から「神龍」リーチが簡単に当たった。使ったお金は8500円で、5連チャンとまずまずの展開。早くも10Rが一回出たが、2Rも三回出た。

次も早かった。144回転目に演出てんこ盛りで当たった。激アツの首里城の背景から赤いエフェクトで疑似連も三回。「あっちいな〜」と出て、再び「神龍」リーチ。カットインも三人揃って最強のパターン。嬉しいことに回りも安定してきた感あり。以前置いてあった場所よりも同じ釘で1000円辺り2回転アップしているとみた。早い当たりの4連チャンは良かったが、どうも2Rが多くて困る。二回も出た。ただし15Rも一回出たのでよしとするか。

回りも当たりも順調そのもの。143回転目、確変中ならばしょっちゅうあるが通常時では珍しいパターンで、ノーマルリーチがピタッと止まって思わず声が出た。とっても得した気分。大当たり中、盤面右側の蝶々がピカリと光って保留での当たりが確定の嬉しいお知らせ。その3回転目にハイビスカスの役物が回ってノーマルリーチが当たった。5連チャンゲット。当然のようにまた2Rが絡む。

ここで一旦昼飯をとることにした。いつも一緒に行くまこと君に声を掛けたが只今嵌りの真っ最中。飯なんか食ってられないってか、そんな気分じゃないとか。なんだかなあ。もうオレからは誘わないぞ。一人寂しく休憩札も貰わずにささっと済ませた。そして後半戦へと……。


もう、オヤジのせいだから……

食事から戻ってきてすぐ、隣にちょっと怪しいチョイ悪オヤジとでもいうのか、そんなオヤジが座った。隣の台はたまに打つお気に入りの台でもある。以前店員からゴトで何度か玉を抜かれたことがあると聞いていたのでなんとなく気になった。見た目もそれっぽく見えるといえば見える。おまけに腰掛けたかと思えば、すぐには打たず、カモフラージュなのかボタンを何度も押しながら玉を借りたかと思えば上皿に手を置きいよいよ怪しい雰囲気。

昔はこんな光景にしょっちゅう遭遇したが、久しぶりだなあ。まずはお手並み拝見といったところ。いやいやそれは冗談、どうしてくれようか。まずはその瞬間を見逃さないようにしなければ。ところがこのおっさん、ゴト師の割にはよく金を使う。10000円近くも使っただろうか。余程ヘマしない限りこんなゴト師はいないわけで、どうやらオレの勘違い。オヤジには悪いことをした。

ところがこのオヤジ、ゴト師じゃなかったのはいいが、やたらと台を叩く。ボタン連打から発展して最後は上皿にパンチ。ゴト師よりもこっちのほうがよっぽどタチが悪い。段々イライラしてきたぞ。それでも暫くは我慢した。なかなか当たらないしそのうち諦めて止めるだろうと思っていた。しかし、なかなかどうして辛抱強いこのオヤジ。やがて大当たりとなってそれなりの玉を持ってしまったのだ。

もちろん、当たったからといって台叩きが収まるはずもなくイライラは増すばかり。もう我慢の限界で、まずは独り言のように呟いた。一応はオヤジに聞こえる声で。当然オヤジにも聞こえたようだが知らんぷり。というか逆キレされそうな風情。あ〜、困った。

心なしかオヤジの行動は更に酷くなった様子。結局堪忍袋の緒が切れてとうとう大きな声で怒鳴ってしまった。そうしたらこのチョイ悪オヤジときたら、キレるのかと思いきやその逆。自分でも悪いと思ったのか、申し訳なさそうにペコリと頭を下げてきた。予想外の反応に、拍子抜けしたのと同時になんだか急に切なくなってきた。

その後はボタン連打も指一本で優しくペシペシとやる始末。やがてオヤジはドル箱二つを交換して何処かへ消えて行ってしまった。もうちょっと言い方があったかなと大いに反省。

パチの方はと言えば、オヤジとのバトル中に突確から入った当たりが9連チャンしたものの、2Rが5回も出た。オヤジがいなくなってからは、こっちもすっかりおかしくなってしまった。480回転目に5連チャン。335回転目に3連チャンしながらも出玉は減る一方。最後は422回転で玉が尽きた。

きっと今頃オヤジは何処かでヤケ酒でも飲んでいるのだろうか。オレも玉は飲まれたよ。オヤジ、許せ……。

text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る