コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

びっくりぱちんこ 銭形平次 with チームZ  
 

実戦データ
店舗名 関東S店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 びっくりぱちんこ 銭形平次 with チームZ
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 6000円
総回転数 ***
大当たり回数 ***
確変回数 ***
総出玉数 5040個
換金額 20160円
収支 14160円

■早く並ぶのだ

とりあえず慎重に打ち出すと、隣の若者がわずか3回転でP-フラッシュが発生してニコニコしている。良かったねえ〜と言うと、「前にここの新装で●万円負けたばかりです」とかなんとか。そりゃあ取り戻せると良いね。最初の台は500円で11回転となった。ステージからの入賞もあったのでいけるのか? まあ1000円20個あれば座っていよう。次の500円では8回転しかせずに微妙なライン。500円の玉貸しボタンを押したところ、図柄透視予告発生。2ラインにAKB図柄でチビ忍登場。当たるはずもあるまい……と思ってなにげにボタンを押したら、おやまあチビ忍を捕獲して「会いたかったボーナス」をゲット。わずか20回転という快挙。

楽しみな「会いたかったモード」に突入。するとわずか4回転で「私の彼は銭形平次」リーチで4ラウンドのST大当たりとなった。そして16回転でフラッシュの前兆予告から待望の16R大当たり。いやまあ、ツキがあること。ショールームではなかなか引けなかったST連が当初から炸裂の快挙。勢いは止まらない。電チューサポートが終わってすぐの98回転目。提灯が青く変化した消化にいくまでの先読みで、巻物が白→赤、そして激アツのゼブラへと変化。これだけでも十分アツいのに、提灯役物が作動してリーチ成立時には群が出て、もちろん十手フラッシュも発動。これ以上ない豪華予告から「十手リーチ」へ発展。

ここまで重なれば当然当たる。「四四四」がお待ちかねの「七七七」となって現場で初の16Rゲット。ここまでは順調そのもの。しかしながら勢いはここまで。確率ラインを超えても何も起きず、ついに出玉は残りわずかに……。等価だから現金投資のほうが合理的な感じもするが、ついつい今までの癖というか慣れで玉で打ってしまうのだ。(いつかは変えていこう) 400回転を超えたところで「八百八町モード」に移行した瞬間に、4分割画面すべてでリーチが成立。これはアツいんじゃないか。経験が少ないからよくわからないけど。選択されたのは「会いたかった」の場面。というわけで即止まりで朝イチ以来の「会いたかったボーナス」をゲット。これが44回転で4ラウンド、そして55回転のところでP-フラッシュから16Rと盛り返す。2000個の玉はやっぱりいいな。

■初心忘れるな

そして240回転のところで「八」が揃って4ラウンド。連チャンはなし。それはいいけど、回りがやはり足りない。もうここのところ1000円20回転は到底いかない。確率ラインを超えたところで手元の玉もなくなり、10秒ほど考えて止めることにした。いくら楽しい機種でも回りが足りなければ打てないという当たり前のこと。

幸い投資もほとんどないから気持ちも楽。その後はアケになっていた甘デジの『銀と金』を打ってダラダラしつつも、後半にうまいこと食いつき5000個の玉が出たところで夜の8時。試合終了とした。S店は力があるから、いつかアケる日も来るだろう。その時にまた楽しく打とう、銭形平次!

外に出ると、久々に疲れを感じる。そうか、今日は2時間ばかり早く家を出たのだった。この稼業に入る時に「出来ることは全部やるべし」という初心を持っていたはずだった。久しぶりにその初心を思い出した。いつのまにかずいぶん甘えた日々を過ごしていたのだなあと反省しつつ、車に乗り込んだ。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る