> > ぱちんこCR北斗の拳 百裂 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

ぱちんこCR北斗の拳 百裂  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 やはり「メルトダウン」していたか……怖いなあ。まあ、あれほど外が損傷していたのだからさもありなん。ちっともいいことがない状況の上に、個人的にはかなりダメージの大きい出来事が襲いかかってきた。(正確には、自分で招いてしまった) 実は、使用していたパソコンの挙動が非常に悪くなり、仕事にも支障をきたすようになって、この度思い切って買い換えを敢行した。ファイルの移行も無事に終わり、新しく動くパソコンがさくさくと気持ちがいい。ここまでは良かった!

しかし、ここから悲劇が……携帯してほぼすべてのデータ管理をしているiPhoneのデータのうち、大事なメモや電話帳などのデータを消失してしまったのだ。iTunesの操作を間違ってすべて新規に上書きしてしまったらしい。バックアップもなく、途方に暮れるとはこのこと。もう、やっちまったの一言。困ったなあ〜、身から出たサビとはいえ……。

そして実戦でもかなりの「悲劇」が待ち構えていた。今日はそんな一日の様子だ。ちっとも玉が出ない日々の中、打つのはS店(等価)が多くなってきた。等価というルールを考えれば、まずまず打てる台があるのがその理由。もはや換金率に関係なく、1000円で20個回る店を見つけるのは困難。しかもその上に出玉が削られているとあっては、ボーダー以下になってしまうのは必定。趣味で打つパチンコならいざ知らず、生活の糧を得ようと思ったらそんな台を打つことはできない。

その中でも、S店は体力があるだけにまだマシなほう。丁寧に色々と頑張れば、1000円20個〜21個以上を見込める時もある。機種によってはそれ以上に回る台もなくはない。くわえて機種によっては、それほど出玉を削られていない場合もあるから、最近はここで打つことが増えてきた次第。

等価というルールがいまひとつしっくりこないし、どういう立ち回りが正解なのかまだつかめていないという弱点があるが、もう時代に対応していくしかない。10分前に着くとすでに20数人が並んでいる。しかし、大きな店であることもあり慌てることもない。新台だけがさっと埋まるくらいで、朝のうちは十分にアクションを起こすことが可能。

まず、『びっくりぱちんこ 銭形平次 with チームZ』のシマに入ってみると、前日よりもわずかにヘソ釘がアケになっている。とりあえず一台押さえて、急いで他のシマを見に行く。まずまず打てる平日の様相か……。『北斗百裂』も打てそうかな……。とりあえず銭形から。まだ打ったことがない台なので、どれほど回るかはわからない。様子見ということで。

最初の1000円で驚きの29回転。これが正体ならば……そんな訳ないよなあ。ほら、次の1000円では13回転しかせず、次の500円では7回転、そして500円で3回転となったところで、一瞬考えて席を立つ。どうやっても1000円20個はないと思う。趣味のパチンコならいざ知らずってことで。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る