コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRA新海物語Withアグネス・ラム SAG  
 

実戦データ
店舗名 関東S店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRA新海物語Withアグネス・ラム SAG
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
350062銭形平次やめ
40007515ラウンドスパイラル魚群ノーマル
16ラウンド魚群マリン
1596ラウンド魚群サンゴ
906ラウンド魚群サンゴ
46ラウンド魚群マリン
1076ラウンド前兆 魚群ノーマル
4 6ラウンドノーマル
376ラウンドマリン
615ラウンドマリワリチャンスサム
56ラウンド実写カットインノーマル
46ラウンド金魚群黒潮
16ラウンド魚群黒潮
256ラウンドノーマル
16ラウンド魚群サンゴ
26ラウンド前兆 魚群ノーマル
526ラウンド告知ノーマル
1556ラウンド魚群サンゴ
26ラウンド魚群黒潮
5005616ラウンド魚群ノーマル
10001016ラウンド連打チャンス
50085やめ
5500102北斗
総投資額 15000円
総回転数 1641
大当たり回数 20回
確変回数 20回
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -15000円

■10連もむなし

ああ、世の中はやはり甘くないなり。でも身体さえ動けばなんとかなるだろう。今までも何度も何度もピンチがあり、それなりに乗り越えてきたのだから。さて、4連敗で資金も底をついたので思い切ってG店の貯玉を特殊景品に交換しておいた。今までは虎の子同然の貯玉だったが、1パチの増殖で全く打てなくなってしまった。打てないならば持っていても仕方がない。少しだけ残してあとは交換しておいた。つまりは実質上の撤退ということだ。さようなら、G店! 今までどうもありがとう。

という事情で等価のS店で打つ事が増えたのだが、冒頭で書いた通り、店替えをした途端に状況が悪くなってしまった。誰か見ているのか?(笑) 冗談はさておき今日は打てるのだろうか? 今までの経験から言えばアケてくる日なのだが。前回も書いたが、アケならば全台そっくりとアケ、シメならばそっくりシメるS店。

入場してみると、うーんダメかの部類。無理して打てるのは、『アグネス甘』か。しかしながら一応他の台も見ていくと、『銭形平次』にヘソが少しだけ大きくされている台があった。一律調整が基本のこの店ではかなり珍しい。どうせステージなどが出来ワルかとも思うが、後学のためにも少しだけ打ってみよう。最低1000円21個はないとダメだが、そのくらいはあるかも、ないかも。

最初の500円で11回転。そこで提灯保留が青に変化して激アツボイス。ダブル十手はなしで銭リーチに。なんだか外れそうだと思っていたらやっぱり外れだった。3500円ばかり打ってみたが、玉の流れ方が気に入らない。21個はないだろう。というわけで早々とやめにする。等価といえどもズルズルと打つのは良くない。見切りも大事だ。

そして何より大事なのは釘の根拠。初めての台だけに前日との比較も出来ず、これではリスクは引き受けられない。さて急ぎ足で向う先は『アグネス甘』。この子は素性を知っている。前日に数時間打った時と同じ釘だ。1000円で21個は下るまい。昨日は22個あった。最初から打てば良かったと反省したばかり、で朝イチでは銭形平次を打っているのだから、如何にも自己矛盾だ。ではここからは真面目に打つ。

最初の回りは20個を切るダメなところからスタート。しかし今度は根拠があるのだから上がってくるハズ。少しずつ上がってきて、やはり21個くらいにはなった。もう少しほしいのだが、そんなことを言っていたら打つ台がなくなってしまう。スルーと出玉がそんなに悪くないので、これで我慢しよう。

4000円を投入した直後に前兆予告発生。期待して見ていると魚群がスパイラルで登場。もちろんプレミアの大当たりとなった。しかもラウンドランプは15に点灯。朝から珍しやの15Rゲット。助かったと言えるのか……。そして1個目の保留で魚群から連チャン。100回時短を使い切ったほうが展開としてはいいとも言えるのだが、玉が出たのだからこれはこれでありがたい。

2回目は160回転の手前でまた魚群から単発。そして確率ラインでの大当たりが2回続いて、その2回目で連チャンが炸裂した。6R、6R、6R、15R、6R、6R、6R、6R、6R、6Rとなんと10連チャンという快挙に加え、時短直後の大当たりもきて出玉は一挙に6000個を越えた。等価だからもうすでにはっきりと勝ちの領域に入っている。

問題はこの後……展開もそうだが、回り具合が重要。先ほど来少しずつ回らない瞬間が出ていることが気にかかる。155回転で2連したが、イマイチ回りが厳しい。しかし時折するどく回ることもあり、ダラダラ迷いつつ続行していく。知り合いのパチプロの妹さんがこの店でコーヒーレディをしている。その関係で、(お店には内緒だと思うが)そっとコーヒーを差し入れてくれた。一口二口飲んでつらつらと考える。「今日は回りは厳しくても、このまま突っ込んでみようか」 回りそのものも長時間打たないと正体は明らかにならないもの。

ストロークや合わせ打ちなど、出来る限りの自分の技術で回しにかかることに決める。ところが展開は急激にダメになってくる。前半の当たり具合の帳尻あわせかと思うくらい、まったく当たりがやってこない。200、300、400とあっさり確率の4倍ラインを越えてしまう。さらに5倍も突破。そしてついに手元の玉も潰えた。玉貸しを新たに開始したところで、魚群が登場。当たる気がしないけど、これが当たった。561回転。ここから復調してくれれば良いが……。

■明日はないぞ

ところが、回りも当たりも復調どころかダメになる一方で、ついにサジを投げた。20個を切る回りではやってられない。というより、やっちゃダメだった。その後はフラフラと放浪者のように『北斗』などを打って、ついにあきらめてS店を後にする。朝の勝ちを自らダメにしてしまった。展開に文句はないけれど、見立てが甘すぎたということ。

S店がこの状況だと、またもや住むところがない。冬月カースケ……おまえは一体どこに行く? 外に出ると、この時期とは思えないくらい肌寒い。懐も同様に5連敗で肌寒いどころか大ピンチである。やはりすでに崖から転落しているのに気がつかないふりをしているような自分がそこにいた。明日はあるのか……。

text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る