コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

びっくりぱちんこ 銭形平次 with チームZ  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉の共有不可
機種名 びっくりぱちんこ 銭形平次 with チーム Z
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 16000円
総回転数 3330回
大当たり回数 31回
確変回数 8回
総出玉数 14529個
換金額 36000円
収支 20000円

初めて会いたかったと思った

今日は特にこれといったイベントもないが、やはりというべきか今は『びっくりぱちんこ銭形平次 with チームZ』が一番の人気。放っておいても朝から満席になるが、釘だけは毎日のように動きがある。前回打った台が今日も開けになっていたのは驚き。早くも今日は安泰か。

この間と同じ釘のはずなのに今日はよく回る。40、23、33、25回と良い感じ。とはいえ釘は正直。その内落っこちるだろう。あ〜、やっぱりな。10000円を使ったところで243回転とは、思ったとおりの回り。そろそろ当たって欲しいところ。

おっと、きたか……385回転目保留が青に変化して、瓦版予告「その二」がゼブラ柄になって貼り付いた。画面には次回予告まで出た。ダブル十手も出た。掛かったリーチは「鬼面組御用」だ。タイトルが赤じゃないのが気になるが大丈夫か。カットインはというと、これも赤ではなく青。段々弱くなってきた。ん〜、外れとは。ゼブラに十手に最強リーチを意図も簡単に外しちゃ駄目でしょ、全く。

今日は当たりが遠そうだ。ここで「八五郎」リーチでチビ忍登場。どんな赤ちゃん言葉を喋るのかなと思いきや、なんと八五郎がチビ忍を捕まえ、「会いたかったボーナス」ゲット。いやいや今日はホントに会いたかったぞ(笑)。 390回転目、使ったお金は16000円。ここはなんとしても連チャンが欲しいところだったが、あえなくスルー。4Rの出玉が寂しい限り。

当然のように飲まれて、買い足しの覚悟だったが、110回転目、「お静」リーチから再び「会いたかったボーナス」をゲット。赤い賽銭箱がチャンスアップだったということか。ふぅ、助かった。今度こそ、16Rが欲しい。あっという間のST後半65回転目、保留がへんてこりんな形になった。よく見れば「チームZ」のマークのような?? てっきり当たりかた思いきや、こんなのも外れてしまうとは如何に。結局今度も連チャンはなし。

そうそう早い当たりがくるはずもなく、今度こそ飲まれる覚悟で回していると、146回転目、「てぇへんだぁ!!ZONE」突入。更に「AKBお助けルーレット」が「激アツ」で止まった。あ〜、残念だがダブル十手が出なかった。これがなければちょっと辛いぞ。一応、最強リーチに発展しタイトルも赤色。疑似連は続けば続くに越したことはないが、あんまり関係ないとみた。今度も4Rながら無事当たった。

42回転目、加速予告から発光色が黄色。カットインに赤いのが出た。今日初めての連チャンをゲット。但し今回もまた4R。やっとの思いで2連チャンしたものの、電チューサポートもここまで。早くもハンドルを左に戻せの合図。最後の4回転に期待を掛ける。その1回転目、襖が赤くなってテンパイした。図柄も「七」とは貰ったか? 群も出てダブル十手も出た。「鬼面組御用」リーチで待望の16Rをゲット。71回転目のことだ。まあそれでもこの3連チャンで終わってしまうわけで、まだまだ安心のできない展開である。

今日は連チャンも軽いが当たりも軽いのが助かる。今度も僅か183回転目、「銭形チャンス」から「十手」リーチで大当たり。またしても4Rの当たり。しかし今回はやけに早い当たりが続く。28、9、10回転と一気に出た感じ。しかも全て16Rだ。これにてプラスの領域に入ったということになる。

この後も早い当たりが続き、程ほどに連チャンをし、出玉も14000個ぐらいにまでなった。回りもあることだし、ここまでくればもう安心。


ゲームセンターじゃないんだぞ

「好事魔多し」とでもいうのか、ここで何やら仲の良いカップルが隣に座った。空き台が一台というわけでもないのに、男と女が代わる代わる打ってまるでゲームセンターにでもいるような雰囲気。野郎のほうはそこそこいい歳だというのに、そんなに女と打つのが楽しいか?って、これが結構楽しかったりする(笑)。 その気持ちは十分分かる。まあここまでは楽しそうだなぁと思う程度のことだった。

ところが、この後が問題。そうこうしている内にこの二人の台にも当たりがきて、暫くはこんな状況下でのパチにも我慢しなきゃならないということ。この時点では、女が打ち、野郎が後ろで観戦していたのだが、そのうち野郎の方が観戦用の椅子を持ってきて(店に用意してあるもの)、女の後ろにベッタリ。後ろというかオレの境界線にまで少し入り込んでる。いわゆる「人の迷惑顧みず」ってことだ。

だいたい、店も店だ。こんなものを用意してあるなんて。がらがらの島ならば問題ないが、一番お客がいる島でこんなことさせちゃ駄目だろう。ペアシートだってあるのだからこんな物すぐに撤去しろって。後ろでタバコを吸われなかったのがせめてもの救い。もっともそこまではオレも黙っちゃいないけど。

やつ等のせいって訳じゃないが、ここへきて当たりも遠ざかってしまった。回りが安定しているものの、800回オーバーはやはり痛い。857回転目、救出ミッションとかなんとか画面に出て「平次登場で大当たり」となるようだが、残念、疑似連が二回続いた後に悪代官が出てきて終り。と思いきや、これが「銭」リーチへ発展して当たってしまった。これが7連チャンまで伸びたのだが、その内16Rは一回だけ。出玉もいまだ回復せず。

ここでようやく隣が止めていった。お陰でデータもまともに打ち込めず苦労したぞ。しかし一難去ってまた一難とはこのこと。今度はたま〜にやってくるスロット打ちのあんちゃん二人が、隣に座った。時折見かける二人組だが、パチの腕前はなかなかのもの。釘見以外は。しかし腕はいいが、遠慮というものを知らない。最近のパチの主流でもある作業を難なくこなすのはいいが、これ見よがしに玉が増えたぞって態度が気に入らない。もうちょっとさり気なくできないものか? この店はこの程度じゃ店員が張り付いたりはしないが、他所の店じゃ通用しないぞ。止め打ちも指一本でパカパカやる連中もまた然り。これまで厳しいところでやってきたオジサンには(自分のことね)、気になってしかたがないのである。この店は、釘以外はゲームセンターに近いところがあるのでそんな連中があっちにもこっちにも……。

終わってみれば昼間の出玉に少し上乗せした形で店を後にした。今日はやけに長い一日だった……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る