> > CRAデジハネ蒼天の拳STVなど 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRAデジハネ蒼天の拳STVなど  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 とりわけECOってわけでもないけど、そんなことも多少意識しつつ、菜園(というほどのものでもないが)を始めた。自宅の小さな庭にハーブや野菜を植えてみた。ルッコラ、ローズマリー、タイム、イタリアンパセリ、ジャイブ、スプリングオニオン、バジル、それにキュウリやトマト、なす、ピーマン、ほうれん草などの夏野菜である。種や小さな苗がどんどん育って、あっという間に食べられるようになってきた。

水やりや草取り、間引きなどのほんの少しの手間が必要なので、ほぼ毎日のように見に行く。すると、まあブヨや蚊に食われること食われること。そして雑草など取るために必然的に「畑」を観察することになるわけで、知っている人には当たり前と言えば当たり前だが、色々なことに気づかされる。まずは、土の上を這い回る大小様々な虫たちの多さ。少し土を掘ればミミズや幼虫などが出てくる。生き物たちが、小さなエリアで共生している様がよく分かるのだ。

彼らによって土が耕され、同時に大事な葉っぱも食べられてしまうが……まあそれにしても自然界の素晴らしさなり。という意味で考えると、元々自然界に存在しなかった数々の「放射線物質」を生み出した核の技術に対する危うさを改めて感じてしまう。ドイツに続いてイタリアも国民投票で脱原発がほぼ決まったようだが、我が国はまだ依存していく様相が強い。ため息ひとつついて、ハーブを見る日々なのであった。

さて、ため息はそれ以外でもよく出る。もちろんそれはホールである。今日はどんな具合か……連敗という負の連鎖をなんとか止めたいなあ。というより勝ち負けよりもまともなパチが打ちたいものだ。時間で入店してみると、このところ少しずつお客さんの数が減っているように思う。シメ体制が続けば必然そうなるのだろう。だいたいパチンコという「遊技」は日常の遊びという範疇をこえてお金がかかるもの。連日、通うとなると何度かに1回は勝たないと懐が持たないはず。1000円で15回転やそこらの台ばかりでは、負け続けるのも必定。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る