コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRA新海物語Withアグネス・ラム SAG  
 

実戦データ
店舗名 関東S店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRA新海物語Withアグネス・ラム SAG
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
5000927魚群マリン
754ノーマル
389前兆予告ノーマル
572魚群マリン
24ノーマル
12000345ヤメ
総投資額 17000円
総回転数 609
大当たり回数 5
確変回数 5
総出玉数 0
換金額 0
収支 -17000円

■中途半端な回り

打てるとすると、『アグネス・甘』か。この店で今日パチンコを打つとしたらこの機種だけだと思う。いやいや、無理して打つ必要もないわけで、「打たない!」というのもパチンコの立派なひとつの打ち方なのだ。

しかし、今日は打たないといけない事情がある。この実戦コラムを書かなければならないという「大人の事情」があるのだ。明日は某機種の発表会が控えており、時間がとれない。今日打たないと過去の古いデータでお茶を濁すことになりそれは避けたいこと。とはいうもののどこを打ったら誉められるのか……いっそ店を移動すべきだろうか。しかし、ここ数日間、近隣を見て歩いた結果としてどこも行くところがない。I店が3時開店というのが痛い。

そして結局『甘・アグネス』に座った。最初の1000円で18個しかヘソに入らない。しかし、次は21個。そして19個と思ったような感じ。まさにギリギリと言える。5000円分の玉を借りたところで、魚群が流れてマリンちゃんで大当たりとなった。図柄は「ジュゴン」。(話は変わるが、普天間基地の代替え施設として話が進んでいる沖縄・辺野古の海には絶滅も危惧されているジュゴンが生息しているという) 連チャンはなし。

その後、75回転でサメ、38回転でカニ、そして魚群から2連チャンと当たりはまずまず軽め。ダラダラでもいいから、このまま少しずつ玉が増えてくれれば良いが……しかし、そんなにうまくいくはずもなく、玉はすぐに消滅して現金投資に戻る。(正確には等価だから、みな同じ、違うのは気分だけ)

問題は「回り」だけ。実は今打っている台は電チューサポート中の玉キープが厳しいのでボーダーを辛目にみないといけない。うーむ20個ギリギリか、それもないか。隣の隣へ移動してみる。ここもダメ、そしてもう1台。これはなんとかなりそうな感触。でも早晩落ちてきた回り。そこにメールが入った。前述したDVDだが、「急遽、30枚送ってほしい」とのこと。こりゃ容易じゃない。


■人は・・・

頑張って打ちたい回りではないので、「渡りに船」とはこの事。展開としたらどこかでプラスになる可能性もまだ残されているが、この回りではあくまで運任せになってしまう。かえって傷が深くなることもある。

負けは負けで仕方がない。撤退する自分への「言い訳」もたったことだし、さっと席を立つ。外に出ると、今日は本当に6月か?というような陽気。まるで真夏のようだ。それでも真夏よりは空気がじっとりしている。

さあ、帰って頼まれた仕事をしよう。人は人(他者)から、何か頼まれるうちが華だ。人生はそうだと思う。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る