> > CR本官にまかせろ!他 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR本官にまかせろ!他  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 先週の土曜日、真夏の夜のお祭り(LIVEパーティ)が終わった。狭い箱にかかわらず、100人を超えるお客さんで大盛況となった。みんなにはもう感謝の言葉しかない。おかげで、予定したよりも遙かに多い被災地への義援金が集まった。現地で炊き出しのボランティアを行っている友人に連絡すると、これから夏場に向けてがれき撤去・仮設住宅支援のチームを立ち上げる予定なので、そちらの費用にも使わせてもらいますとのこと。(すばらしい)

肝心の演奏は、いつものように懐かしのRockの名曲を中心にやったのだが、新しいメンバーを加えたこともあり、まずまずの出来だったと思う。(しょせんアマチュアだから多くは望めない) 狭い会場だったが、PAスタッフの対応がとても良く、楽しく過ごせたことも良かった。当サイトからも、編集部のファイトくんやミナヤン、パチスロライターの佐々木兄さんが駆けつけて大いに盛り上げてくれた。必勝ガイドで連載中の安田一彦プロも応援にきてくれた。この場を借りて、みなさん、どうもありがとうございました。

さて、お祭りの後は日常に戻るのが人間らしい生活というもの。土曜日は深夜、というかほぼ朝方に帰宅したこともあり、日曜日は会計精算や身の周りの片付けなどをしただけでぼーっと過ごしてしまった。身体の疲れも半端ではない。(やはり歳か……) さて、週明けはちゃんと出動すべし。

まず、向かうはA店(等価)。入店してみるとまあ厳しい。先週2日ばかり打てた時から比べると、どの機種もヘソが2回りくらい小さい。無理して打てるとすると、何だろう、『銭形の親分』だろうか。しかしながら、1000円20回転には届かないだろう。一時的には届いても、トータルでは17〜18個が関の山だと思う。それでも玉をガッツリ増やせるならば話は別だが、冬月はへたくそなので少ししか増やせない。

結局、お店を2周しただけで何も押さえずに店を出る。「打たない」ということは大事なことなのだ。そんな当たり前のことに対してようやく自覚が出てきた。とくに、等価などのパチンコはどこかで一発当たればすぐに元が取れるから、という理由で「勝負」に至る傾向が強くなる。しかしながら、今も昔も釘の根拠がないとダメだ。せっかく半ジグマで動いているのだから、釘の比較が出来る強みを活かそうじゃないか。

次に向かうは、I店(等価)と相場が決まっている。CATさんは今日はいるだろうか。まあ、勿論それが目的ではないけど、あの笑顔に会えればそれはそれで一瞬でも嬉しい。さて、I店に着くと昨日の日曜日が大きなイベントだったようで閑散としている。シマを流してみると、先週と比較して釘に動きがある。イベントのシメ残しみたいなことは割とあるのかもしれないな。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る