コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR花満開麗GLA他  
 

実戦データ
店舗名 関東S店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CR花満開麗GLA
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
300056
2000476擬似好機でんじやわ代官
56移動
200036
150028移動
3500815ラウンドほのか疑似連
47ラウンド擬似花満開
495ラウンド
64玉無し
1357ラウンド
105ラウンド
15ラウンド
1185ラウンド赤花突然当たり
25ラウンド舞い
25ラウンドほのか疑似連
17ラウンド宮殿
1445ラウンド擬似赤フラッシュ
17ラウンド
4985ラウンド選択至福
45ラウンド金保留
15ラウンド金文字
27ラウンド保留ナイス
4015ラウンド擬似赤フラッシュ
15ラウンド和服プレミア突然当たり
27000391やめ
総投資額 39000円
総回転数 2132
大当たり回数 20
確変回数 20
総出玉数 0
換金額 0
収支 -39000円

■自滅街道

開店15分前に着くと先客はまずまず多い。40〜50人はいるだろうか。時間となってざっくりと見ていくとビンゴ!だったようだ。全体にアケ傾向が伺える。この店の場合、寄り関係はほとんどいじらず、へそのサイズだけで調整する傾向にあるから、そこだけ覚えておけばコトは足りる。『銭形平次』をいったん押さえて、甘デジのシマへ赴く。

うん、こちらも打てそうだ。いつも打っている『暴れん坊将軍・甘』の一台を押さえる。一瞬考えて、固い?方から行くべしと、銭形の親分のバンダナを急いで撤去する。このシマは右打ちがなかなか上手な兄ちゃんの専用台がある。まあ、飽きもせずに毎日毎日コツコツと同じ台を打っていることが多い。その粘りはたいしたものだ。スペック釘はつぶされていないのだろうか……。最近、話すようになったので今度聞いてみよう。

さて、暴れん坊殿、よろしくお願いします。この釘だと1000円25回近くあるのではなかろうか。心の中で一礼して、ちょっとウキウキして打ち出す。ところが、あ然とするほど回らない。最初の500円で7回転。次も10回転と低調そのもの。事態は好転するはずだと思うが、3500円ばかり打っても、回りはさして上がらない。お客さんの多い店なので、もたもたしていると打つ台が売り切れる。

好転するまで待つのが正解か?と思うが、心はもう飛んでいる(次の候補台に)。よって隣の第二候補に移動を決め込む(これが失敗だったのだろうか……今になって思えば)。移動した先はまずまずの回りよう。問題はスルーということになる。ほどなく大当たりして単発となったが、残念!スルーはアウトだった。増やすどころかどうも玉が減りそうだ。手元の玉がなくなったところで、『蒼天の拳・甘』に移動する。こちらは、うーん、ぎりぎりだなあ。元々ステージとワープルートが良くないから、へそを開けたところでたいしたことはない。

しばし打って、また移動する。なんだか自滅街道を歩んでいるのではなかろうか。あと打てそうなのは、『G1ドーリム・甘』と『花満開・甘』だろうか。ところがこの店ではまだ打ったことがなく、比較ができないのが痛い。でも釘だけは覚えているので、ともかく縦の比較(故・田山幸憲プロの造語 前日までの釘と比較すること)だと打てることは間違いない。とりあえずあまり気が進まないけど『花満開・甘』に着席。

気の進まない理由は、演出があまりにもまぶしいから。台の設置高さと椅子の位置の問題もあるのだろうけど、1回転ごとにどこかしらから、何かまぶしくフラッシュするゲーム性はある意味強烈! 座って打ち出したけど、こりゃたまらん。すぐに車に戻ってサングラスをかける(サングラスどころではほとんど軽減しない光の強さだけど、気休めにはなる)。

回りは、悪くない。1000円22〜23個は見込めそうだ。等価というルールを考えると文句なし。投資トータル1万2000円のところで、「ほのか」疑似連から、光のリーチで5ラウンドが当たった。STで7ラウンド、そして時短で5ラウンドと3連チャンした。しかし、スルーが良くない。残念ながら増やすのは難しい。現状維持がいっぱいいっぱいだなあ。というよりも減ることが多いだろう。

玉なしの当たり「夢幻モード」が1回当たり、確率越えで3連、3連となったところで、出玉は2000個ちょいか。3000〜4000円のマイナスといったところ。回りはあるのでこれからだろう。ところがこれが地獄の一丁目の入口だったのだ。

次の当たりは498回転と5倍オーバー。なんとか4連して盛り返すが投資は2万2000円とかなり厳しいところに。(甘デジは5000個出すのは結構大変なのだ)次の折り返しは早い当たりを期待したいところだが、確率の神様はこちらの事情や思いをくんでくれないことが多い。ああ、やはり手元の玉はそっくり無くなり、買い足しして当たったのは401回転……連続で確率分母の5倍、4倍オーバーとは。

そして三度目の正直とはよく言ったもの。次の当たりもまったく来ない。3回連続の4倍オーバーは過去に経験がない。ジャブジャブと投資だけが増えていくのみ。激しいフラッシュとあまりの当たらなさに疲れさえ感じるけど、確率上起きうることはすべて起きうるもの。回りは22個をキープしているのだから行くしかあるまい。よもや3回連続の4倍オーバーなんてことはあるまい!?


■仕方ないのだ

ありましたとさ、合算で390回転まで回したて当たらず。そして1000円15回転の下ムラが続いたところで、静かに席を立つ。投資は3万9000円。むろん玉は出ず。勝負としてはまあよくやったほうだし、ここからも打ち続けるのが得策という気もするが、1000円26回27回も回るわけではなし、実は修理に出していたパソコンが戻ってきていて、セットアップをしないといけないという事情もある。

今日のところはここまで。手痛い敗北だが、これもまた確率の隔たりだから仕方がない。ヒキだけはどうにもならない、気持ちは少しばかりくさるけれどもこれは避けようがない。確率以内に立て続けに引けるときもあるのだから、逆もまたしかり。それにしても、3回連続確率の4倍オーバーというのは、記憶にはないけども。でも、この稼業を続けていく限りいつかは遭遇する、今日がそれだった!そういうことだろう。

外に出ると、なにやら雲行きが怪しい。台風は去ったが雨雲もきているようだ。そこここに、雨のにおいがする。心配された猛暑の勢いも少し和らぐから、これはこれで歓迎すべきなのか。毎年最低1回は海に行きたいなあ。でもいつも行っていた福島の海「原町シーサイドパーク」は南相馬市。ご存じのとおり、津波で壊滅した場所でもあり、放射線量も高い。

「生きているうちにもう一度あの美しい浜辺へ行けるのだろうか」。暗い雨模様の空を見ながらふとそう思ったら、心の中でため息が出た。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る