コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRA信長の野望N-K  
text by タッキー
 
筐体画像 こういうネタは書いたほうがいいみたいなので書くことにしよう。佐々木師匠が「どうせ書くんでしょ」って言ってたし。ネタというか、昨日一日の出来事であります。最近はもうね、ネタ探しが大変で、日常の暮らしを切り売りしながらこのコラムを書いているようなところがある。

その昨日は月一で開いている当サイトの編集会議だった。通いの店も輪番休業だったため、久しぶりに午前中は家でのんびり過ごした。そうはいっても一人きりじゃないので、それなりに騒がしい家の中ではあるが、一日パチのことは考えなくていいので気は休まる。然るべき時間まで過ごし、会議の席へと向かった。

いつになく短い会議だった。そして会議の後は、ライター陣、編集スタッフと近くの居酒屋で1杯やるのが、いつからか習慣のようになっている。今回は、赤パン先生も参加予定だったのでいつにも増して楽しい飲みになるはずだ。店に向かうと、通りでぼうっと立っている赤パン先生を発見。テレビに出る時以外も常に赤いパンツをはいてるところが実に潔いというか格好がいい。都会の雑踏でも見つけやすいから、待ち合わせにも便利だと思う。どうやら随分と早く着いてしまい、近くのパチ屋で時間を潰していたらしい。

まだ明るいうちから飲み始めた。自分はいつも車だから、ノンアルコールだ(誓って飲酒運転などしておりませぬ)。高尚な話などひとつもなく5時間も飲んでしまった(だから飲んでないってば)。いつもならここでお開きという流れだが、「カラオケ行こう!」なんてことになり、ちょっぴり、いや、かなり嫌な予感。以前もあったこの展開……。案の定、終電の時間までと決めたにも係らず、軽くオーバー。というよりも編集部の若干一名が酔いつぶれてしまい、一人電車で帰すわけにもいかず、結局は佐々木師匠、赤パン先生、自分と酔っ払いの4人で帰ることになってしまったのだ。やっぱり居酒屋を出た時点で帰るべきだったか。

一人ずつ順番に送り届け、家に着いた頃には朝刊が配達されてる時間になっていた。ここまで読んで頂いた方、特になんのオチもありませんから(笑)。少し高揚した気分のままであったが、直ぐに眠りについたようだ。そして2時間足らずで直ぐに起こされた。今日に限って子供が6時前に起きてくるとは。こんな状態でパチ屋にいけるだろうか。仮に行ったところで打ちながらこっくりこっくりやるのがオチだろう。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る