コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

びっくりぱちんこ 銀河鉄道999  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 びっくりぱちんこ 銀河鉄道999
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 4000円
総回転数 2912回
大当たり回数 36回
確変回数 6回
総出玉数 37798個
換金額 94000円
収支 90000円

もう勝ったも同然か

さて、今週はその新装開店があった。話題になっているのかどうなのか、『びっくりぱちんこ 銀河鉄道999』が導入された。今日はその二日目。昨日は無事座れたものの、初日からまあ酷い回りで、何台か打ってぶん投げた次第。さすがに今日は開けるだろうと思っていたら、なんのことはない、昨日と代わり映えしない釘だった。

躊躇いながらも、他を探したところで開けはないので座ってみた。個体差もあるし、ヘソだけじゃ分からない。とはいえ、ちっちゃいヘソだこと。10000円、いや5000円までは黙って入れてみるか。

予想に反して最初の1000円では27回。次が28回。ちょっと気を良くしたものの、そんなあるわけがない。ほら、次はきっちり20回。まだまだ落っこちそうだが、更に1000円を入れたところで「キュイーン」と鳴った。恥ずかしいのと眩しいのとで、ハンドルをおしぼりで隠した。ホントね、短く「キュイン」だけでいいから。

メーテルがいろんなとこで登場して、「VSプロメシューム」とかなんとかいうリーチで当たった。16Rの赤い「7」が揃った。僅か87回転目。ST機以外を打つのは久しぶりのこと。妙に新鮮だ。やっぱりパチンコは当たってなんぼだろう。ST機撲滅を願おう(笑)。 37回転目、更に赤い絵柄の「1」で当たったが、今度は11Rの方だった。

通常時は激アツの「プロメシューム」リーチも、確変中に掛かると確変継続のピンチらしい。ん〜、早くも青い絵柄の「4」が揃ってしまった。しかしラウンド振り分けランプを見れば16Rの方だ。結局6連チャンまで伸びた。まあ確率が確率だけにこのぐらいは欲しい。最近は羽根デジオンリーの日々だから、1/100以下の台を打つのは『北斗の拳 百裂』以来だ。その『百裂』も近頃全く開けなくなった。たまにはこういう台を打たないと、大きく儲からないのだ。

玉を持ったところで、この台が本物か否かを見極めなければいけない。釘からして本物とは到底思えないが、偽じゃないことを願うばかり。いろいろとストロークを試してみたものの、どれもいまひとつだろうか。徐々に回りが落ちてきた。

205回転目、保留が変化した。赤でも金でもなく、一番信頼度の低い白。しかしテンパイ後にメーテルが出た。更に「999号ギミック」が落下。ここでもまたメーテルが出た。そして再び掛かった「VSプロメシューム」リーチで、やがて当たった。今度も赤い絵柄だった。こんなに簡単に当たっていいのだろうか?

36回転目、保留の色が青っぽい色に変わった。「VSファウスト」はまずまず期待できるようだ。敗北の危険度が低いということ。ところがどういうわけか「2」が揃ってしまった。がっくりきたのも束の間、メーテル登場で確変に昇格した。更に「1」が当たって3連チャン。4連チャン目は残念、「2」が揃ってしまった。

しかしここで奇跡が起こった。時短僅か2回転目、「キュイーン」と鳴って真赤な「3」が揃ってしまうとはびっくり。ところが、せっかく引き戻した確変も「4」が揃ってあっけなく終わってしまった。今度もさっきと同じ6連チャン。時短に入ると、さすがに50回転は短い。何事もなく終わろうとしたその後半、保留が白ながら疑似連が二回。メーテルも出た。役物も落っこちた。まさか二度も確変を引き戻してしまうなんて。おかげで10連チャンの快挙。出玉は23500個といったところだろうか。


それにしても回らん

たくさんの玉を持ったところで、やはりというべきかいよいよ回りの方が怪しくなってきたぞ。1000円あたり23あるかなしといったところ。いくらなんでもこれじゃ打ちきれない。おまけに嵌りそうな予感。400、500ときてしまった。なんだか嫌な汗が出てきた。600も簡単に超えてしまった。いよいよぶん投げる時が来たか。この手元の箱が無くなったら潔く帰るべし。そうだ今日は子供たちがお祭りに行くって、朝出掛けに言ってたっけ。よし、決めた。今から行けば何処かで合流できそうだし。パチンコなんて止めたい時に止めればいいのさ。

ここで、最近またよく来るようになった新聞屋さんが背後に。どうやら回りが気になるご様子。回らないよってジェスチャーをした。「無理矢理打ってるの?」と聞かれたが、いやそういう訳でもないんだな。オレはそういうことはしない。玉が取れるからといって、開いてもない台には手を出さないように心掛けている。『美空ひばり』や『蒼天の拳』がいい例じゃないか。釘を開け締めする店で無理にやると必ず歪が出る。この台を目当てにあちこちから来る連中がいるならばともかくとして。今は『水戸黄門』ライトがそうなりつつある。その証拠に最近は大きく開かなくなった。たまさか開いてもイベント以外のノーマークの日だ。ホントのことだからしょうがない。

おや!? 踏切の音がしたぞ。疑似連が二回続いた後にお助けルーレットが「チャンス」で止まった。あれ? 激アツではないのか。メーテルが出たものの「999号ギミック」は落下せず。掛かったリーチもアニメリーチとは。がっかりしていると、メーテルのギミックがぴかりと光った。

初めて目にするが、これが「メーテル再会」リーチを示唆するものらしい。これは激アツ。ぎりぎりのところで踏ん張ってしまった。赤い絵柄が「111」と三つ揃った。634回転目の出来事。確変となった115回転目、通常時はVSリーチの中では信頼度の低い「機械伯爵」も確変中となるとその逆。「3」が揃った。更に「333」「999」と当たって、最終的には7連チャンまで伸びた。

今日最も驚いたのはこの後。時短も終わり、残りの電チュー保留を消化中の52回転目、「ペンダント」リーチで「4」が揃ってしまった。思わず声が出た。更にこれが「3」へと昇格したのだから驚いたって不思議じゃないだろう。これが3連チャンとなり、さっきとあわせて10連チャンみたいなことをやってのけた。さすがにこうなるともう帰れない。腹をくくって最後まで打つしかない。回りも後半になって25手前をキープしているし。お祭りは約束したわけではないので、また今度だ。

ここから更に115回転目に6連チャン。145回転目に3連チャンを加えて40000個を大きく超えたのだが、最後にまたしても600オーバーとなったところでギブアップ。いや、もういい時間だ。分かったことといえば、どこかでメーテルの予告がいくつか絡み、「999号ギミック」が落下しないかぎり期待できないってこと。なるほどね。ただし、「メーテル再会」リーチだけは別。ギミックが落下することなく、アニメリーチを経由してのパターンがほとんどだった。がっかり感の少ない機種だとも思った。意外とオレにも打てる(笑)。

結局のところ、無理矢理頑張ってしまった感は否めないが、今日は勉強のためだ。二度とこの釘で打つことはないのだから。それにしてもなあ、お祭りに行けなかったからって、こっちでお祭りにしなくたって……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る