> > CR新海物語Withアグネス・ラム MTM 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR新海物語Withアグネス・ラム MTM  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 今年も8月15日がやってきた。世間的には、もちろん終戦記念日であり、かの戦争で亡くなった人たちを思い、二度と再び戦争の惨禍が起きないように願い誓う日……。冬月にとっては同時に、親友Mの命日でもあり、Mを偲び生きている意味をかみしめる日でもある。

ヤツが亡くなってからすでに3年の月日が経った。あの暑い日同様、今年の8月15日も暑かった。思い出さない日は今もないけど、その頻度は減ったかもしれない。こうして人は心の悲しみや痛みを忘れて生きていくものなのだな。

でも亡くなった当時の痛みや悲しみは薄らいでも、思い出はいつも心の中にあって消えない。音楽仲間とのライブ活動もずっと続きそうだ。Mが皮肉にも教えてくれた「つながる」ことの大事さと楽しさは、ずっとずっと残る。そんな訳で夏はその明るさとは裏腹に、いつもセンチメンタルな気分になる時期なのだ。

さて、閑話休題。お盆シーズン突入のある日。いつものように少しばかり早く起きて、庭のハーブを見に行く。あまりの暑さに日焼けをしているようで元気がない。紫外線が強烈だからなのか。とりあえず虫に食われながら水をやってからシャワーを浴びる。

机の前に座って、パソコンで同時にテレビを見ながらメールなどをチェックする。最近のお気に入りは、●テレの朝の情報番組での、速水もこみちくんがやっている料理コーナーだ。これをほぼ欠かさず見ている影響で、最近は自宅で料理をすることも増えた。(まあ、そんなことはどうでもいいか)そんなこんなで、すぐに出かける時間となった。

お盆シーズン突入ということもあり、打てるかどうか分からないが、そもそも行かないと分からないので行くのみだ。まずはいつものようにS店(等価)から。いつもより遙かに多いお客さん。しかしながら店内外は、ポップも看板も何もなく寂しい風情。今までもガセのイベントが大半だったから、それほどの影響はないのかもしれないし、それでポップなどの経費も削減されれば、かえっていいのかもしれないが……。

でもやはり釈然としないモノが残る。「権力のオウボーだ!」とどうしても思える。ホールもそうだが、ポップや業界紙など、広告関係の業種は大きな打撃を受けているに違いない。先行きはいよいよ不透明であり、不安ばかりなり。しかし、一般のお客さんはというと、割と平静でこの事態を受け止めているように思えて、普段とはあまり変わらない感じがいとおかし。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る