コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRA花の慶次〜愛  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 今年のお盆シーズンは、福島の実家へ帰省し、その後は自宅で過ごすのんびりしたものだった。撮り貯めしてあったドキュメンタリー番組や本を読んで過ごすという、ある意味文化的なものだったかも。そうそう、かつての教え子たちを呼んでバーベキューパーティも行った。

小さな子どもたちを連れて総勢20人近く。わいわいガヤガヤしながら、幸せなひとときを過ごさせてもらった。子どもだった彼らが、今は人の子の親。その子どもたちも実に可愛い。まるで自分の孫を見ているようで、気持ちの奥のほうがほんわりと暖かくなった。

素晴らしいのは集まったメンバー……「勉強」の出来た子も出来なかった子も、生徒会長もツッパリくんもみんなつながりあって仲良くしている。そしてそれぞれに立派に家庭を持ち、しっかりした生活をしている。つくづく学校的価値なんてのはアテにならないことを知る。ああ、生きているということはいいことだ。

というわけで、パチンコのほうはたまに店を覗くくらいで、ほとんど打たず(打てず)。ゆっくりと静養させてもらった。しかしながら、霞を食べて生きる仙人にあらず、今日からまた打ちに行かなければならない。とはいうものの、お盆期間の釘の状況はかなりものすごいモノで、果たして打てる状態になっているのだろうか。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る