コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

びっくりぱちんこ 銭形平次 with チームZ  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 びっくりぱちんこ 銭形平次 with チームZ
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
16000円363会いたかったボーナス
24保留変化・Pフラッシュ恋のお縄
5000円74+308保留変化・提灯ステップ3・群
74+35激アツボイス・次回予告・実写カットイン十手
74+94会いたかったボーナス
74+167終了
総投資額 21000円
総回転数 1288回
大当たり回数 5回
確変回数 4回
総出玉数 0
換金額 0
収支 -21000円

こんなはずでは

さてと、今日はきっと今までならば月に一度のイベントに当たる日である。但し、イベントの告知が規制されるようになってからは残念なことに釘は渋めだ。近々大きな入れ替えがあるのも理由の一つだろうが、傾向としては宜しくないのである。そんな訳で週末だというのにいつもの半分ぐらいの人数しかいない。店の人間じゃないけど、困ったなあと思う。

まずは『びっくりぱちんこ 銭形平次 withチームZ』から見ていくことにした。ここもすでに打てる台は限られているので、その中の何台かをざっと見て、その中から一台打てそうな台を見つけた。とはいえ、朝から喜んで飛びつくほどの代物ではない。ひとまずここに決めただけである。ここから新台の『CR野生の王国 SUN』を見て、昨日と変わらない釘を確認し、更には『びっくりぱちんこ 銀河鉄道999』を見て、(ここはずっと締まったまま)、他にも色んな台を見たが、残念ながら「開いた!」と呼べるような台はなかった。結局は最初に押さえた『銭形』を打つことになった。

ん〜、気が重いなあ。近頃消去法みたいなパチばっかりだ。たまには朝から胸踊らせて台と向き合ってみたい。初めの1000円、14回とはやるせないばかり。多少上がるも1000円20回レベルを行ったり来たり。5000円で106回はかなり厳しい。次の5000円ではぐっと上がって10000円で223回まで回復した。もう少し欲しいがこの台の実力じゃ、せいぜいこんなもの。ならば早い当たりが欲しいところだが、なかなかそうもいかない。

結局一度も「ダブル十手」が出ないまま、16000円で「会いたかったボーナス」をゲット。363回転を要した。24回転目、保留予告から「キュイーン」と鳴ってひとまずホッと胸を撫で下ろす。ホッとしたのはいいが、結局はこの2連チャンで終わってしまった。これが飲まれるようだと、ちょっと辛い。

踏ん張れるかなと思った回りも、持ち玉になった後に全く回らなくなってしまった。とはいえ、過去にもこのぐらいの釘で打ったことがあるので、全くやれない釘ではないのだ。今はたまたま駄目なだけ。それでも1000円20回にも届かないような雰囲気なので、そうそう無理はできないか。

飲まれて5000円を追加した382回転目、保留が青に変わった。一応「提灯」が落下し、群も出たが肝心の「ダブル十手が」出ない。赤い絵柄の「三」がテンパイしているのが気になるが、かえってこれで外れるとショックだなあ。掛かったリーチは「縄」である。カットインも青だし、この時点でせっせと保留を埋める作業に専念した。

ところが、最後の最後で「キュイーン」と鳴り当たってしまった。何がどうして当たってしまったのかオレには分からないが、ここは素直に喜ぶとしよう。この16Rで安心したのか、STでは一度もテンパイすることなく終わってしまった。未だ、2連チャンした時以外「ダブル十手」が出てこない。そして最後の4回転で一度だけリーチが掛かり、「縄」まで発展したものの、当たらず終了。


まさかの一撃!?

実は、この後に友人のじゅん君とその彼女と出掛ける用があったので、あまり無理はしたくない。もっとも彼らも出掛けるよりはパチのほうが好きなので成り行き任せでもある。出たら出たで適当な時間まで打つことだってできるし、出掛けなくてこのままパチ屋に居たっていいのである。このぐらいの縛られない仲っていうのが個人的には理想である。

彼女に、「多分飲まれるよ」とメールした直後に、激アツボイスと「次回予告」が絡み、「十手」リーチで当たってしまった。今度こそ連チャンして欲しい。一撃で止めたっていいのだから。あ〜、リーチすら掛かりゃしない。あっという間にSTが終わった。青い保留を二度見ただけ。いよいよ出玉のほうが危なっかしくなってしまった。

それでも168回転目、突然の「会いたかったボーナス」ゲット。この「会いたかったボーナス」で終わりを迎えると、ピンク色の襖が綺麗なこと(笑)。 確変中はずっとこのままでいいんじゃないかとさえ思う。そんな訳で今度も連チャンはなく終わってしまった。パチンコは連チャンしてなんぼだねえ。お隣は同じ初当たりながら既にドル箱の山。今日は一度もそのドル箱を下ろせぬまま終わってしまった。昨日もそうだった。38000円の投資で、最後に悪あがきした『デジハネ蒼天の拳』で二回ばかり当てただけで終わってしまったのだ。241回転目、万事休す。

こうなるともう、じゅん君達と合流するのを待つばかり。帰り際いつものメンバーに挨拶をして、最後に『ぱちんこCR北斗の拳 剛掌』を打ってる親父さんに軽く誘いを入れると、やはりというか「オレも連れてけ」と言うので、親父さんも一緒に行くことになった。さらに「家に帰って着替えてくるから、この台打ってて」という展開になってしまった。過去に何度か友人に代打ちを頼んだことはあるが、大先輩とはいえ素人さんに代打ちを頼まれたのはパチンコ人生初めてのこと。

10分ぐらいなので、まあいいか。代わって直ぐに「世紀末モード」に突入。しかしこれは小当たりだった。マックスがそう簡単に当たる訳もない。更にその20回転後、何やら疑似連が掛かったが、二回で終わってしまった。一応カットインが出て「サウザー」へ発展。途中で終わると思いきや、「北斗の拳ロゴ」が落下し、最終段階まで行ってしまった。ボタンカットインは当然のように緑の通常パターン。

こんなので当たる訳もなし、と思ったらなんと恐ろしいことに当たってしまったではないか。思わずここまでの演出を携帯に打ち込みそうになってしまったが、我に返って苦笑い。職業病ってやつかしら。『銭形』で散々もて遊ばれて、マックスを一発で仕留めるなんて。これはオレの引きなのか、それとも……。いずれにしても親父さんが来るまで玉を減らさなくて良かった。

オレの台ではないが、まずは「ジャギ」が出てきて攻撃を交わし、16Rゲット。次は「シン」ながら余裕で勝利。次はあっと驚く「アミバ」登場で4連チャン達成。更には確定音まで鳴り16Rゲット。結局、7連チャンをゲットしたところで親父さんが戻ってきた。ここで奥様と交代。完璧なる代打ちだ。他人様の台とはいえ、しっかり止め打ちもしたし、この一撃で、『銭形』の21000円を気分的に取り戻したことになる(笑)。 たまにはこんな日があってもいいか。

奥様に「ご主人お借りします」とはいったものの、どう見たって親分子分の間柄にしか見えない二人。オレが何処かへ連れ去られる風情である。この後じゅん君達と合流し、不釣り合いな四人で楽しい宴を過ごしたのだった(うぅ、誘っておきながら何から何までご馳走になってしまった)……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る