コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

ぱちんこCR北斗の拳 百裂 他  
 

実戦データ
店舗名 関東S店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 ぱちんこCR北斗の拳 百裂
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 21500円
総回転数 ***
大当たり回数 ***
確変回数 ***
総出玉数 9350個
換金額 37400円
収支 15900円

■イベントはどこに

ただしゲージが厳しい部類なので、それで大きいのだろう……、分かっていてももしかしたらの思いでさわってみることに。打ち出すと、ほう、まあまあ回る。1000円21〜22個くらいで推移。変形ステージからまずまずヘソに決まる。6000円投資のところで疑似連からほどなく当たる。2Rで上皿ちょびの出玉。でもこれが確変のほうだったようで19回転でビッグボーナス。とはいってもアタッカーも良くないし出玉は少ない。スルーは通るが、電チューへの寄りが悪いので玉が減るのを防げない。うーむ。しかしながら当たりは6連チャンとなった。

やはり打ち続けるには出玉スペックが低すぎるということで、しばらくして手元の玉が乏しくなったことをきっかけに放浪の旅に出る。何台か打ち回って結局バラマキをやらかす始末。いかんいかん。今日はやはり『北斗』の兄さんで行くしかない。改めて釘を見に行くと、いつも打っている台がまだ空き。

この釘だと1000円20個は見込めるか。19個だとやだなあ。それでも出玉スペックは他の機種より高いので、我慢の範囲なのか。(こうやってどんどんハードルを下げざるを得ないのがアレだなあ) 1000円で22個、19個、23個、17個、20個とまさに微妙なラインで回っていく。しかしながら今日はこれしかないと思う。もう少し踏ん張るか。

153回転のところで図柄バトルが発生。保留4個消化だったが、期待もせずに見ているとケンシロウが勝利。そのまま「救世主図柄・緑」が停止した。左下に目をやると、おお、「2」が点灯した。ここのところお得意の玉ナシST当たりがやってきた。たしか前回もこの連打で大敗を喫している。

ST消化といっても電チューサポートがないので、現金投資で淡々と世紀末モードに挑む。本当に何もないまま進行していく。やっぱりなあ〜。あっという間に残り10回転となる。完全にあきらめていた32回転目。「七星予告」が成立してユダが出てきた。おお、オーラは赤だ、これは……。倒したのだ、ついにユダを。これでなんとか16Rの夢の玉あり当たり。

総投資は19000円だから、調子が普通だったらまったく問題ない範囲だけど、ここのところの不調を考えると不安な気持ちが先に立つ。しかしこれがなんとラウンド中に「百裂アクション」が発生して、先読みで保留連チャンが確定(素晴らしい)。そして16→6→16→6と玉無しを含み5連チャンもしてくれた。やれやれの展開。

ここからは玉を使ったり現金で玉を借りたりしながら打ち進めていく。時間はまだ早い。回りは十分とは言えないまでも、我慢できるくらいはある。「さあ、ここからだろう」、とそんな時に一本のメールが入った。中学時代にバスケット部で共に活動した友だちHが亡くなったという訃報。発見された時にはすでに末期ガンだったという。告知からわずか3ヶ月足らずで空に上ったという。


■さようならH

その集まりが急きょあるとかないとか。なんだかもうパチっている気分じゃない。大きなため息をつきながら、そっと呼び出しボタンを押して玉を流してもらう。玉は全部で9000個ちょい。まずまずの浮きになったのだな。

落ち着かない、悲しい気持ちを胸に抱えて店を出る。中学時代エースとして活躍していた14才のHの姿が目に浮かぶ。一緒に県大会で戦ったっけ。足が速くて俊敏で運動神経も良かったH。速攻の時には、先頭で走りランニングシュートを決めまくったH。

4、5年前に一度会ったきりで、それからとくに親密な交流はなかったけど、あのはつらつとした中学時代の姿だけはいつまでも忘れることはないだろう。さようならH。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る