コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRA悪代官 99VVST  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 台風12号があの暑かった夏をどこかに連れ去ってしまったようだ。この台風での死傷者、行方不明者は100人近くいる(行方不明者の一刻も早い救助と、亡くなった方へのご冥福を謹んでお祈りします)。豊かな四季に恵まれている反面、つくづく日本は「災害列島」だ。

古来より、日本人はこの自然と向き合い、付き合いながら生きてきた。それでも、放射能被害との付き合いはヒロシマ・ナガサキ、そして第五福竜丸以外はなかったはず。これは本当に厄介なことだ。

しかも最近見たばかりのドキュメンタリー番組によると、「100年後の地球は異常気象が日常化する」という。温暖化は進行し、巨大台風や灼熱の夏、極寒の冬などが当たり前になるのだと。100年後に生きている人はほとんどいないから「ソンナノカンケーネエ」という訳にはいくまい。

多くの人がそう思っているにも関わらず、なかなか変わらない世界だけど、出来ることは小さくてもやっていきたいものだ。(こんなことを思いつくままに書くのもそのひとつだと思っている)

パチンコも100年後はどうなっているのだろう。「かつて、日本にはパチンコという遊技があったんだよ。」と語られるようになるのだろうか、いや、姿・形を変えて生き残っているのだろうか……。未来を考えることは、「いま」を考えることでもある。

閑話休題。今日は休み明けの月曜日。ここのところ色々と雑事があることと、状況の悪化でまともにパチンコが出来ていない。それでも週明けはいくらかの期待も出来る。押っ取り刀でいつものS店(等価)に赴くと、なんだか様子がおかしい。顔なじみの若いスタッフさんが一人ポツンと店の前に立っている。おやまあ、節電休業ですと。いつものようにチェック不足だった。ハンドルを切り返して、向かうはI店(等価)。こちらはあまり期待できない月曜日。ここがダメなら遠くまで足を伸ばそう。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る