コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR花満開麗GLA  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 新しい厚労相大臣が、国民の健康を守るためにたばこ税を上げて700円くらいにしたらどうかと発言した。閣内では異論があってまとまらないようだけど。調べてみたら、世界には色々な税金があった。ハンガリーではスナック菓子や清涼飲料水など塩分や糖分が特に高い食品に課税する「ポテトチップス税」、フランスでは加工チョコレートに課税、アメリカでは清涼飲料水への課税が検討されているらしい。

いずれも、肥満や成人病のリスクを減らすことが目的。冬月は元々スモーカーだったが、6年前にきっぱりやめた。それからは、ノドをはじめとして身体の調子がかなり良くなった。(はずだったが、親友Mの葬式の時に仲間が「カースケ! お前がヘビースモーカーだったMにタバコを供えてやれ!」と言われたことをキッカケに、飲んだ時などにヤツを思い出してごく希に吸うこともある。イカンイカン)

それはそれとして、ホールでの副流煙には毎日ほとほと参っている。特にマナーが悪い人が横にいると最悪だ。くわえタバコや置きタバコから直撃する煙が辛くてたまらない。加えて、ホールに数時間でもいれば服や髪の毛のヤニ臭さはものすごい! やはり、ほかの人の健康を害する権利は誰にもないだろうから、基本的にホールのような閉鎖的な空間での喫煙はまずかろうと思う。禁煙化の流れは致し方ないのだ。タバコの美味しさや気分転換の効用をよく知っている自分でもそうすべきだと考えている。もし、ホールでの禁煙化が進まないならば、代わりにしっかりとした空調と排煙システムをつくるべきだろう。

さて、今日も浴びたくない煙を浴びにホールに出かけよう。しかし、幸いにも朝は晴れて爽やかな空気だ。もうそこここに秋の気配がする。暑いのも嫌いじゃないが、爽やかな空気はやはりいい。

今日はS店から。話題の機種、『プロポーズ大作戦』などが入る新装開店にあたる日。機種そのものには非常に興味があるが、初日からしばらくは「新台=回収モード」が定番化しているS店。混むことが確実なので、いつもより30分早く店に着いた。整理券は35番。最終的には100人近いお客さんが並んだ。みんな元気で何より。

メールなどをうっているとあっという間に時間となった。打つつもりはないが、『プロポーズ大作戦』のコーナーに釘を見に入ると数台がまだ空きになっていた。反射的にバンダナを投げ込んで、正面からしっかりと釘を見る。「もしや!」と思ったが、ヘソや寄りを見ると到底打てるものではなかった。さっと、バンダナをどけると「あら、兄さんいいのかい?」と、30〜40年前にはお嬢様だったであろう女性に話かけられた。こちらも、お兄さんと呼ばれるほど若くはないが、ニッコリ笑って「どうぞ!頑張ってください」と言っておいた。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る