コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

びっくりぱちんこ 銀河鉄道999  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 びっくりぱちんこ 銀河鉄道999
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
3000円784白保留メーテル再会
17500円50+5713999号ギミックプロメシューム
1528ファウスト
117赤保留・銀河鉄道チャンス・Pフラッシュファウスト
419紫保留プロメシューム
612紫保留プロメシューム
207銀河鉄道チャンス機械伯爵
364→確変プロメシューム
543ファウスト
153紫保留・赤タイトルファウスト
51プロメシューム
195ファウスト
1304プロメシューム
50+9308白保留・999号ギミック機械伯爵
50+43突確白保留・ゼブラ車掌・メーテル酒場乱闘
405紫保留プロメシューム
48→確変プロメシューム
243ファウスト
118プロメシューム
50+41突確パス回し
95プロメシューム
648→確変プロメシューム
51ファウスト
96突確
952プロメシューム
15メーテル再会
774紫保留ファウスト
50+3249999号ギミック・メーテル・Pフラッシュプロメシューム
528プロメシューム
167赤シャッター・999号ギミック機械伯爵
482→確変紫保留プロメシューム
45ファウスト
446→確変紫保留プロメシューム
426プロメシューム
62終了
総投資額 20500円
総回転数 3475回
大当たり回数 34回
確変回数 4回
総出玉数 37021個
換金額 92500円
収支 72000円

やればできるのだ……

そんなオレとは逆に、近頃乗れているのが知り合いのまこと君。やつのお蔭で、この『銀河鉄道999』に再び目がいくようになったと言っていい。今日はオレに遠慮してなのか、他のコーナーに向かって行った。もっともオレはオレで『花の慶次〜焔』を真っ先に見たのだが、どうもこの台とはしゃれでもなんでもないが縁がない。結果として『銀河鉄道999』に辿り着いた。今日は珍しく癖のいい台が2台ばかり開けとなっていた。癖がいいだけあって、昨日までの他の開けと比べると随分見劣りするが、久しぶりながら打てると感じた。

昨日あたりから明るい兆しがと書いたが、昨日は既存の台の中でも最も確率の甘い台だっただけに、果たしてこのクラスの台でまともに当たりが引けるのだろうか。『慶次〜焔』も未だ2000回転近く回して4R通常が一回だけだし。まるで自信がない。まあとにかく打ってみることにした。

やはり回りは悪くない。ステージも自力でよく乗り上げて、真っ直ぐ真ん中に落ちてくる。3000円を入れたところで早くも「メーテル」が出て、ルーレットには「チャンス」の文字。これが「メーテル再会」リーチへと発展。僅か78回転目、「444」と揃った。ホッとはしたものの、残念ながら11R通常だった。時短でも何も起こらなかった。

持ち玉になっても回りは好調。それでも210回転目、当然といえば当然だが、あえなく飲まれてしまった。もちろん再投資に入ったが、これがまた当たらない。500、600となるとやっぱり今日も駄目かと思えてしまう。加えて現金になった途端回りががくっと落っこちてしまった。621回転目、「エピソード」リーチが掛かる。上手く成功すれば決戦VSリーチへと発展する。どうやら成功した模様。ここで「999号ギミック」が落下。掛かったリーチは「VSプロメシューム」。17500円を費やしたが無事当たった。今度は赤い絵柄の「333」。

一体いつ以来だろうか。なんだかホントに以前の感覚が戻ってきたような気がする。ここから一気に巻き返しといきたいところだったが、STならとっくに抜けてしまっている152回転目、「VSファウスト」で安心していると「888」と通常絵柄が揃ってしまった。11R二回のワンセットで終わった。

ところが今日はやっぱり何かが違う。時短に入った僅か11回転目、保留が赤くなり突然「999号ギミック」が落下。銀河鉄道チャンスから「VSファウスト」となり更には「キュイーン」と鳴っての大当たり。「777」が16Rとなった。41回転目、保留が紫になり「999」。次は早くもピンチ。保留が変化したものの単発絵柄のシングルリーチ。「VSプロメシューム」からあっ気なく「444」と揃ってしまった。それでも5連チャンは納得すべきだろう。

時短に入ると、さっきと同じような場面。20回転目、銀河鉄道チャンスから「VS機械伯爵」はいかにも外れそうな見せかけの演出と感じた。時短では結構熱い演出が頻繁に掛かるような気がする。ふう〜ん、なんて相手にもしなかったが「鉄郎ギミック」が飛び出して、まさかの大当たり。本日最初の驚き。ここから一気に続いて、さっきと合わせて12連チャンの快挙。これにて出玉はあっという間の20000個到達。

当然ながらこうなればこっちのもの。もう何も恐れることはないのだ。ここから全飲まれなんてこともないのだし。淡々と回しに掛かる。最近の台は通常時がやけに気だるく、辛い台が多くなったが、それもこれも当たった後のお楽しみを考えると、仕方のないことなのか。今日は珍しく地上波でプロ野球がやっているのでこれでも見ながら凌ぐとしよう。


雲行きが怪しくなってきたぞ

時短で二度も引き戻したせいかどうかは分からないが、食時の後から徐々に雲行きが怪しくなってきた。ドル箱が一つ、二つと消えていく。軽く600も超え700も超えた。こうなると、近頃早あがりばかりが続いたので、家に帰りたくなってしまうのだ。後ろに8箱もあったドル箱があっという間に半分になってしまった。いよいよ危なっかしくなってきた980回転目、エピソードリーチ成功からギミックも落下。ここぞという場面で「VS機械伯爵」は痛い。ものにできる自信もなく、コーヒーを買いに戻ってみると当たっていた。しかしこの期に及んで、痛すぎる11R通常とは。そうそう時短で当たるわけもなくあっという間に終わってしまった。でも踏ん張れたことだけは確か。

嵌ったという感覚はないが、時間だけが無情にも過ぎ去ってしまったといっていい。これが一番痛い。スロットのようにビシビシと回せればと思う。おっと、ここで突然ゼブラ柄の車掌さんが登場に、びっくり。メーテルも出た。アニメリーチから突確の「アルカディアモード」突入となる。僅か93回転目のことだ。これは3連チャンで終わったものの、この後、怒涛のラッシュがきた。

終わって直ぐの91回転目、疑似連が珍しく三度続いた。その後に滅多に出ない「列車群」が画面を横切った。これがさっきと同じようなアニメリーチから突確をゲット。ここから「555」、更に「888」はラウンド中に確変へと昇格。無事に4連チャンまで伸びた。ようやく減らした出玉を取り戻した。

そして本日二度目の驚きはこの後。時短に入ったまさかの1回転目、「メーテル再会」リーチが掛かった。今日三度目の引き戻しに成功。喜びも束の間、これは直ぐに終わってしまった。それでも6連チャンのお蔭で、出玉も26500個余りまで出た。後は時間との勝負。できればもう一発欲しいところ。

374回転目がまずまずのところだろうか。今日はエピソードリーチがよく発展する。ギミックも落下し、メーテルも登場。「VSプロメシューム」も確変中は危険度いっぱいだが、通常時ともなると激アツリーチに変わる。これが「キュイーン」と鳴って「999」と揃った。しかし僅かに2連チャン。となると、今日に限ってはこの後の時短に期待せずにはいられない。嘘みたいなホント話。時短に入った16回転目、赤いシャッター予告からギミック落下。「VS機械伯爵」から「777」をゲット。なんと僅か50回の時短で四度も引き戻したことになる。これが最終的に7連チャンまで伸びた。さすがにこの時短では何も起こらずに終わり、同時に帰るべき時間となった。

過去に記憶がないほど負け続けた9月も残すところあと僅か。当然のように未だマイナス収支なのはいうまでもない。ホントは恥ずかしくて言えないところだが、今後の展開次第では十分巻き返せるところまではきた。こうして書くことでこの事実を忘れないようにしようと心に刻んだのだった……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る