コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRA孔雀王CA  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 仲間たちとのもう恒例になった年末LIVEの準備がはじまった。早いものでこの冬で4回目。今年は、中心スタッフを後輩に任せたので多少は気が楽だ。でも下積みの仕事や段取りしなければならないことがたくさんあることと、新しいフィールドでの仕事が始まるために、結構忙しくなってきた。

自分のバンドの練習も先日からはじまり、本格始動開始といったところ。実はうちのバンドは、冬月をはじめみんなアマチュアだが、ドラムのSはプロドラマーで、(今は現役ではないけど)有名なミュージシャンとも長い間、セッションしていた凄腕なのだ。よってSがいるだけでクオリティは高いのだ。

そういう仲間と元気に音楽活動が出来る素晴らしさ。「何ものにも代え難い」という言葉はこういう時に使うのだろう。3.11以来ひどい状況におかれていた被災地でも、ようやくこのところ色々なLIVEが行われるようになった。桑田佳祐、ドリカム、ゆず、ミスチルといったビッグネームをはじめとした、さまざまなミュージシャンが訪れ、みんなを励まし、励まされている。

水や食べものと違って、音楽がなくても人は死なない。でも、人生に勇気と元気をチャージし、悲しみを癒してくれる音楽というものは、本当に「この世の宝物」だと信じて疑わない。

そんなこんなで、なかなかホールに詰める時間が取りにくい昨今。偵察だけはなるべく怠らないようにはしているものの、時間があったところで打てるかというと、そうではない状況が日常なのだ。正直に言うと「これ幸い」という気もしているのだが、少ない数ではあっても、このコラムを楽しみにしてくれていたり、応援してくれる読者の方の事を考えたら実戦もあだやおろそかには出来ない(もちろん自分の生活のためにも)。

というわけで、シルバーウィークの最終日に出かけてみたのだが、まあどこもかしこも酷い状況でとても打てる台はなかった。しかも結構な混雑で、立ち回ることもままならなかった。かつて勤め人時代は土日休みと平日の夜だけで、いま以上の収支(時給)をあげていた過去は、いまや泡沫の夢の如し。

さて、困ったぞ。進退きわまったか。とりあえず打てるのは、休日明けの月曜のみ。しかし生憎この日は編集部の会議となっている。うーん、でもここしか取れないならば、堂々と行こう。どうせ等価交換だし、持ち玉比率は関係ないのだから。とはいうものの、時間の制約があると身が入らない感じもある。

悪展開のまま時間切れになったら困るが、それよりも座っていられるかどうかのほうが問題か。しかし、そこにも問題がひとつ。会議に行くとなると電車だから、駅前店しかない。S店(等価)は駅前店だが、残念なことにこの日は休みときている。(間が悪いこと多し!)となると近隣の数軒に頼るのみ。まいいか、この際後学のためにも、そうしよう。そしていよいよそこでもダメならば、777@niftyの会社がある近辺にもパチ屋はたくさんある。(ファィトくん曰く、当たった後に寒気しました……アタッカーの削りで。ということだから打ちたくはないが・笑)





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る