コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRA孔雀王CA  
 

実戦データ
店舗名 関東C店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRA孔雀王CA
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 5500円
総回転数 ***
大当たり回数 ***
確変回数 ***
総出玉数 2411玉
換金額 9644円
収支 4144円

■幸いか?

さて開店時刻にS駅につくと、まずはかつてのホームのG店に向かう。いまはもはや1パチが半分以上のシマを占め、4パチは台数も少ない。釘は「これはマジか?」という寒々した光景。1分で撤退。次に足早で向かったのは時々、覗くチェーン店舗のC店(等価)。時間はまだ早いので、中はガラガラ。ブラブラと見ていくと、おや?『孔雀王・ライト』にピカリと光るランプ。

これは間違いなく潜伏確変。玉は出るかどうかは分からないが、渡りに船とはこのこと。喜んでバンダナを置いて台を確保する。この辺を回遊している拾い専門の若い衆に姿もない。取り急ぎ打ち出す。

うはは。回らない。最初の500円でヘソに入った玉はわずか3個。これでは打っていられない。でも捨てたところで、他に何をするというのか。反射的に玉貸しボタンを押し続けること5000円。77回転目に、電チューサポートゾーン「退魔ミッション」にようやく突入した。

しかし、これが確変かどうかはまだ分からない。電チューサポートがあっさり抜けてチャンチャンというケースも少なくない。しかも電チューサポートでは当たり前のように玉が減る。うーむ、仕方なく玉貸しボタンをプッシュして追加の玉を借りざるを得ない。だんだん気持ちがふてくされてきた。

でも、選んで打っているのは自分なのだから、その気持ちも腹の中に収めるしかない。そんなことを考えていると、いよいよ時短が終わりかける。継続演出にならないと万事休す。しかし、ここは踏みとどまって確変確定の演出となった。助かったと言っていいのかどうなのか。

そしてついに玉が出た。盤面に「555」が並ぶ。そこから赤と緑のエフェクト攻撃が多発して、「777」「444」「222」「777」「444」と4連続いたところで連チャンは終わった。もちろん即ヤメだ。それしか選択肢はない。玉を流すといくらかの浮きになっている。後は、店内を一周して撤収。


■会議が始まる

さらに数軒見るが、どうにもならないことが分かっただけ。時間は早いが電車に飛び乗って、会議が行われる都内へ移動する。喫茶店に入って、コマゴマとした原稿や仕事の段取りを考えているうちにすぐに夕方になった。

編集会議に向かうと、待合シートには、(いつものように)時間前にタッキーがポツンと座っていた。フリーな稼業も楽じゃない。自由できままな人生はリスクを背負わなきゃならないってことを身にしみて感じる。

しばらくするとミナヤンがニコニコして登場(いつもいつも100%そうだ)、部屋に案内してくれた。すぐにファイトくんや苗さんもやってきた。さあ編集会議の始まりだ。終わったらお楽しみの「飲み」が待っている。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る