コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR弾球黙示録カイジ2 兵藤 他  
 

実戦データ
店舗名 関東S店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CR弾球黙示録カイジ2 兵藤
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 48000円
総回転数 ***
大当たり回数 ***
確変回数 ***
総出玉数 0
換金額 0
収支 -48000円

■苦手だが

冬月も今日は久しぶりに朝から一日打てる日。冒頭のような嫌なニュースを眺めながら、原稿やメールをチェックしたりしているとすぐに出るべき時間になった。外に出ると秋風が冷たく心地よい。ひとつの季節が終わる寂しさは、新しい季節を招くためのイニシエーションみたいなものか。S店(等価)に着いたのは、開店時刻ちょうど。

数十人の行列の後塵を拝して釘を見ていく。うーん、打てるかもの風情。マックスはだめだが、ミドルにそこそこのアケ。そして甘デジのシマに行くと、『花満開・麗』のクセ良し台がまあまあのアケ。何度も打っても、たまたま当たりと展開に恵まれず、まとまった玉に恵まれてない機種だが、そんなことは打たない理由にはならないだろう。デジパチにおける打たない理由は、回らないことだけだ。

さっそく薄くなった財布から福沢さんを一人投入。帰ってきてくれるだろうか……。不安が募るけれど、リスクなくして「成功」はなし。打ち始めると、肝心の回りはウェルカムからスタート。1000円24回転くらいで推移。これだけあれば喜んで打てるが、これが正体ではないことは知っている。どこまで落ちるか……そして落とさないように踏ん張れるか。ここまでが自分で出来ること。そしてそこから先はパチンコの神さまの気分次第。これが問題と言えば問題なのだけど、それを言っても始まらない。

回りはあがったりさがったりしながら、なんとか22個ラインをいったりきたり。もう少しあるといいが、昨今はこれで上限くらいの感じがある。さあ、どうだろう……当たりはこない。100、200、300回転と朝もはよからあっさりと3倍ラインを突破する。もう、すでに嫌な予感に包まれるカースケ。4倍を食らえば、展開とすればもうその時点で厳しくなる。4倍以内には当たってくれれば良いが。368回転その時がやってきた。

ガセが多い疑似連がこの時は3回までいった。そして待望の「花満開リーチ」。チャンチャンチャン♪ やっと当たった。投資はすでに17000円と5000個だすのが大変な甘デジにおいてはかなりのハンデになる。まあ、それでもこの後の展開次第でなんとかなる可能性もある。どっちにしても、はまりは避けられないのだから。保留2回転目で連チャン。そして、1回転目で玉ナシ連チャンの「天馬モード」、そして次の1回転目も玉ナシ連チャン。あろうことか、次の1回転目も玉ナシ連チャンとは。

ヒキの無駄遣い。これまた仕方ないとはいえ、気持ちはクサクサするのが自分でも分かる。幸い時短はフルで付いてきた。これは玉あり連チャンと同じくらいの効力がある。しかしながら時短でも何も起きず。手元の玉は確率の2倍を超えたところで無くなり、追加投資を開始したところで、回りがガタ落ちとなる。打っていれば回復することもあると思うが、さし当たってこの回りに付きあう気持ちにはなれない。

気を取り直して、『カイジ・甘』に移動。この台も今日ならば打てる調整。やはり、当初からよく回ってくれる。1000円24個程度の回りがある。ただし、この台は電チューサポート中に玉が減ってしまうことと出玉関係に難があるので、これで十分ということではない。しかし、十分でなくても打てればそれでいい。24個は最終的にはないだろうし。でも最初の1万円で256回転とはびっくりの素晴らしさ。上ムラでもいいのだ。

ほら、次の1万円では202回転と激落ち。それでも進め! なんとかなる。それにしても『花満開』から合算で600回転を軽く超えている。3倍の次は6倍はまりか。そしてついにトータルで7倍ラインも超えてきた。正確には途中で、当たりだかなんだか分からないモード移行はあったが、図柄がそろっていないことには代わりがない。モード移行から「バトルボーナス」図柄が停止したのは、8倍ラインの手前で、保留赤点滅という激アツ演出からだった。


■寒い

ST8回転目でカイジボーナスの連チャン。そしてその後3連チャンと単発など数時間モミモミ状態に入って、6時を過ぎたところで、手元の玉が尽きた。しばらく買い足しして、確率の3倍ラインに入った辺りで、お約束のように(そして何かに導かれたかのように)、回りがガタ落ちになってくる。踏ん張りどころかどうか迷うが、弱気の虫が顔を出す。

総投資48000円のところでギブアップ。もはや甘デジで取り返せる投資ではない。こうなったらマックスでも打ってやろうか……。いやいや一か八かの博打打ちではないのだ、パチンカーというものは。しかも財布もスカスカだった。肩を少しすぼめて、S店を出る。

秋風が身に染みる。とぼとぼ歩く暗い道。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る