> > CR弾球黙示録カイジ2 兵藤 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR弾球黙示録カイジ2 兵藤  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 希代の天才スティーブ・ジョブズ氏が若くして世を去った。マイケル・ジャクソンといい、忌野清志郎といい、天のかみさんはどうも欲張りらしい。そんな中、アカデミックなメッセージを発し続けているアスリート・為末大選手のブログで、meme(ミーム)という言葉を知った。「文化的遺伝子」というらしい。

調べてみると、面白いことが色々分かった。DNAは、生き物の身体を形成する超重要な要素だが、memeは、DNAと違ってはっきりと存在する物理的なものではない。思想や行動、言葉や文章など、先人が残してきたありとあらゆるものが、今の私たちの考え方や行動に指針を与えてくれているものそれがmemeなのだ。

まあ、音楽も文学もすべてそうなのだろう。人は亡くなっても残した何かは、今のそして未来の人たちの「魂」からその心の中に文化的遺伝子として、永遠に生き続け、社会や文化をかたちつくるのだ。そう考えると、自分の中にもたくさんのmemeがしっかりと引き継がれている。田山幸憲プロの残した「縦の比較」や「はにかみの感情」などは、今の自分にも大きな影響を与えているもの。

ということは、このコラムも見てくださる読者の方がいる限り、チョッピリでも何かのmemeになっている可能性もあるということだから、これは光栄なことだなあ。身の引き締まるこの思いを忘れずに執筆しなきゃいけないね。

久しぶりに早々と目覚める。ふと窓の外を見ると、雲の切れ間に朝日が昇っている。窓を開けて直接眺めてみる眩しい輝き。いつかどこかで、「一日の始まりで朝日を見ると、テンションが上がっていいことが起きやすい」と聞いたことがある。目を細めながら見る久々の朝日は美しい。それから、パソコンに向かい、コマゴマとした用事を片付けているといつのまにか出動の時間となった。

目下5連敗中……。今日も負けるのだろうか。いやまて! 打てるのだろうか、と考えるのが正しい。負けると勝つは同じことだ。やたら結果を求めまいぞ。負けるよりも何よりも打てないことのほうが何倍も困ることだ。今日はしかし7時には帰宅しなければならない用事がある。まあ、等価店だしいつも夕方には上がることが多いのだから、それで問題はあるまい。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る