コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRプレミアム海物語ゴールド  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 CRプレミアム海物語ゴールド
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 17500円
総回転数 4335回
大当たり回数 25回
確変回数 5回
総出玉数 19890個
換金額 49500円
収支 +32000円

最後尾からの入場も……

さてセンチな気分もここまで。今日は新台の『CRプレミアム海物語 ゴールド』がいつもの店にも遅ればせながら入る日である。ここのところまた、くすぶり気味なので今日は何とかしたい気持ちが強い。思いが強ければ願いが叶うのか、それとも空回りしてしまうのか、どっちだろう。どうやら後者のようだった。よりによってこんな時に最後尾の入場となってしまうとは。10台にも満たない台数なのに「40番」じゃ、無理ってもの。

他の開けを探しながら、『海』の島を未練がましく覗きに行けば、余程オレのことが哀れに見えたのだろうか、たまに来る顔見知りが1000円ばかり打ち込んで、「良かったらどうぞ」と言ってくれた。もっとも回りそうにもないというのが最大の理由ではあるが。じゃあせっかくだからということで、いただくことにした。その1000円で回った回転数はたったの21回。ステージもあまり良くないとか。

後を引き継いだのはいいが、21回転の後は16回転とはいかがなものか。しかし釘を見る限り珍しく文句の付けようのない形だ。スルーやアタッカーだって決して悪くない。ステージはどうあれ、見立てでは26、7回はある筈なんだけどなあ。そのステージにしたってオレには良好に見えるのだが。釘とステージを頼りに、もう少し我慢してみることにした。4000円目を入れた辺りから徐々に、いや、ぐっと回りが上がってきた。確かに3000円目まではぶん投げたくなるような回りではあった。結果、10000円の投資で252回となった。それでもステージの状態を見る限りまだまだ物足りない。あとはストロークの問題か。

そして17500円を投資したところで、「大泡」予告発生。これがノーマルリーチのままピタリと止まって「444」。回るであろうとはいえ、17500円の投資は序盤からきつい。せめて2連チャンぐらいしてくれれば。願いもむなしく、昇格せずに単発で終わる。時短に入ると、僅か15回転目、ノーマルリーチがあれよあれよという間に「8」絵柄が止まらずに突確をゲット。あまり多くは望んでないが多少の連チャンは欲しい。

90回転目、せっかくのチャンスも泡が出ておしまい。「6」のノーマルリーチがピクリとも動かなかった。ところが今度も時短でものになる。ノーマルリーチが二段階となって「444」。一度も確変絵柄が出ないまま3連チャンしてしまった。そして持ち玉になった途端、これまで以上に回りが上がってきた。今では30回に届かんばかりの勢いだ。しかしそれとは裏腹に当たりは遠のくばかり。あっという間に500も超え600も超えた。危ないところだった、690回転目、「キュイーン」の音と共に泡の「マリンちゃん」リーチから「222」。今度は正真正銘の単発。

次は362回転目、さっきといい回りが無ければあっさり飲まれている場面だ。回りがあるということはこんなにも心強かったっけ。例え飲まれても今日は全ツッパするつもりだ。魚群からこれまた単発絵柄の「222」。得意の時短(笑)、28回転目、最初と同じような展開。ノーマルリーチから突確を引いてきたぞ。更にもう一回、突確が来た後に「222」の単発。嘘のようだがこの時短でも突確をゲット。もう一つおまけに突確。そしてこれで四度連続の「222」の絵柄。

一体何連チャンしたのかさえ分からなくなってきたが、未だ確変絵柄は一度も出ていないという事実。おまけもここまでくると度が過ぎる。時短突入僅か1回転目、魚群が出て「444」。結局のところ8連チャンの内、玉有りが4回ということになる。しかしこれで揺るぎない玉を持ったということになった。後半が楽しみになってきたぞ。


珍記録達成か……

しかしこの後も早い当たりは続くものの確変には恵まれず、単発絵柄ばかり三回続いた。103回転目、とうとうその時がやってきた。「1」絵柄がテンパイし、大泡予告発生。何とも中途半端なところで止まって、二段階確定の瞬間。実に12回目にして初の確変絵柄である。ここから一気に確変で当たりまくるかと思いきや、今のは気まぐれだったのか、あっさりワンセットで終わってしまった。それでも出玉は17500個余りまで膨らんだ。

気になる回りも高回転をキープしたままなので安心この上ない。いやあ、回るってホントにいいなあ。583回転目の単発だってへっちゃらさ。更に388回転目もまた単発。307回転目、久しぶりにゲットした突確も直ぐに「サメ」に阻まれ終了。このまま終わってしまうのか?

どうせならば、一度も確変絵柄が揃わない珍記録でも作りたかったなあ。楽しい時間はあっという間に過ぎてしまった。出来ることならば朝まで打っていたいと思った。こんな感情は久しぶりのこと。そして最後の当たりがやってきた。294回転目、ダブルリーチから大泡予告発生。そして今日初めてのスーパーに発展。もちろんこの時点で大当たり確定だ。しかも本日二度目の「111」。もちろんお約束のように、この後直ぐ「444」。時短を終えれば一発も打たずに帰る時間だ。なんとまあ、ここでも単発を追加してしまった。都合3連チャンで終了。

序盤の展開は少々きつかったものの揺るぎない回りのお蔭で、パチンコが簡単に儲かって今よりずっと楽しかった時代の頃を思い出させてくれた一日だった……。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る