コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR花の慶次〜焔  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動、出玉の共有不可
機種名 CR花の慶次〜焔
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
1000円20穀蔵院役物漢花
173ランクアップ捨丸上杉軍
17突確岩兵衛
20岩兵衛五十体撃破
39突確岩兵衛
32通常岩兵衛
40+28大ふへん者キャラストーリー連続3回・金襖直江兼続
32真田雪村撃破
8突確捨丸
47大ふへん者
13真田雪村撃破
77修羅に入る・佐助撃破
44ランクアップ捨丸前田軍
47慶次撃破
64捨丸・岩兵衛撃破
25ランクアップ捨丸・岩兵衛前田軍
28通常岩兵衛
40+484通常
598大ふへん者焔ゾーン穀蔵院一刀流
21通常岩兵衛
40+218大ふへん者赤保留・焔ゾーン・プッシュマン・キセル伊達正宗
4大ふへん者岩兵衛上杉軍
56赤保留・慶次撃破
16ランクアップ岩兵衛・穀蔵院役物上杉軍
11捨丸・岩兵衛・直江撃破
69通常捨丸
40+914天下無双突当り
89真田雪村撃破
38天下無双突当り
44突確岩兵衛
5大ふへん者真田雪村・五十体
75通常捨丸
49終了
総投資額 1000円
総回転数 3585回
大当たり回数 32回
確変回数 5回
総出玉数 10145個
換金額 25000円
収支 24000円

今日も当たりは早かった

そんな訳で、暫くは打てそうにもない。次に見たのが『びっくりぱちんこ銀河鉄道999』の一台。昨日、朝一発で仕留めたものの最大15500個の玉が夜には2200個になってしまった。両替もせず帰ったのだった。今日も打てるかなと、釘を見れば昨日よりも二回りも小さくなっていたのには驚いたと同時に、ホッともした。出来れば今日は違う台を打ってみたい。

次に見たのが『CR花の慶次〜焔』。昨日は癖の悪い台が開いていたのは知っていたがもちろん打たなかった。それでもそこそこの出玉があったような。今日はその隣が開けとなっていた。ステージさえ良ければなんとかなりそうなヘソだが、一度も打ったことのない台だ。あちこちに開けはあったが、結局今日はこの台で打つことに決めた。今回の『慶次』はとことん相性が悪い。確か現金で2000回以上回して、大当たりは二回だけ。

そうこうしている内に釘のほうが開かなくなってしまったのだ。なので久しぶりに触るのだが、回りがあればせいぜい頑張りたいと思う。ステージの具合を確認しながら丁寧に回していくと、500円分の玉でバタバタとヘソに入った。20個近く入ったであろう。更に500円の玉貸しボタンを押した時、初めてのリーチが掛かった。真田雪村のリーチから「穀蔵院役物」が突然画面に出てきた。「漢花」リーチに発展してしまった。予告はなんだか、がちゃがちゃしていてよく分からなかった。

まさかこれが簡単に当たってしまうとは。「五」が三つ静かに揃った。あまり感動がないのは何故だろうか。昨日といい、今日といい、二日続けてのお座り一発である。こんなことになるから、何処かの誰かさんにサクラだって言われちゃうんだってば。まったく、サクラが13000個も飲まれるかっていうの。サクラになれるものならなりたいぐらいだぜ。

確変中もがちゃがちゃし過ぎてよく分からない。多分オレには不向きな台であることは間違いない。あ〜、初代『雲のかなたに』が懐かしい。ああいう台をまた打ってみたいものだ。勝ったり負けたりしながら3連チャンしたのだろうか。最後は岩兵衛が出てきてあっさり終わってしまった。

僅か40回の時短を抜けた68回転目、「キャラストーリー連続演出」が一回、二回、更に三回まで続いた。初代ならばかなり熱い演出であるが、果たしてどうなのか。金の襖まで出たぞ。これも一見豪華に見えるが、ビジュアル的には『雲のかなたに』と、『斬』の金襖の方が間違いなくいい。金の襖は「カーン」という音がし、金の扇子は「キーン」と音がした。通常時は気だるいデジタルも、あれが出ると思わず姿勢を正していたのを思いだすなあ。そう遠くないあの頃が良かった。

あ〜、そうだった、金の襖も出てタイトルの色も赤だったような。「七」図柄も絡んでいるので貰ったか? なんとこれが外れ、と思いきや「大ふへん者」で大当たり。ここから32回転目に、今度は16Rの大当たり。よしよしと、喜びも束の間、僅か8回転目、捨丸登場で当然のように敗北、そして「殿モード」へ。てっきり終わったと思ったいたら、時短40回を過ぎて更に時短が延長された。その47回転目、「大ふへん者」で復活。結局この後、16Rが4回とランクアップが一回の都合8連チャン。出玉も15500個超えで、なんだか昨日と同じような展開になりそうで、嫌な予感。


まさか昨日と同じ展開?

とはいえ、ボーダーラインは違えど、回りは遥かに今日の台のほうが上。そんなには大変なことにはならないんじゃないのかな。しかし、さすがはマックスタイプ。スコーンと500回オーバーで4R通常を引いてきてしまうとは。更にこの後もいけなかった。598回転目、「焔ゾーン」からようやく引いた当たりも、直ぐその後の岩兵衛で4R通常という展開。しかし時短抜けの97回転目、赤い襖から本日初のキセル予告発生。しかも炎付きの強いパターン。直江兼続だったが、見事に外れてしまった。ん〜、何かこう、わあっと熱くこみ上げてくるものがない。

258回転目、役立たずの緑の保留が赤に変化した。「焔ゾーン」にも突入。おっとここで「直江プッシュマン」参上。キセルも弱いやつだが絡んだ。掛かったリーチは「伊達正宗」だったが、いつの間にかテンパイした図柄が「七」にすり替わっていた。こりゃ、貰っただろう。「大ふへん者」で当たった。終わって直ぐの保留で2連チャン。更に56回転目、確変中の赤保留は当たり確定なのか? 慶次が出てきて当たった。結局、出玉の少ないランクアップが3回と、16Rが2回の5連チャンで終了。

ここでちょっと一服。小腹が空いたのでお菓子を買いに景品カウンターへ。一人じゃ食べきれないので皆にも配って歩くと、申し合わせたように「ノーサンキュー」ってか。仕方なく一人でボリボリ頬張りながら誰もいなくなってしまった島で戦闘再開。座って直ぐのことである。あまり意味のない青い保留が点灯。更に役立たずの緑に変化。更には赤、と思ったら、よく見れば「焔」のマーク。同時に「焔ゾーン」にも突入した。久しぶりに興奮してしまったのだ(この時は当たり確定と思っていたから)。

しかしその割にはキセルもなきゃ、他の予告がなんにもない。掛かったリーチも伊達正宗。これが見事に外れてしまった。思わず、小冊子で確認してみれば鉄板ではなくただの激アツとは、恐れ入った。結局ここから永遠と回す作業に入ってしまった。やっぱり昨日と同じような展開か。二日でドル箱二つじゃしゃれにもならんぞ。

昨日は1000回転ちょっと超えたところで時間となってしまったが、今日もそうなのか。700、800、900と嵌る。いよいよか。ここで「傾奇者」図柄が停止。毎度のことである。銀色だし、アタッカーをパカパカとやって終わりである。上のアタッカーから下へ変更されてからは玉も取れぬ。ランプを確認するまでもない。

ところが、これが今日一番の衝撃。突然、「穀蔵院役物可動体」がガーンと出るなり画面には「天下無双」の文字。何が起こったのか理解するまで暫く時間が掛かった。突当りというやつなのか? とにかく大当たりとなったのだ。954回転目の出来事だった。なかなかやるじゃないか。さすがに痺れたぞ。よ〜し、これで今日は昨日の分と合わせて両替できるぞ。どうしよう、閉店まで続いてしまったら。その可能性も十分ある。

89回転目、景勝の赤いセリフから、真田→直江と続いて大当たり。更に38回転目、これも突当りというやつなのか。3連チャン。そして早くもここで岩兵衛登場から「殿モード」へ転落してしまった。うろ覚えのランプを見れば、突確っぽい。ふぅ、助かった。僅か5回転目、真田さんの演出から「大ふへん者」で当たった。しかしせっかくの確変もここまで。捨丸じゃ、無理ってもの。閉店までは叶わなかったが、電サポ抜けと同時に終了だ。

食べきれなかったお菓子をボリボリとやりながら帰った。家へ着くと近頃この辺りでよく見かける野良猫を発見。はっきりいって、猫は苦手だ。ひょっとするとさっきまでネズミをくわえていたのかなと想像するだけで、鳥肌が立ってしまう(笑)。しかしこれからの時期、野良猫は寒さと餓えの戦いでもある。おまえも一人ぼっちで寂しいなあ、と話しかけたわけではないが、余ったお菓子をポイと放り投げてやると、クンクン匂いを嗅いだ後にプイだって。おまえまで「ノーサンキュー」かい……(笑)。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る