コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

デジハネCR北斗の拳 慈母(ユリア)  
 

実戦データ
店舗名 関東S店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 デジハネCR北斗の拳 慈母(ユリア)
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 41500円
総回転数 ***
大当たり回数 ***
確変回数 ***
総出玉数 0
換金額 0
収支 −41500円

■回りはまずまず打てる

他に見ていくと『銭形』が打てるかもの様相だが、このシマはコネコネ打つ若者の専用となっており、しかも今日は見知らぬ若い衆もちらほら。何もこういう中に無理に入ってしのぎを削ることもあるまい。よってパスして、やはりユリアのお姉様から相手をしてもらうことにした。

打ち出していくと、思ったよりもヘソに入らない。500円で7回転のみ。しかし、ステージからの入賞が2個あったので、ストロークをいじりつつ再投資してみる。次が11回転。ふーむ。もう少し調整しつつ打っていく。次の1000円で26回転、そして28回転と急上昇。それから数千円投資していくと、1000円22-23個の辺りで落ち着いてきた。となれば、文句なく打てるということになる。

アタッカーの削りもひどいわけではなく、電チュー周り甘めなサミーなので玉減りもしないはず。そもそも等価で23個なんてのは中々ないわけで、アケの事実がホンモノならばありがたい限り。それで今日も朝から当たりが重い。確率分母をあっさりと超えて2倍ラインに肉薄。いつもの慣れきってしまった光景。

7500円を投資した直後、チャンス目から暗転演出が発生。2R当たりかと思いきや、そのまま大当たりとなった。これはかなりレアのサプライズ。しかもラウンドランプを見ると12と表示された。これまた薄くて珍しいところを引いてきた。朝から確率の倍からスタートだが、何とかなるのだろうか。

STでは何も起きなかったが、時短は長いほうが付いてきた。これもまた一日1回あるかないかの恩恵なり。そしてその終盤で、カットイン予告が入り、対ラオウのリーチへ発展した。ボタンをそっと押してみると、キリン柄だ。このまま「555」となって時短連チャンとなった。そしてここで大当たりラウンド中に、またレアなことが起きた。

北斗七星役モノがキュインとせり上がってきて、保留内でのST当たりが確定した。うーん、薄いとこ薄いとこ引いてくるなあ。ラッキーと言っていいのだろう。ところがラッキーもここまで、出た玉はそっくり無くなって、追加投資に入る。回りはまずまずいいところをキープしたままなので、ためらいなく玉貸しボタンを押すのみ。

2倍ライン、そして3倍ラインもあっさりと通過。そして4倍ラインもスルーした。ここ最近、何回も何回も経験しているラインだ。遭遇回数がやたら高いと感じるのは、気のせいか、はたまた……。結局1万円ほど追加した350回転前後でようやく大当たりとなった。赤炎からのユリアリーチ。これもまた珍しいものが当たったかたち。

これがしれっと単発。またもや追加投資で、確率ラインを超えたところでまた単発。そしてこの玉もすぐに無くなりまたまた追加投資の開始。そしてトータルで32500円の投資と、かなり絶望的な額になったところで、赤エフェクトからサウザーのリーチで大当たり。会単数はなんとまた330回転と4倍ラインだった。


■かっこわるいこと

ここからは、多少の連チャンもあり出玉は3000個くらいまで行ったが、夜に入るとまた当たらない連チャンしないモードに入り、結局夜9時過ぎにすべての玉が消滅して、追加投資もしてみたが、精も根も尽き果てた。打ち散らかしたわけでもないのに、甘デジとしては大敗となった。

我が世の春はまだ遠い。そういえば、春どころかもうすぐ立冬なのだからさもありなん。(自分にとっては)楽しみなウインターシーズンがもうすぐやってくる。しかし、この時期はスキー板やウェアなど色々と費用がかかるのだ。一体このままで冬を迎えられるかどうかはなはだ不安。どうしてもリスクが大きい浮き草稼業なり。

薄くなった財布を抱え、外に出ると風が冷たい。一昨日から少し風邪気味なので余計に寒さが身に染みる。「クシュン」と小さくくしゃみをしたら、鼻水がたらっと……あまりにもかっこわるい中年男の姿がそこにあった。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る