> > デジハネCR北斗の拳 慈母(ユリア) 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

デジハネCR北斗の拳 慈母(ユリア)  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 うーむ、「ホンマでっか」第2弾。前回のコラムを読んでくれた方は分かると思うが、やはりこの際、簡単でも第2弾を書いておくべきだと思うに至った。「原発が止まると本当に電力不足になるのか」が第1弾で、今回は「火力発電はCO2を出すから、地球温暖化が心配だ!これホンマでっか?」。

このエピソードの発端は、ノーベル平和賞を受賞したIPCC(気候変動に関する地球間パネル)の報告によるもの。ところが、この根拠となったデータがねつ造されていたことが2009年に発覚したのだ。「クラスメイト事件」と呼ばれ、すでに全世界に広く報道されているが、なぜか日本ではほとんど報道されていない……という奇怪な事実。

かくいう冬月も「地球温暖化」を心の底から心配していたのだから、人のことをとやかくは言えない。ところが、最近では縄文時代がそうであったように、(地球の何億年という歴史から見れば、最近である)、今より地球は遙かに温暖だった。だって今は内陸のあちこちに「貝塚」があるものね(ニフティの社屋がある大森しかり)。正確な統計を取るとむしろ全体の平均気温で言うと、地球自体は寒冷化の方向に進んでいるのだという。

そして、仮にIPCCの作為的なデータ通りに温暖化が進行しているとしても「CO2の影響はほとんどない!」という科学的データがすでに立証されている。ただしヒートアイランド現象によって都市部付近の平均気温が上昇しているのは確かであり、大気汚染や海洋汚染、森林伐採による砂漠化など深刻な環境破壊が進行しているのも事実である。これらの主要原因を「CO2の排出→地球温暖化」としていることがそもそも怪しいということ。

人間活動による森林破壊などの機械的なもの、工場、発電所、自動車などの出す汚染物や、都市や原発が放出する巨大な熱エネルギーが環境破壊の主要因である。えっー、これぞ「ホンマでっか」の情報だと思いませぬか。流布される情報を鵜呑みにしてしまう傾向は、人間的とも言えるが、気をつけたいものだなあ。(勿論、この文章も鵜呑みにすることなく、興味のある人はご自身で調べてみることをオススメする)

さて、本題に。生きている限りなにがしか他の「いのち」を奪い、エネルギーを消費してしまうのが人間というこの罪深きもの。日々の糧なしには生きていけない。何度も書いているけど、霞を食うことは出来ないのだ。というわけで、重い腰を上げて三日ぶりにパチ屋に向かった。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る